はじめてキャッシングを利用する方の疑問や不安を徹底解決!

家電や車などの故障、冠婚葬祭などは、お金がない時に限って起こるもの。
急なお金の工面に困ることは、決して珍しいことではありません。
家族や友人などに頭を下げてお金を貸してもらうことも一つの方法ですが、大人としてはそう何度も使える手段ではないですよね。

そんな時の解決方法の一つとしてあげられるのは、キャッシングやカードローンを利用するという方法。
けれども、キャッシングを今まで利用したことがない人にとっては、借金=危険というイメージから拒否反応を起こしてしまう方もいるのでは。
確かに、キャッシングは正しく使わなければ危険なものではありますが、利用方法をしっかり分かっていれば便利なサービスなんですよ。

審査の内容や基準が分からない、金利がよく分からない、といった悩みは、今回のこの記事で全て解決。
こちらを読めば、悩みや不安は解消され安心してキャッシングを利用できるようになりますよ!

  • Q

    キャッシングの意味って? カードローンとの違いとは?

    A

    キャッシングはお金を借りることを指す言葉!カードローンはキャッシングのひとつ!

    キャッシングとは金融機関が個人に対して行う小口融資全般のことを指します。
    キャッシングのメジャーな方法として、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠を利用した借入があります。
    また、カードローンも銀行系と消費者金融系と区別されることがあります。
    リトルキャッシングでは特にこのカードローンについて、様々なサービスの紹介や比較・解説をしているというわけですね。

  • Q

    実際のお金を借りるまでの流れとは?

    A

    契約までの流れは簡単4STEP!スマホだけで手続き可能なサービスも!

    キャッシングを利用したことがないと難しく捉えがちですが、契約までの手順は決して難しくありません。
    カードローンで融資を受けるまでの流れを簡単にしたものが、以下のような4STEPになります。

    STEP1 インターネットからお申し込み
    STEP2 審査結果の通知
    STEP3 郵送されてくるカードを受け取る 無人契約機、店舗に来店し、カードを受け取る
    STEP4 ネットの振込予約、自社およびコンビニATMなどでお借入

    わざわざ金融機関の窓口に行く必要はなく、インターネットでの申し込みが可能なんです!
    金融機関によっては、スマホだけでキャッシングの契約手続きまで完結出来るところもあります!

  • Q

    キャッシングの審査の基準とは? どこが重要視されているの?

    A

    審査は信用情報が重要!本人確認書類は必須ですが、
    収入証明書は不要だったり、在籍確認は書類でOKな場合も

    キャッシングするには、その金融機関の審査を通過する必要があります。
    審査と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、嘘さえつかなければ怖いことは何もありません。

    カードローンの審査では、お金を貸す人がきちんと返せるだけの返済能力があるか見ています。
    金融機関の立場で考えれば、収入が不安定な人や返済に遅れがちな人にはあまりお金を貸したくないですよね。
    その為、毎月の返済を出来るだけの収入(パート、アルバイト含め)があるかどうかや、これまでに金融事故(返済に遅れたり、借金を踏み倒したりすること)を起こしていないかどうかは、重要な判断基準になるということ。
    事前にキャッシング状況などから簡易的な診断を行なっている会社もあるので、申しこむ前に利用してみるのもいいでしょう!

  • Q

    必要書類は何がいるの? 在籍確認は何をするの?

    A

    本人確認書類と収入証明書が必要になることが多いです。
    在籍確認は勤務先にその人が本当に勤めているかの確認を電話で行います

    カードローンの申し込みに必要な書類は下記の2種類です。

    • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)
    • 収入証明書(源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書、所得証明書など)

    このうち、本人確認書類はどのサービスに申し込むにも絶対に必要になるものです。
    収入証明書については、借入額が低い場合などは提出しなくてよいことが多いです。
    早くキャッシングをしたいと考えている人は、ありがたいですね。

    在籍確認は申告通りの勤務先に、キャッシング申込者が在籍しているかどうかを確認するためのものです。
    基本的には営業時間帯などに電話で行われますが、「在籍確認の電話です」とはもちろん言いません。
    「(金融機関名)ですが、〇〇さまはいらっしゃいますか?」といった具合に本人に取次をしてもらうのが通常です。
    消費者金融など、名前だけで用件が推測されるようなサービスの場合は、個人名でかけるなど周囲にバレないような配慮をしてくれます。
    例えば「(融資担当者名)ですが、〇〇さまはいらっしゃいますか?」といった具合です。

  • Q

    どうしても今日中にキャッシングしたい! 即日融資の条件とは?

    A

    当日中に借りたい場合は早めの申し込みが重要!
    消費者金融系なら無人契約機の営業時間の終了1時間前までに申し込みを!銀行系は即日融資には対応していない!

    カードローンを検討している方の中には、どうしても今日中に借りたいんだ!という方もいらっしゃるかと思います。
    即日融資を希望される場合は、申し込みを完了した時間が重要になってきます。
    基本的にカードローンでの借入は、『申し込み→審査→カード発行/口座への振込』といった流れになります。
    審査が終わった後に、カード発行や口座振込をする金融機関が営業していることが即日融資の条件になりますので、営業時間ギリギリに申し込んだとしても、審査結果が通知されるのは翌日以降となって、即日融資が受けられない可能性が高いのです。

    申し込み時間の目安は消費者金融系であれば17時までを目安にしましょう!
    また、無人契約機を設置しているサービスなら、夜間に申し込んでも当日中に対応してくれるところもあります!

    注意してほしいのは、銀行系のカードローンは即日でのキャッシングに対応していないということ。
    今日中にお金を借りたい場合は、必ず消費者金融系を利用しましょう。

  • Q

    キャッシングの金利の相場は? 月々の支払いってどのくらい?

    A

    消費者金融系のカードローンなら18%、銀行系なら15%前後が相場!
    毎月の支払い金額は自由度が高く、2,000円程度から可能なところも!

    誰でも気になるのが、やはり返済時の金利。
    利用者が最も多い100万円以下の上限金利の場合、消費者金融系であれば約18%前後、銀行系であれば約15%以下が相場となっています。

    月々の最低の支払額は、サービスの内容や利用金額によっても様々です。
    同じ金額を借りたとしても毎月7~8,000円以上の返済が必要なサービスもあれば、毎月2,000円程度の支払いでいいものもあります。

    ただし、1点だけ注意が必要なことがあります!
    支払いが少なければ当然毎月の負担も軽くなるわけですが、その分完済まで時間がかかり、支払うことになる利息の合計金額も大きくなってしまいます!
    毎月の支払いは低くするとしても、余裕がある時にはある程度まとめて返済していくことをお勧めします。

  • Q

    いくらまでキャッシングできるの? 総量規制とは?

    A

    年収の1/3以下ならどのサービスでも借入可能!
    総量規制は年収の1/3まで借りることができるという貸金業法の決まり!

    自分が一体いくらまで借りられるのか、というのは気になることですよね。
    お金を借りる時には総量規制という年収の1/3までしか借りられない(貸してはいけない)という決まりがあります。
    多重債務者を増やさないために国が決めたルールになっています。

    年収300万円の方を例に挙げると、300万円の3分の1の100万円まで借りることができます。
    ただし、全ての借入を合わせて100万円ということに注意が必要です。
    ある金融機関から20万円の借入をしている場合、新たな金融機関から借入を行う場合の上限は100-20=80万円となります。

    カードローンの中には総量規制の対象外となっている金融機関もありますが、現在は殆ど総量規制内の額での貸付となっています。
    年収の3分の1以上の借入は現実的には難しい、と捉えておきましょう。

  • Q

    カードローンをお得に利用するポイントとは?

    A

    敵を知り己を知れば百戦危うからず!自分の利用スタイルと合ったサービスを利用しよう!

    カードローン業界は大小様々な企業がしのぎを削る競争の激しい業界で、単純なスペック面での比較でどこが一番お得かと一概に言うことは難しくなっています。

    カードローン選びで迷った時には、自分の利用スタイルから確認していきましょう。
    必要な金額はいくらなのか、即日融資が必要なのか、無利息期間を利用したいか、などなど、カードローンの様々な条件の中で自分には何が必要なのかを考えていきましょう。

    自分の利用スタイルが見えてくれば、自ずと自分に合ったサービスが見つかることでしょう。

  • Q

    万が一、キャッシングの返済に遅れてしまったらどうなるの?

    A

    すぐに返済出来そうになくても、必ず金融機関に連絡して相談すること!

    キャッシングの返済には遅れないことが一番です。
    しかし、うっかり忘れてしまったり、急な出費で返済日に遅れてしまうこともあるでしょう。

    そんな時は、必ず自分から金融機関に連絡を取ってください。
    返済に遅れてしまって申し訳ない、という態度が分かれば、金融機関もそう目くじらを立てることはありません。
    遅延損害金と呼ばれる罰金は発生してしまいますが、連絡したことによって心象は良くなるので、急な強制解約などをされる可能性は低くなるでしょう。

    ただし、連絡したからといって返済をいつまでもしなくてよくなる訳ではないので、必ず金融機関の指示に従って返済を続けてくださいね。

初心者向けのキャッシングサービス特集

WEB完結申込なら電話連絡なし・カードレスも可能!
家族に絶対内緒で借りたいなら『SMBCモビット』

家族や勤務先に借入をバレたくないのなら、断然『SMBCモビット』がオススメ!
WEB完結申込なら勤務先への電話連絡が必要なく、カードや関連書類などの郵便物がありません。

消費者
金融系

SMBCモビット

利用限度額800万円!

ご利用可能なコンビニ

  • おすすめな人誰にもばれずにキャッシングしたい方、深夜帯でもすぐに申し込みをしたい方
  • 最短即日融資可能、利用限度額最高800万円、三井住友銀行ATMは手数料無料!
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座をお持ちで社会保険証または組合保険証があればweb申し込み可能!
  • web申し込み後、スマホATM取引を利用すれば、カードレスで24時間借入可能!
  • ※申し込み曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 即日融資
  • 担保・保証人不要
  • 収入証明書不要
  • 来店不要
  • 無利息期間あり
  • おまとめ
  • 女性向け
  • 土日祝日OK
  • 即日融資

    可能

  • 審査時間

    最短30分

  • 実質年率

    3.0%~18.0%

  • 融資上限金額

    1万円〜
    800万円

  • 来店

    不要

  • 収入証明書

    必要

ご利用可能な
コンビニ

おすすめポイント

最短即日融資可能、利用限度額最高800万円、三井住友銀行ATMは手数料無料!
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座をお持ちで社会保険証または組合保険証があればweb申し込み可能!
web申し込み後、スマホATM取引を利用すれば、カードレスで24時間借入可能!

※申し込み曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

楽天銀行口座があれば24時間借入OK!
土日・深夜に今すぐ借りたい人にオススメ!『アコム』

大手消費者金融として知名度の高い『アコム』は24時間電話受付があるうえ、ネットバンキングである楽天銀行に口座を持っていれば24時間振込が可能!
もちろん、初回利用なら「最大30日間無利息」もついてきます!

消費者
金融系

アコム

「むじんくん」は22:00まで営業!

ご利用可能なコンビニ

  • おすすめな人即日に借りたくて無利息期間をつけたい方
  • 初めてで返済期日を「35日ごと」に設定すれば、最大30日間の無利息期間あり!
  • 審査、融資のスピードが早い!
  • 楽天銀行に口座があれば24時間借入可能!
  • 即日融資
  • 担保・保証人不要
  • 収入証明書不要
  • 来店不要
  • 無利息期間あり
  • おまとめ
  • 女性向け
  • 土日祝日OK
  • 即日融資

    可能

  • 審査時間

    最短30分

  • 実質年率

    3.0%~18.0%

  • 融資上限金額

    1万円〜
    800万円

  • 来店

    不要

  • 収入証明書

    50万円以下、他社含め100万円以下の場合は不要

ご利用可能な
コンビニ

おすすめポイント

初めてで返済期日を「35日ごと」に設定すれば、最大30日間の無利息期間あり!
審査、融資のスピードが早い!
楽天銀行に口座があれば24時間借入可能!

目的・特徴からカードローンを探す
キャッシングお役立ちメニュー