みずほ銀行カードローンのキャッシング!申込から借入までの流れを徹底解説!

銀行系

みずほ銀行

サンプルテキストサンプル

ご利用可能なコンビニ

  • おすすめな人低金利で高額キャッシングをしたい人
  • みずほ銀行のキャッシュカードを持っていれば即利用可能!
  • ATMの手数料無料!
  • 24時間・WEB申し込み可能!

最短本日中のお借入希望なら

00時間0000

以内にお申し込みを!

  • 即日融資
  • 担保・保証人不要
  • 収入証明書不要
  • 来店不要
  • 無利息期間あり
  • おまとめ
  • 女性向け
  • 土日祝日OK
  • 即日融資

  • 審査時間

    最短即日

  • 実質年率

    2.0%~14.0%

  • 融資上限金額

    1万円〜
    500万円

  • 来店

    不要

  • 収入証明書

    契約条件に応じる。公式サイト参照

ご利用可能な
コンビニ

おすすめポイント

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストキストテキスト

みずほ銀行カードローンのキャッシング

メガバンクが運営しているみずほ銀行カードローンは信頼性の高さが魅力。また銀行ならではの金利の低さと高い利用限度額が特徴と言えるでしょう。
さらにWEB完結申込を活用すれば郵送書類もなし・店舗へ足を運ぶ手間も省けます。
信頼度の高いキャッシングサービス・金利が低く限度額が高い・申込が楽に済ませたい方は、みずほ銀行カードローンについて知ってみましょう。

みずほ銀行カードローンの特徴と注目ポイント

みずほ銀行カードローンの特徴は「金利が低い」「総量規制の対象ではない」ことがあげられます。
またWEB完結システムも取り入れているため、申込→借入→返済までの流れをスムーズに終えられます。
それではみずほ銀行カードローンの注目ポイントを具体的に見てみましょう。

銀行ならではの金利の安さ!

みずほ銀行カードローンの注目ポイントひとつめは「金利の安さ」。一般的な消費者金融と比較すると、2.5~3.5%は低いと言えます。
限度額に近い額を借りれば借りるほど、金利は低くなるため高額の借入をしたい人には嬉しいですね。

総量規制の対象にならない!

消費者金融から借入をするときには「年収の3/1以上の額は借りれない」という総量規制の対象になります。
しかし同じ借入であっても、銀行カードローンの場合は総量規制の対象にはなりません。そのためみずほ銀行カードローンを利用することで、まとまった金額を借入れることができるのです。

最大限度額が高い!

みずほ銀行の利用限度額は800万円。一般的な消費者金融の利用最大限度は500万円前後のことが多いため、800万円は高いと言えるでしょう。
様々なキャッシングサービスでお金を借りると、あとで整理がつかなくなってしまいトラブルになりかねません。
ある程度の額を借入できるみずほ銀行を利用すると、トラブル回避にも繋がりそうです。

みずほ銀行カードローンのその他の特徴

  • メガバンクが運営しているので信頼度が高い!
  • みずほ銀行ATMならいつでも手数料なし!
  • みずほ銀行のキャッシュカードですぐに利用可能!
  • 24時間申込可能なWEB完結申込あり!

みずほ銀行カードローンがおすすめな人

みずほ銀行カードローンをおすすめする人は『信頼度が高いキャッシングサービスを利用したい方』『みずほ銀行の口座を持っている方』
キャッシングを初めて利用する・消費者金融を利用するのが怖いと感じている方は、するみずほ銀行カードローンがおすすめです。
国内のメガバンクが運営しているので、信頼度の高さは抜群ですよね。返済計画に不安があるときにも相談に乗ってくれるので、心配せずに借入・返済が実現できます。
またみずほ銀行の口座をすでに持っていて、急ぎで借入をしたいという方にもおすすめできます。
みずほ銀行の口座を持っていれば、キャッシュカードの送付を待たずにカードローンを利用できるのです。

みずほ銀行カードローンがおすすめできない人

みずほ銀行カードローンがおすすめできない人は『みずほ銀行の口座を持っていないけれど、急いで借入したい方』
みずほ銀行カードローンは原則として、みずほ銀行の口座を持っていないと利用できません。
そのためカードローンを利用したいと思ったらまずは口座開設をしなければならず、急いでキャッシングしたい方にとっては手間に感じてしまうかもしれません。

みずほ銀行カードローンと他社とのメリット・デメリットを徹底比較!

みずほ銀行カードローンについて「おすすめできる点」「おすすめできない点」を見てきましたが、ここからは他社との違いを細かく見ていきましょう。
以下の表は三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」・りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」と比較したものです。

サービス名 金利 利用限度額 融資速度 無利息期間 手数料
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%〜14.6% 500万円 最短即日 なし 自社ATM・コンビニATMなら
手数料なし
りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」 3.5%〜12.475% 800万円以下 最短即日 なし 所定のATM利用手数料
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0% 800万円以下 最短即日 なし 自社ATMなら無料・コンビニATMは月4回まで無料

銀行カードローンを3社比較すると、みずほ銀行カードローンは最大限度額が高く、金利が低いことが分かります。
ただ数字だけで決めるのはまだ早いかもしれません。実際のサービスについてのメリット・デメリットについても詳しく知っていきましょう。

みずほ銀行カードローンの強み・メリットは「安心して高額借入ができる!

みずほ銀行ガードローンは高額借入でも安心!

みずほ銀行カードローンの強みはメガバンクが運営している信頼度の高さと、業界トップクラスの限度額の高さ。
そのため消費者金融から高額借入をするのは怖い……という人でも、みずほ銀行カードローンならメガバンクという信頼のもとである程度の額を借りることが可能です。

みずほ銀行カードローンはWEBで24時間申込OK!

WEB完結申込なら24時間カードローンの申込を受け付けてくれます。そのため忙しく店舗に足を運べない方などにおすすめできます。
みずほ銀行の口座をすでに持っていれば、WEB申込が完了すればカードローンもすぐに使えるようになります。

みずほ銀行カードローンの弱み・デメリットは「土日の審査に対応していない」

土日に審査結果が欲しいなら他社キャッシングサービスがおすすめ

土日に審査を申し込んでも対応を行っていないため、翌営業日に結果が持ち越されます。
他社では土日審査を受け付けているところもあるので、その点はみずほ銀行カードローンのデメリットと言えるでしょう。
土日になって急きょお金を工面しなければいけないという事態が起こったときには、他のキャッシングサービスをおすすめします。

みずほ銀行カードローンの利用完全ガイド!申し込みから返済まで

みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットがわかったところで、次は申込~返済までの流れを簡単にご説明します。

みずほ銀行カードローンの申し込み方法と借入方法について

今回は24時間申込可能なインターネットを使用した場合を例にします。

みずほ銀行口座をすでに持っている場合
1
WEB申込

2
申込内容を審査

3
メールで審査結果の回答

4
審査に通過した場合
「本人確認書類」「収入証明書」を撮影する
別途送られてくる必要書類URLに画像を登録

5
カードローン口座の開設の連絡
みずほ銀行口座を持っていない場合
1
みずほ銀行口座を持っている場合の③から

2
通帳の受け取り

3
カードローン口座の開設・キャッシュカードの送付

申込の時間帯により利用開始が翌営業日になる場合があるので、急いでいるときには午前中などに申込を済ませましょう。
またみずほ銀行の口座を持っていない場合は、別途普通預金の口座を開設することになります。

みずほ銀行カードローンの申し込みに必要な書類

  • カードローン申込書
  • 本人確認書類
  • 【50万円以上の借入を希望する場合のみ】
  • 本人の年齢を確認できるもの
本人確認書類として使用できるもの
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

※本人確認書類は氏名・住所・生年月日が記載されていること。 ※外国人の方は永住許可を受けている書類が必要。

収入証明書類として使用できるもの

50万円以上の借入を希望する場合は、本人の収入を確認できる書類も必要です。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書

即日融資を希望される場合

みずほ銀行カードローンは借入時にみずほ銀行の口座・キャッシュカードが必要になるため、口座を持っていない状態で「即日借入」をすることはできません。
もし借入をすることになりそうだと感じるなら、先にみずほ銀行の口座を作る・キャッシュカード兼用型のカードを作るということをしておきましょう。
このふたつを持っていればWEBから申込・審査を通過すれば最短即日で融資してもらえます。

みずほ銀行カードローンの申し込み方法まとめ

WEBなら24時間申込可能!
キャッシュカード兼用型を持っていれば最短即日融資!

みずほ銀行カードローンでの借入方法について

  • WEB
  • パソコン・スマートフォンを使用して、指定口座への借入申込。 (月~金曜日0:00~15:00。※祝日・振替休日・銀行休業日は利用不可)
  • ATM
  • みずほ銀行ATM・提携金融機関・ゆうちょ銀行・コンビニATMで取引可能。 みずほ銀行ATMの利用可能時間:月曜日7:00~24:00・火~金曜日終日・土曜日0:00~22:00・日曜日:8:00~21:00。 コンビニATMの利用時間:月曜~金曜日終日・土曜日0:00~22:00・日曜日8:00~24:00。

みずほ銀行カードローンのおすすめ借入方法

WEBで申込から借り入れまで完結させる!

みずほ銀行カードローンでの返済方法について

みずほ銀行カードローンの返済方法は3通りあります。

  • 自動引き落とし
  • 毎月10日に前月10日現在の利用残高に応じて、残高スライド方式により返済用普通預金口座から引き落とされる。
  • ATMでの返済
  • 自分の都合に合わせてATMなどで随時返済する。
  • みずほダイレクトでの返済
  • 別途申込が必要になりますが、パソコン・スマートフォン・携帯電話・固定電話から連絡をすると返済できる。

みずほ銀行カードローンでのおすすめ返済方法!

口座を指定すれば自動で引き落とししてくれる!
みずほダイレクトに申し込めば電話一本で返済完了!

みずほ銀行カードローンの口コミ・体験談

会社員 女性(24歳)

評価

5.0

利用した感想

大手銀行のキャッシングサービスなので利用することにしました。金利が低い・手続きが面倒じゃない・返済が自動で返し忘れがないのが本当にありがたいですね。

主婦 女性(37歳)

評価

5.0

利用した感想

子ども二人の大学・高校進学が重なったため、出費が多く利用しました。主婦なので審査に通るか心配だったのですが、無事借入をすることができ感謝しています。
返済が口座引き落としだったので、忙しい主婦には嬉しいこと尽くめですね。

会社員 男性(30歳)

評価

4.0

利用した感想

出費がかさんでしまい、借入をすることにしました。預金もこちらの銀行で、メガバンクという安心感からキャッシングも利用させていただきました。
WEB申込も簡単にできて、助かりました。

みずほ銀行カードローンの各種データ

みずほ銀行カードローンのスペック

貸付金利 2.0~14.0%
契約限度額 800万円以内
借入方法
  • WEBでの借入
  • ATMの借入
  • 返済方法
    • 自動引き落とし

    • ATMでの返済

    • みずほダイレクトでの返済
    返済方式 残高スライド方式
    返済期間及び返済回数 1ヵ月~
    遅延損害金 19.9%

    みずほ銀行カードローンの融資条件

    貸付対象年齢 契約時に満20歳以上満60歳未満の方
    貸付対象者 安定した収入がある方
    みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方
    担保 不要
    保証人 不要
    申し込み時に必要な書類について 本人確認書類
    本人の年収を証明できる書類
    (50万円を超える限度額を希望の場合)

    みずほ銀行の会社概要

    会社名 株式会社みずほ銀行
    代表者名 藤原 弘治
    本社所在地 東京都千代田区大手町1–5–5(大手町タワー)
    設立 2013年7月1日
    資本金 1兆4,040億円
    事業内容 預金業務
    貸出業務
    商品有価証券売買業務
    有価証券投資業務
    内国為替業務
    外国為替業務
    社債受託および登録業務
    附帯業務
    登録番号
    営業店舗 (国内)本支店421・出張所41
    (海外)支店25・出張所17・駐在人事務所6・現地法人38

    カードローン特集

    目的・特徴からカードローンを探す

    キャッシングお役立ちメニュー