横浜銀行カードローンの詳細

銀行系

横浜銀行カードローン

最短翌日でお借入

ご利用可能なコンビニ

  • おすすめな人低金利で高額の借入をしたい方
  • 借入限度額は1,000万円!銀行の低金利で借りられます!
  • 横浜銀行の口座がなくてもお申込み可能!
  • 横浜銀行の口座があれば郵送物・FAXなし!WEBで完結!
  • 即日融資
  • 担保・保証人不要
  • 収入証明書不要
  • 来店不要
  • 無利息期間あり
  • おまとめ
  • 女性向け
  • 土日祝日OK
  • 即日融資

    不可

  • 審査時間

  • 実質年率

    1.9%~14.6%

  • 融資上限金額

    1,000万円

  • 来店

    不要

  • 収入証明書

    お借入希望金額50万円未満の場合は不要

ご利用可能な
コンビニ

おすすめポイント

借入限度額は1,000万円!銀行の低金利で借りられます!
横浜銀行の口座がなくても来店不要!
横浜銀行の口座があれば郵送物・FAXなし!WEBで完結!

横浜銀行カードローン

東京都や神奈川県にお住まいの方なら、一度は耳にしたことあるのではないでしょうか。

地域密着型の横浜銀行は、一つの金融機関を長く利用していきたいと考えている方にぴったりの低金利が魅力です。

銀行という信用度が高い金融機関なので、初めてのキャッシングを考えているという人でも抵抗が少なく済むのではないでしょうか。

横浜銀行の特徴やメリットやデメリット、借入の流れから体験談について解説していきます。

横浜銀行の特徴と注目ポイントについて

横浜銀行の特徴は「低金利で高額な」借入が出来るということです。

更に、ATM利用手数料は無料なので(※1)、お得にキャッシングしたいと思う方を手厚くサポートしてくれています。

横浜銀行のキャッシングのポイントを更に確認していきましょう。

※1 横浜銀行のATM、コンビニ等のATMのみ(セブン銀行・ローソン・イーネット・イオン銀行以外のATMをご利用の場合、所定のATM手数料、時間外手数料がかかります。)

担保や保証人が不要

銀行でお金を借りる、と言うと担保や保証人が必要だとイメージされる方も多いかもしれませんが、横浜銀行のカードローンであれば不要なんです。
ただし、借入の契約時にしっかりと本人確認はされますのでご注意くださいね。

低金利でキャッシング可能

横浜銀行は金利年1.9〜14.6%という低金利で借入が可能です。一般的な消費者金融などであれば最低でも金利18%であることを考えると、横浜銀行が圧倒的に低金利であることが分かるはずです。
低金利であれば利息の負担も減るので、お得にキャッシングすることが出来ますね。

高額な借入が可能

横浜銀行なら借入限度額は1000万円。この限度額はかなり高額です。

高額な借入を考えている方の強い味方なんです。

ATM利用手数料

キャッシングする際にいちいち手数料がかかると負担は大きくなってしまいます。ですが、横浜銀行なら、横浜銀行のATM、セブン銀行、ローソン、イーネット、イオン銀行でATM手数料が終日無料です。
少しでもお得にお金を借りたい方にとっては、とても助かりますね。

横浜銀行のその他の特徴について

  • 申し込みは来店不要
  • 横浜銀行の口座を持っていなくても、申し込み可能(借入時までに口座開設)
  • おまとめローンでも利用できる。
  • 対象の地域(東京都、神奈川県、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市に在住またはお勤め)の方のみ利用可
  • 専業主婦の方でも申し込み可能
  • 10万円から借入可能(お借入は10万円単位)
  • 最短翌日で借入可能
  • 契約は、郵送かFAX、横浜銀行の口座を持っている場合にはWEB完結で対応

横浜銀行がおすすめな人とは

横浜銀行でのキャッシングをおすすめする人は『低金利で高額を借入したい』という方です。

低金利で高額を借入することが出来れば、利息の負担をかなり減らすことが出来ます。

借金は借りる額が大きいほどに利息の負担が大きくなるもの。

その利息の負担を大幅にカット可能なのは、大きな利点ですね。

横浜銀行をおすすめできない人は

横浜銀行をおすすめできない人は、『今すぐにお金を借りなくてはならない』という方です。

横浜銀行でキャッシングをする場合には、最短でも翌日以降になります。

即日での借入を希望している方は利用をおすすめ出来ません。

横浜銀行と他社とのメリット・デメリットを徹底比較!

さて、ここからは横浜銀行と他社とのメリットとデメリットを更に比較していきましょう。

消費者金融との違いを比べてみます。

サービス名 金利 貸付限度額 融資速度 無利息期間 手数料
横浜銀行 年1.9〜14.6% 1000万円以内 最短翌日 なし
アイフル 4.5〜18.0% 500万円以内 最短即日 初回利用時のみ30日間 1万円以下:108円
1万円以上:216円

横浜銀行は、他の金融機関と比較しても圧倒的高額な限度額を設定しているということがわかりますね。

しかし、利用する前にまだまだ知っておきたいメリットとデメリットがあるんです。

横浜銀行の強み・メリットは「高額な借入が可能なこと」

横浜銀行を利用する上で一番のメリットは高額な借入が出来ることです。

前述した通り、他の金融機関と比べても借入限度額が高いことは、横浜銀行の大きな強みになります。

おまとめローンも組みやすい

横浜銀行で高額な借入が出来れば、すでに複数の金融機関からお金を借りていて多額の借金があるという方であっても、おまとめローンを組むことが可能。

返済日が1日になる上に低金利での借入が可能なので、心の負担も利息の負担も軽くすることが出来るんです。

横浜銀行の弱み・デメリットは「即日での借入には対応していないこと」

横浜銀行の弱みは、即日でお金を借りたい人にとっては使いづらいことです。

最近は即日キャッシングという言葉もポピュラーになりつつある中で、それが出来ないのは弱みと言えるでしょう。

借入するまでは最短2日以上かかることも

営業日というのは平日なので、土日を挟んでしまうと更に借入まで時間がかかってしまうことも。

更に最短が1営業日ですから、審査の進み具合によってはそれ以上の日数が必要になることも考えられます。

口座がない場合、郵送かFAXで契約手続きする必要がある

また、横浜銀行の口座がない場合には口座を開設する必要があるので、借入の手続きが郵送かFAXに限定されます。

この手続きにも時間がかかるので、急いでいる方にはおすすめ出来ない理由となっています。

横浜銀行利用手続き!申し込みから返済までを完全ガイド!

横浜銀行のメリットとデメリットを紹介したところで、次は利用方法について解説していきましょう。

WEBで申し込みをして郵送での契約を完了させる流れを例に見ていきます。

横浜銀行での申込みから借入までの流れ

1
横浜銀行のHPから申し込み

2
審査(本人確認、職場への在籍確認の電話連絡あり)

3
審査結果の連絡

4
契約手続き(自宅宛に郵送されたご契約書類に必要事項を記入し、返送)

5
カードが郵送され、最短4営業日で借入可能

申し込みについては、365日24時間可能になっています。

カードは簡易書留での郵送になるので、家族などに借入がばれたくないという方は気をつけるようにしましょう。

また、郵送にかかる時間については正確に読めないので、余裕を持った申し込みをしてください。

横浜銀行での申し込みに必要な書類

  • 本人確認書類
  • 場合により収入証明書類
本人確認書類として使用できるもの
  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票または公共料金等の領収書の写し
  • パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 在留カード(永住権の記載があるもの)、または特別永住者証明書
収入証明書類として使用できるもの

希望の借入金額が50万円を超える場合には、現在の収入を確認することが出来る書類が必要になります。

  • 源泉徴収票(勤務先の会社名の記載があるもの)
  • 納税証明書(税務署の発行印があるもの)
  • 確定申告書(税務署の発行印があるもの)
  • 住民税決定通知書(市区町村長の発行印があるもの)

横浜銀行の申し込み方法まとめ

以下の申し込み方法の中から、自分に合ったものを選びましょう。

  • WEBで申し込み後、郵送またはFAXで契約手続き
  • 電話で申し込み後、郵送またはFAXで契約手続き
  • WEBで申し込みから契約まで手続き

横浜銀行でのお借入

横浜銀行での借入方法は、以下の2つから選ぶことが出来ます。

  • WEB

    WEBで自分で指定した銀行口座にお金を入金してもらう方法になります。
    即日での融資には対応していないので注意しましょう。

  • ATM

    横浜銀行のATMやイオン銀行、コンビニ等の提携ATMでお金を引き出す方法になります。
    平日、土日祝日関わらず、0時から24時まで借入が可能です。(ただし、一部祝日、または0時前後はメンテナンスで利用出来ない可能性あり)

横浜銀行での返済方法について

横浜銀行での返済方法は以下の2つになります。

  • 口座振替

    返済日に借入残高に応じて自動的に設定された返済額が返済指定口座から引き落とされます。手数料はかかりません。
    設定されている返済額は、2,000円から85,000円までと幅広いので契約時に確認しておきましょう。

  • ATM(横浜銀行ATM、または提携ATM)

    基本的には口座振替のみの対応ですが、繰り上げでの返済はATMで行うことが出来ます。
    また、イオン銀行のATMでは返済が出来ないので注意しましょう。

横浜銀行の口コミ・体験談

会社員 男性(29歳)

評価

4.0

利用した感想

高額な借入がしたいと考えていたので、横浜銀行で契約出来て良かったです。まだ限度額は低いですが、これから利用していって限度額を上げていきたいです。

フリーター 女性(24歳)

評価

5.0

利用した感想

アルバイトなので審査には通らないと思ったのですが、通過してびっくり。低金利でキャッシング出来て本当に助かりました。

会社員 男性(35歳)

評価

3.0

利用した感想

複数の金融機関から借入していたので、おまとめ目的で申し込みしました。審査に通って、低金利で返済していくことが出来るようになったので良かったです。

横浜銀行の各種データ

横浜銀行のスペック

貸付金利 年1.9〜14.6%
契約限度額 10万〜1000万円
借入方法 WEB
ATM
返済方法 口座振替
ATM
返済方式 元利均等返済
遅延利率 18.0%

横浜銀行の融資条件

貸付対象年齢 満20〜69歳以下の方
貸付対象者 安定した収入のある方、及びその配偶者(学生は不可。年収に年金を含む)
担保 不要
保証人 不要
申し込み時に必要な書類について 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
場合によって収入証明書(源泉徴収票など)

横浜銀行の会社概要

会社名 株式会社横浜銀行
代表者名 大矢恭好
本社所在地 〒220-8611
神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目1番1号
設立 1920年12月16日
資本金 2,156億28百万円
事業内容
登録番号
営業店舗 国内624店舗
海外5店舗
カードローン特集
目的・特徴からカードローンを探す
キャッシングお役立ちメニュー