三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のキャッシング!申込から借入までの流れを徹底解説!

銀行系

バンクイック

オススメ度

4.0

ご利用可能なコンビニ

  • おすすめな人長期の借入予定がある方や提携ATMを手数料無料で利用したい方
  • 国内メガバンクの提供する安心なカードローン!
  • 自社/コンビニATMが無料で利用可能!
  • 土日祝や15時以降でもテレビ窓口でカードを受取可能!
  • 即日融資

    可能

  • 実質年率

    1.8~14.6%

  • 融資上限金額

    1万円〜
    500万円

  • 来店

    不要

  • 収入証明書

    不要

本日中のお借入の申し込み期限まで

残り00時間0000

消費者
金融系

バンクイック

4.0

最短本日中のお借入希望なら

00時間0000

以内にお申し込みを!

  • 即日融資
  • 担保・保証人不要
  • 収入証明書不要
  • 来店不要
  • 無利息期間あり
  • おまとめ
  • 女性向け
  • 土日祝日OK
  • 即日融資

    可能

  • 審査時間

    最短30分

  • 実質年率

    1.8~14.6%

  • 融資上限金額

    1万円〜
    500万円

  • 来店

    不要

  • 収入証明書

    不要

ご利用可能な
コンビニ

おすすめポイント

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストキストテキスト

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は阿部寛さんのテレビCMですっかりお馴染みですよね。
国内のメガバンクの一つである三菱東京UFJ銀行が提供しているキャッシングサービスです!

「バンクイック」と他のキャッシングサービスと比較すると、消費者金融系の会社が提供するサービスよりもかなり金利が低いことがわかります。
ただし、同じような大手銀行系と比較した場合では、それほど大きな差が出るわけではなく、表面上の金利面だけを見ればみずほ銀行などの方が低金利での融資を行っています。

それでは、「バンクイック」はあまり良いサービスではないのかというと、そんなことはありません。
キャッシングサービスは競争が激しい業界ですから、金利などのスペックだけでは大きな差がつくことは稀です。
差が出てくるのは、それぞれが力を入れている独自サービスの部分。

比較で重要なことは、各社が力を入れている独自サービスが自分の利用スタイルに合っているかどうかということ。
短期的な借入か長期的な借入か、返済方法は振込かコンビニか自動引き落としか、など、利用スタイルによって選ぶべきサービスは変わってきます。
ここでは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴やメリット・デメリットについて解説していきます!

目次

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴と注目ポイント

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴は「サービスのトータルバランスが良い」ことが挙げられます。
申し込みから融資までの流れや、借入や返済といった日々の利用まで、どのシーンを取ってもスムーズな利用が可能です。
ただし、どこをとっても隙がない分、いずれかの部分に特化しているサービスには特化ポイントでは遅れをとっているとも言えます。
具体的なポイントで見ていきましょう!

webで24時間申し込み可能!テレビ窓口ならその場でカード発行も!

バンクイックの強みのひとつは申し込みから融資までがスピーディでスムーズな点!
webからなら24時間いつでも申し込みが可能ですし、店舗に行くことができる方なら、土日や平日15時以降でもテレビ窓口でオペレーターと会話しながら手続きを行うことで、その場で審査からカード発行まで行うことが可能!

金利を低く設定している分、どうしても審査が厳しくなりがちな銀行系カードローンですが、バンクイックは非常に融資決定までが早いので、すぐに現金が必要だけど少しでも金利は抑えたいという方にもオススメです!

自社ATM及び提携するコンビニATMなら利用手数料が無料!

長期的な借入や細かく何度も利用する機会がある人にとって嬉しいのが、このATM利用手数料無料のサービス!
自社ATMだけでなく、提携コンビニATMの利用も無料になるのがポイント!

手数料は一回一回の金額が小さい分、コストがかかっていることが見えづらくなってしまっています。
ですが、こまめに借入や返済をしていった場合、利息の支払いを上回る可能性すらあります。
そんな利用手数料がいつでも何回でも無料というのは、特にお仕事などで手数料が有料になる土日や平日の15時以降といった時間帯でしか利用ができないという人にとって、とても安心できるポイントです。

三菱東京UFJ銀行「バンクイック」のその他の特徴について

  • 国内メガバンクが運営する安心感!
  • 借入希望額50万円以内の少額利用なら収入証明書不要!
  • 口座開設・来店不要!入会金・年会費無料!
  • パートやアルバイトでも定期収入があれば借入可能!
  • 借入が可能か簡易のお試し診断あり!
  • 振込融資、口座振替・インターネットバンキングによる返済は不可

三菱東京UFJ銀行「バンクイック」がおすすめな人とは

バンクイックをおすすめな方は次のような方です!


『キャッシング初心者で色々比較するのが面倒な方、提携ATMを利用して長期的な借入をお考えの方』


バンクイックはすべての面で非常にレベルの高いサービスとなっています。
消費者金融系と比べて審査が遅いことがデメリットとして挙げられがちな銀行系カードローンですが、バンクイックは24時間のweb申し込みやテレビ窓口での銀行受付時間外でのカード発行など、融資を受けるまで非常にスピーディに進むことができます。

また、どこを見ても高レベルなサービスにまとまっており、国内のメガバンクが運営していることもあって安心感も抜群!
キャッシング初心者にとってもおすすめのカードローンであると言えます!
『緊急にお金が必要だけど、細かくサービスを調べている時間もないし、消費者金融系はなんとなく怖いイメージがあるから使いたくない』
そんな方に「とりあえずここなら間違いない!」と言えるのがバンクイックです!

三菱東京UFJ銀行「バンクイック」がおすすめできない人とは

バンクイックは全ての面で非常に手堅くまとまったサービスではありますが、総合的に負けるようなサービスはなくとも、ポイントポイントの比較ならバンクイックを上回るサービスはあります。
次のような点に当てはまる方は、別のサービスを検討してみると良いでしょう。

『徹底的に低金利にこだわって利用したい方、無利息期間を利用したキャッシングをお考えの方』

バンクイックの金利は「1.8%〜14.6%」となっています。
特に最低金利は銀行系でも群を抜いて低いですが、こちらは利用限度額が最大近い場合に適用される金利です。
多くの方が利用される貸付希望額が50万円以下の場合では、最高金利の「14.6%」が適用されることが多いのですが、こちらは銀行系ではもう少し低い最高金利を掲げているところがあります。
長期間の借入が予想される場合などで、どうしても金利を抑えたいという場合には別のサービスを検討する余地があります。

また、バンクイックには消費者金融系カードローンで見られる無利息期間の設定がありませんので、融資を受けた翌日から契約通りの金利が発生することになります。
しかし、最大30日間の無利息期間を設けている会社も複数ありますから、無利息期間内に返済が見込めそうな場合にはバンクイックよりもお得に利用することが可能になります。

三菱東京UFJ銀行カードローンと他社とのメリット・デメリットを徹底比較!

三菱東京UFJ銀行カードローンの大まかな強み弱みについて見てきましたが、ここではもっと細かく他社との違いを見ていくことにしましょう!
MUFGとおなじような規模の三井住友銀行やみずほ銀行といった大手銀行各社のカードローンのスペックを比較したものが下記の表になります。

サービス名 金利 利用限度額 融資速度 無利息期間 手数料
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%〜14.6% 500万円 最短即日 なし 自社ATM・コンビニATMなら
手数料なし
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5% 800万円 最短即日 なし 自社ATM・コンビニATMなら
手数料なし
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0% 800万円 最短即日 なし 時間帯等によって変動
モビット 3.0%〜18.0% 500万円 最短即日 なし 三井住友銀行ATMなら
手数料なし

こちらの表は、国内メガバンク3社のカードローン商品を比較したものになります。
誰もが気になる最大金利でみるとみずほ銀行が他の2社に比べて低く、利用限度額はバンクイックが低めであることがわかります。
この表だけを見ると、最大金利が14.0%で一番低いみずほ銀行カードローンが良いように思っちゃいますよね。

ただし、こうした数字はあくまでも表面的なもの。
それぞれが展開する独自サービスゆえの強みと弱みがありますから、それらも加味した上でバンクイックを選ぶメリット・デメリットについて見て行きましょう!

バンクイックの強み・メリットは「全体的に安定感のあるサービス!ATM利用が無料!」

バンクイックは安心感・安定感が高い!

メガバンクの一つであるバンクイックの強みは何と言ってもその安定感!
金利も15%を切る低さで安定していますし、上限金額も500万円とカードローンとしては十分。
また、審査が早いことにも定評があり、テレビ窓口に来店すれば、かなりの確率で即日融資まで進むことができます。

また、銀行系では50万円まで収入証明書不要というのも珍しいです。
キャッシングの利用を思い立つ時は、突然お金が必要になった場合も多く、そんな時にいちいち収入証明書を用意する必要がないのはとてもありがたいですね。

自社・提携ATMの利用手数料が無料!

もうひとつ、大きなメリットが提携ATMの利用手数料が無料で使用できること!
審査に通ってローンカード発行後は、三菱東京UFJ銀行ATMに加えて、全国のセブンイレブンやローソンといった大手コンビニATMで借入や返済が可能になりますが、これらのATMの利用が時間帯に関わらず完全に無料となります!

よく金利だけを見てキャッシングサービスを選ぼうとする方も見受けられますが、意外と侮れないのがATM利用手数料。
長期間での返済になると、追加で借入を行ったり余裕のある時に少しずつ返済したりということも考えられます。
しかし、これらの細々とした作業にいちいち手数料がかかれば、積もり積もって大きな金額になってしまうことも珍しくありません。
全てのATMが完全無料のバンクイックなら、そんな利用手数料を気にすることなく、自分のタイミングで借入や返済を行なうことができます!

バンクイックを検討中の方はこちらも見られています

バンクイックの弱み・デメリットは「金利特化ではない・無利息期間がない」

とにかく低金利を重視したいなら、他の商品も検討しましょう

全体的に見れば高レベルなサービスであることに疑いはないバンクイックですが、金利面だけを見ればさらに条件の良いサービスがあります。
ATMの利用手数料などの面さえクリアできれば、利息の支払いを抑えることができます。
ただし、短い期間の借入の場合では、金利による利息の差はあまり出ませんので使いやすさを優先した方が良いでしょう。

無利息期間が欲しいのであれば、消費者金融系サービスがおすすめ

また、バンクイックには無利息期間がないこともデメリットと言えるでしょう。
10万円を借りた場合、バンクイックでは1月で1,200円の利息がかかります。
大手消費者金融のカードローンには初回利用限定で最大30日間の無利息期間があるため、その間に返済すれば、元本のみの返済となり、バンクイックで借入た時にかかる1,200円の利息は丸々お得となります。

ただし、特に1年以上の長期間の借入を計画している場合には、通常の金利の差が大きくなりバンクイックの方がおとくに利用できるでしょう。

バンクイックのデメリットが気になる方はこちら

バンクイックの利用完全ガイド!申し込みから返済まで

さて、ここからはバンクイックの利用方法について、キャッシングが初めての方でもわかりやすいように解説していきます。

バンクイックでのお申込みから借入までの流れ
1
web申し込み

2
審査・回答(Eメールまたは電話)

3
契約手続き(テレビ窓口またはFAX)

4
カード発行・借入

審査結果の連絡時間は平日9時〜21時、土日祝9時〜17時までとなります。
申し込みを行った時間帯によっては、審査の連絡が翌日以降になる場合があります。

カードを受け取る方法にはテレビ窓口と郵送の2種類がありますが、急いでいる場合や近くに三菱東京UFJ銀行の店舗がある場合は、その場でローンカードの発行まで行うことのできるテレビ窓口を利用するのがオススメです。
ちなみにテレビ窓口の利用がおすすめです。

テレビ窓口のバンクイック申し込み受付時間は下記の通りです。

  • 平日 9:00~20:00
  • 土曜・祝日 10:00~18:00
  • 日曜 10:00~17:00

バンクイックの申し込みに必要な書類

バンクイックの審査に必要な書類は次の通りです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書(※50万円以上、他社借入含め100万円以上の借入の場合のみ)
本人確認書類として使用できるもの

原則は運転免許証を使用し、運転免許証の交付を受けていない方は別の書類になります。
※いずれも有効期限内、現在有効なものであること

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード等
収入証明書類として使用できるもの

50万円を超える借入を希望する場合には、収入証明書として下記書類の提出が必要です。

  • 源泉徴収票
  • 住民時決定通知書
  • 納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
  • 確定申告書第1表・第2表

即日融資を希望される場合

バンクイックで即日融資を希望される場合は、テレビ窓口でのカード発行を行なうのが良いでしょう。
ただし、テレビ窓口の受付時間や審査の連絡の受付時間があるので、即日利用の場合はなるべく早い段階で審査を終える必要があります。

また、上記にあるweb申し込みの流れを飛ばして、必要書類を持っていけば直接テレビ窓口での取引も可能です。
ただし、その場で30分〜2時間程度、審査結果を待つことになりますし、要審査の場合は待つだけ待って回答できないということもありえます。
時間や手間を無駄にしないためにも、事前にわかっている場合には借入をする前日にweb申し込みをしておき、審査結果を受け取ってからテレビ窓口に行くと無駄が少なくて済みます。

バンクイックの申し込み方法まとめ

web申し込みは24時間可能!
即日融資の場合はテレビ窓口の受付時間に注意!

申し込み方法についてもっと詳しく

バンクイックでの返済方法について

バンクイックの返済方法は次の3通りの方法があります。

  • 自動支払いによるご返済
    三菱東京UFJ銀行に預金口座がある方は、本人名義の普通預金口座からの自動引き落としで返済可能!
    (別途手続きが必要、かつ、指定日返済のみ選択可能)
  • 指定口座へのお振り込みによるご返済
    各種金融機関の口座から、指定口座への振込でも返済可能
    三菱東京UFJダイレクト(インターネットバンキング)なら手数料は無料!
  • 自社/提携ATMでの返済
    三菱東京UFJ銀行ATM及び提携コンビニATMで利用手数料無料で返済可能
    (毎日23:50〜0:10、毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00の時間帯は利用不可)

バンクイックでのおすすめ返済方法!

バンクイックのおすすめ借入方法

提携コンビニATMで全国どこで手数料無料で返済可能!
返済期日を忘れるのが不安な人は自動引き落としを設定すれば安心!

返済方法についてもっと詳しく

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の口コミ・体験談

公務員 男性(25歳)

評価

5.0

利用した感想

社会人になると飲み会や結婚式で何かとお金が必要になってしまい、やりくりが限界でした。
かといって親に頼るのも嫌なので、ネットで探してカードローンを発見。
メインバンクが三菱東京UFJ銀行だったので、安心感もあるしバンクイックに決めました。
とても使いやすくて満足しています。

会社員 女性(52歳)

評価

5.0

利用した感想

旦那の退職祝いに夫婦水入らずの旅行を計画したのですが、少しだけお金が足りませんでした。
消費者金融などはどこなく不安だったので、有名な銀行のカードローンということでバンクイックを利用しました。
とてもスムーズに借入ができましたし、返済も近くのコンビニから簡単でした。

会社員 男性(32歳)

評価

4.0

利用した感想

まとまった金額がどうしても必要になってしまったので、カードローンを利用しました。
余裕がある時に近くのコンビニからこまめに返済しても手数料がかからないので、余裕のある時に返していくことができて便利。
金利だけは他にもっと低いところがあるので、少し不満がないでもないですが、全体としては満足しています。

バンクイックの各種データ

バンクイックのスペック

貸付利率 4.5%~18.0%(実質年率)
契約限度額 500万円以内
借入方法 ・インターネットからの振込予約
・お電話からの振込予約
・アイフルATM、提携CD/ATMでの融資
返済方法 ・振り込み
・口座振替(自動引落)
・アイフル店舗、ATM
・提携先/ATM
・各種コンビニ(セブンイレブン、ローソンなど)
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間及び返済回数 1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
遅延損害金 20.0%(実質年率)

バンクイックの融資条件

貸付利率 金利は利用限度額に応じて下記のようになります。
利用限度額 借入利率
400万円超500万円以下 年1.8%~年6.1%
300万円超400万円以下 年6.1%~年7.6%
200万円超300万円以下 年7.6%~年10.6%
100万円超200万円以下 年10.6%~年13.6%
10万円以上100万円以下 年13.6~年14.6%
※平成29年3月27日以降に契約された方に適用される金利で、それ以前から契約されている方は上記金利と異なる場合があります。
契約限度額 500万円以内
借入方法 ・インターネットからの振込予約
・お電話からの振込予約
・三菱東京UFJ銀行ATM、提携ATMでの融資
返済方法 ・銀行振込での返済
・口座振替での自動引落し
・三菱東京UFJ銀行ATM、提携ATMでの返済
返済方式
返済期間及び返済回数
遅延損害金

アイフルの会社概要

会社名 株式会社三菱東京UFJ銀行
代表者名 取締役頭取執行役員 三毛 兼承
本社所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
設立 1919年(大正8年) 8月15日
資本金 17,119億円億円
事業内容
登録番号
営業店舗 国内 766、海外 75
今すぐ公式サイトで申し込む

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」についてもっと詳しく!

カードローン特集

目的・特徴からカードローンを探す

キャッシングお役立ちメニュー