プロミスのキャッシング! 申し込みから借入までの流れを徹底解説!

消費者
金融系

プロミス

オススメ度

4.0

ご利用可能なコンビニ

  • おすすめな人その場で審査・借入が可能なので、急ぎでお金が必要な方
  • レディースキャッシングもあり!
  • はじめてなら30日間無利息サービス!
  • WEB契約なら即日融資可能!
  • 即日融資

    可能

  • 実質年率

    4.5%~17.8%

  • 融資上限金額

    1万円〜
    500万円

  • 来店

    不要

  • 収入証明書

    50万円までの
    借入なら不要

本日中のお借入の申し込み期限まで

残り00時間0000

消費者
金融系

プロミス

4.0

最短本日中のお借入希望なら

00時間0000

以内にお申し込みを!

  • 即日融資
  • 担保・保証人不要
  • 収入証明書不要
  • 来店不要
  • 無利息期間あり
  • おまとめ
  • 女性向け
  • 土日祝日OK
  • 即日融資

    可能

  • 審査時間

    最短30分

  • 実質年率

    4.5%~17.8%

  • 融資上限金額

    1万円〜
    500万円

  • 来店

    不要

  • 収入証明書

    50万円までの
    借入なら不要

ご利用可能な
コンビニ

おすすめポイント

レディースキャッシングもあり!
はじめてなら30日間無利息サービス!
WEB契約なら即日融資可能!

プロミス

利用限度内であれば自由に引き出し可能なプロミスは、お金が急きょ必要というときの強い味方。また三井住友銀行グループが運営するキャッシングシステムなので、信頼度が高いことが特徴です。
信頼度が高く急なキャッシングにも対応してくれるプロミスの特徴やメリット・デメリット・借入の流れや体験談についてご紹介していきます。

プロミスの特徴と注目ポイント

プロミスの特徴は「簡単な手順で素早く」借入ができること。また利息についても良心的なシステムがサービスが揃っています。
プロミスのキャッシングの注目ポイントを確認してみましょう。

担保も保証人も不要!

担保や保証人が必要無いフリーキャッシングなので、誰にも知られずにお金を借りたい。担保・保証人を用意している時間が無いというときにも利用することが可能です。 本人確認は必ず行われるので必要書類は忘れないようにしましょう。

利息は借入日数分のみ!

プロミスのフリーキャッシングは、借入した日数分のみが請求されます。利息は一週間分・一ヵ月分など区切られた期間で計算されることがありますが、プロミスなら必要以上の返済をしなくて良いのです。 給料日直前でお金を借り、給料日に返済をするなどの対策を立てれば出費を抑えることも可能ですね。

はじめての利用なら30日間無利息!

プロミスをはじめて利用する方であれば、30日間は利息無しで借入できます。メールアドレスを登録し、所定の手順を踏むことで30日間無利息サービスを受けることができるようになります。 はじめてのキャッシングで利息について不安がある方は安心して利用できますね。

プロミスのキャッシングのその他の特徴

  • WEB契約なら即日融資も受けられる
  • 50万円以下の借入なら、原則「収入証明書類」は不要
  • 女性も安心して利用できるレディースローンもある
  • 三井住友銀行グループなので信頼度が高い

プロミスをおすすめする人とは

プロミスをおすすめする人とは「誰にも知られず簡単に、利息を抑えてキャッシングしたい」という方。


プロミスで借入をする際に必要な本人確認書類は免許書など数点。そのため、キャッシングをするまでの面倒な準備は必要ありません。担保・保証人を用意する必要も無いので、他者に知られずキャッシングすることが可能です。 利息も必要以上に支払わなくて良いので、返済の負担もありません。

プロミス検討中の方はこちらも見られています

プロミスをおすすめできない人とは

プロミスをおすすめできない人は「高額のキャッシングをしたい」という方。
プロミスのサービスでは融資額の上限は500万円。そのためそれ以上の借入を希望する方にはおすすめできないサービスと言えます。

またプロミスは年収の3分の1以上は借入が規制される「総量規制」の対象なので、高額融資を希望しても通らない場合が多いでしょう。

プロミスのデメリットが気になる方はこちらがおすすめ

他社とのメリット・デメリットを徹底比較!

他者との比較でプロミスのメリット・デメリットをさらに理解していきましょう。大手キャッシングサービスとの違いを考えます。

サービス名 金利 利用限度額 融資速度 無利息期間 手数料
プロミス・フリーキャッシング 4.5~17.8% 500万円以内 即日(瞬フリ利用時:最短10秒で振り込み) 初回利用時のみ30日間 三井住友銀行提携ATMなら
手数料なし
アイフル 4.5~18.0% 500万円以内 最短即日 初回利用時のみ30日間 1万円以下:108円
1万円以上:216円
セントラル 1万円~100万円未満:4.80~18.00%
100万円~300万円:4.80~15.00%
1万円~300万円 平日14時までの申し込みで最短即日 なし 1万円以下:108円
1万円以上:216円

こちらはプロミスと同じく人気の高いキャッシングサービスの比較表です。
わずかですがプロミスの金利は低く、瞬フリを使用すれば素早く融資してくれることもわかりますね。
でも利用するのならさらにメリット・デメリットを知っておく必要があります。

プロミスの強み・メリットは「素早く簡単! グループATM手数料0円!」

WEBから簡単申し込み・最短10秒で振り込み!

プロミスはパソコンだけでなく、スマートフォンやケータイからでも手続きをすることが可能。手続き方法は簡単で、平日9:00~14:50の間であれば、最短10秒ほどで口座に振り込みをしてもらえる場合もあります。

三井住友銀行提携ATMは手数料無料!

プロミスは大手・三井住友銀行グループのキャッシングサービスなので、三井住友銀行が提携しているATMは手数料無料で利用することができます。
こまめに返済したり借入をする場合に、手数料は意外と負担になるものです。
三井住友銀行の提携ATMは日本全国にあるので、気にせずに返済・借入ができそうですね。

アイフル検討中の方にはこちらも見られています

プロミスの弱み・デメリット

銀行系カードローンよりも金利が高い

プロミスは三井住友銀行グループですが、銀行直属のキャッシングサービスに比べると金利は高いです。
無利息期間などよりも金利の低さを重視したいのであれば、銀行直属のキャッシングサービスの利用をおすすめします。

総量規制の対象で高額借入はできない

プロミスは銀行グループの傘下ですが、消費者金融という扱いです。そのため借入可能な額は年収の3分の1以下と定める総量規制の対象。
プロミス以外の消費者金融を合わせて利用する場合も、借入額は合計で年収3分の1以下に抑えなければいけません。
そのため高額借入をすることは難しいでしょう。

プロミスのデメリットが気になる方はこちらがおすすめ

プロミス利用完全ガイド!申し込みから返済まで

プロミスのメリット・デメリットを理解できたら、次は利用方法について知っていきましょう。
キャッシングの申し込み・返済方法を解説していきます。
プロミスの申し込み方法と借入方法について
プロミスの申し込み方法の中でもっとも簡単でスピーディに契約できるWEB契約を例に見ていきましょう。

プロミス・WEB契約の流れ
1
プロミスWEB申し込み

2
審査(契約可能額の決定)
※電話・メールどちらかの希望方法で連絡

3
契約(口座振替での契約・カード不要を選択)

4
手続き完了(カード発行・郵便物無し)

申し込みは24時間365日申し込み可能です。パソコン・スマートフォン・携帯電話から申し込みすることができ、カード発行を待つ時間もありません。
口座振替による返済を指定すれば、郵便物も無く契約完了できます。
また審査通過後、契約が完了すれば即日融資してもらうことも可能です。

申し込みに必要な書類

  • 本人確認書類
  • 場合により収入証明書類
本人確認書類として使用できるもの
  • 運転免許証
  • パスポート

【合わせて必要な書類】

  • 健康保険証+住民票
収入証明書類として使用できるもの

収入証明書類は借入額が50万円以上・他社と合わせての利用残高が100万円を超える場合のみ必要になります。提出する書類は次のうち一点のみを選びます。

  • 源泉徴収票(最新版)
  • 確定申告書(最新版)
  • 給与明細書(最新2ヵ月分+1年間分の賞与明細書)
    ※賞与が無い場合は最新2ヵ月分の給与明細のみ。

即日融資をご希望の方へ

アイフルでは、インターネットによる申し込みを24時間受け付けています。
返信メールを確認したのち、上記のフリーダイヤルへ連絡することで、優先的に審査をしてもらうことが可能で、最短30分で審査結果がわかります。
ただし、電話での受付時間は9:00〜21:00ですので、それを過ぎると即日での申し込みができなくなりますのでご注意ください。

即日融資は、振込予約とカードでの融資のどちらでも対応しています。
振込予約の場合は銀行側の処理の問題もあるので、午前中くらいに手続きを終えていない場合は明日に回ってしまう可能性があります。

もうひとつの方法として、朝8:00〜夜22:00まで営業している無人契約BOX「てまいらず」にてカードを発行することも可能です。
一度カードを発行さえしてしまえば、あとはコンビニなどの提携CDやATMからでも、好きなタイミングで融資を受けられます。

アイフルでのおすすめ申し込み方法!

インターネットで24時間簡単申し込み可能!
22:00まで営業している無人契約機でカードを発行!

プロミス申し込み方法まとめ

4種類の申し込み方法から自分に合ったものを選びましょう。

  • WEB
  • 電話(プロミスコール)
  • 郵送
  • 店舗への来店

プロミスの借入方法について

プロミスの借入方法はWEBを合わせて3種類から選べます。

  • インターネット
  • パソコン・スマートフォン・携帯電話から借入予約が可能。平日14:50までに借入申し込みをすれば即日融資を受けられます。14:50以降は翌営業日の9:30頃から順次振り込みが開始。 指定している振り込み口座が三井住友銀行またはジャパンネット銀行の場合は毎週月曜日0:00~7:00・毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00・元日の終日を除いて、月~日曜日・祝日でも24時間受付。受付完了から10秒程度で振り込みしてもらえます。
  • 電話
  • 電話での借入はWEB借入の受付時間や振り込みまでの時間は変わりません。 固定電話・携帯電話・スマートフォンどの電話でも対応可能で、全国どこからでも申し込みを受け付けます。24時間通話料無料で利用可能。
  • 店舗窓口(お客様サービスプラザ)
  • 返済プランやキャッシングについての質問に答えてもらえます。平日は10:00~18:00まで、土日祝日は休みなので注意しましょう。
  • ATM
  • 平日・土日祝日に関わらず、7:00~24:00の時間帯で利用可能です。

プロミスのおすすめの借入方法!

WEBの借入申し込みで手間・手数料無料で借入を楽に済ませる!

返済方法について

プロミスの返済方法は5種類。自分の生活スタイルに合わせたものを選択できます。

  • インターネット返済
  • WEBで手続きができ、土日・24時間返済可能。手数料無料です。
  • 口座振替
  • WEBからの手続き可能でプロミスの店舗窓口へ足を運ぶ必要無し。手数料もかかりません。 店舗窓口(お客様サービスプラザ) 手数料無料で利用できます。係員と顔を合わせて返済できるので、今後の返済プランなどを相談したい方におすすめです。
  • ATM
  • 土日返済可能で手数料無料。素早く返済したい方向けです。 コンビニ(マルチメディア端末) 土日返済可能で、手数料無料。24時間いつでも返済受付してくれます。

おすすめ返済方法!

インターネットを利用してその場で簡単に返済!

プロミスの口コミ・体験談

会社員 男性(35歳)

評価

5.0

利用した感想

インターネットを利用して申込をしてから、約1時間で融資してもらえました。振り込みまでの時間も数分でとてもありがたかったですね。

公務員 女性(40歳)

評価

4.0

利用した感想

初めてのキャッシングで返済に悩んでいたのですが、借入をするときに現実的な返済プランを立ててもらえたのが助かりました。
自分では思いつかない返済プランを考えてくれます。

フリーター 女性(26歳)

評価

4.0

利用した感想

カード発行を申し込んだのですが、なんと二日で到着。一週間はかかるだろうと思っていたので驚きました。スピード融資を希望する方におすすめです。

プロミスの各種データ

プロミスのスペック

貸付金利 4.5~17.8%
契約限度額 500万円以内
借入方法
  • インターネット
  • 電話
  • 店舗窓口(お客様サービスプラザ)
  • ATM
  • 返済方法
    • インターネット
    • 口座振替
    • ATM
    • コンビニ(マルチメディア端末)
    返済方式 残高スライド元利定額返済方式
    返済期間及び返済回数 最長6年9か月
    1~80回
    遅延利率 20.0%(実質年率)

    プロミスの融資条件

    貸付対象年齢 満20〜満69歳以下
    貸付対象者 主婦・学生・パート・アルバイトなど安定した収入がある方
    担保 不要
    保証人 不要
    申し込み時に必要な書類について 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
    場合により収入証明書類(源泉徴収票など)

    プロミスの会社概要

    会社名 三井住友銀行
    代表者名 宮田孝一
    本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
    設立 1876年(明治9年)7月
    資本金 17,709億円
    事業内容
    登録番号
    営業店舗 国内 440ヵ所(出張所・代理店を除く)
    海外 18ヵ所(出張所・代理店を除く)

    カードローン特集

    目的・特徴からカードローンを探す

    キャッシングお役立ちメニュー