お金に関するトピックスカテゴリー記事の一覧です

銀行での即日融資が停止に。理由とこれからの審査について

お金に関するトピックス

銀行での即日融資が出来なくなるATM

先日、2018年1月から銀行での即日融資が停止されるとの発表がありました。

これにより、即日でのキャッシングが可能なのは消費者金融のみになります。


今まで銀行でキャッシングを利用していた方は、即日での融資に魅力を感じていた方も多いでしょう。

実際、消費者金融がグレーゾーン金利問題でイメージをダウンさせていた中、銀行のキャッシング利用者は増加の一途を辿っていました。


では、どうしてその魅力の一つである「即日での融資」を停止してしまうんでしょうか。

利用者が増えているのであれば、魅力的な部分を減らすべきではないですよね。


この記事では、銀行が即日での融資を停止に踏み切った理由と、即日での借入が出来なくなった後の審査の仕組みについて解説していきます。

これからも銀行でキャッシングしたいと考えている方は、是非参考にしてみてください。


銀行で即日融資が出来なくなる理由とは

それは審査の仕組みが変わり、融資までに時間がかかるようになるからです。


「これまで通りの審査ではダメなのか?」と思う方も多いでしょう。

ここからは審査の仕組みを変えることになった理由を説明していきましょう。


銀行カードローンの利用者増加による問題

銀行は信用性というブランド力もさることながら、消費者金融やカード会社よりも一般的に金利が低く、かつ利用限度額も高く設定されていることが殆ど。

それに加えて、即日での融資に対応してくれることは利用者の満足度を高める要素の一つでした。


また、総量規制(年収の3分の1以上の貸付を規制するルール)の対象外であることも利用者の増加に繋がり、総量規制でお金を借りることが出来なくなってしまった人たちの受け皿として利用され、急成長を遂げました。


しかし、ここで問題が発生します。

それが以下の二つです。

  • 銀行の貸付過多により、多重債務者の増加が指摘されるようになる
  • 反社会勢力への貸付が発覚する

この問題が発生したことで、審査の仕組みは変わることになりました。

詳しく見ていきます。


貸付過多による多重債務者増加の指摘

利用者が増加する一方で、銀行の貸付過多が原因での多重債務者増加が問題視されるようになりました。

総量規制の対象外だったことで、利用者の返済能力を超える貸付も行われるようになっていたからです。


総量規制は「多重債務者を減らす為」に作られたルールです。

過去のデータから、年収の3分の1以上の借入を行なってしまった場合には返済が困難になるという根拠があったからこそ、この数字になりました。


しかし、この総量規制はあくまで賃金業でのみ適用されるルール。

銀行の場合は、自分たちで判断して良いことになっていました。


このことが審査が甘いのではないか、という批判にも繋がりました。


反社会的組織へ貸付が発覚

そして追い打ちをかけるように、今度は銀行の反社会的組織への融資が発覚。


これまで以上に、融資に対しての審査を厳しくするべきなのではと世間からバッシングを受けることになりました。


この事件は大きな社会問題になり、問題となった銀行の上層部は退陣に追い込まれる事態に発展。

ますます銀行の審査に対しての姿勢を問われることになったのです。


銀行の審査はどう変わるのか

問題点を解決する為に、銀行は審査を変える決断をします。

まずは、反社会的勢力への貸付を絶つ為の仕組み作りから進めていくことになりました。


その取り組みの一つとして、これまで銀行間でしか共有されていなかった反社会的勢力の情報をより多くの機関と共有を開始。

銀行は審査を保証会社(主に消費者金融)に頼っていた部分があり、上手く情報共有が出来ていなかった為です。


警察庁のデータベースを利用

また、更に反社会的勢力か見極める精度を高める為、警察庁のデータベースを照会に利用出来ないか検討されることになりました。


反社会的勢力のデータを一番持っているのは警察ですから、このデータベースを照会材料として使えれば判断の精度を高めることが出来るからです。


そうして警察庁の協力も得て、今後は警察庁のデータベースも利用した審査へと変わることになったのです。

一度警察庁にデータを送った上での審査になる為に、事実上即日での融資は不可能になりました。


この審査の仕組みは2018年1月からスタートします。

1月以降は、審査結果が出るのは早くとも翌日になり、遅いと2週間ほどの時間が必要になるようです。


今後の銀行の動きについて

カードローンの融資残高が毎月公表される

そして、もう一つの問題点である貸付過多の解決に向けても取り組みを始めています。


「カードローンの融資残高が毎月公表」されるようになったのです。

こちらは、2017年10月からすでにスタートしています。


これによって、銀行側は貸付をより慎重にならざるえなくなります。

残高を公表するということは、高額融資を続けていればまた貸付過多を指摘されることになるからです。


今後、審査が厳しくなる可能性がある

貸付を慎重に行うということは、それだけ審査が厳しくなる可能性があるということ。

今までなら普通に借りることが出来た人でも、貸付残高を増やし過ぎない為に審査に通さない、という判断を下されることもあるかもしれません。


このような理由から、銀行の審査が厳しくなる可能性があることは認識しておいた方がいいでしょう。

まとめ

ここまで、何故銀行が即日での融資を停止することに踏み切った理由と、これからの審査について紹介してきました。

即日の融資が出来なくなるのは不便ですが、理由を考えると仕方がないと思う方も多いのでは。


ここでもう一度まとめてみましょう。

銀行はこれまで消費者金融と競うような形で急成長してきました。

これからは貸付にも慎重になり、私たちの生活の中で少し利用しづらいものになってしまうかもしれません。


しかし、多重債務者を減らす為であるという理由を考えると、銀行の信用性という部分でのイメージは上がるとも言えます。

これから利用を検討する材料の一つとして捉えるのも、悪くはないのではないでしょうか。

お金に関するトピックスカテゴリー記事の一覧です

銀行での即日融資が停止に。理由とこれからの審査について

お金に関するトピックス

銀行での即日融資が出来なくなるATM

先日、2018年1月から銀行での即日融資が停止されるとの発表がありました。

これにより、即日でのキャッシングが可能なのは消費者金融のみになります。


今まで銀行でキャッシングを利用していた方は、即日での融資に魅力を感じていた方も多いでしょう。

実際、消費者金融がグレーゾーン金利問題でイメージをダウンさせていた中、銀行のキャッシング利用者は増加の一途を辿っていました。


では、どうしてその魅力の一つである「即日での融資」を停止してしまうんでしょうか。

利用者が増えているのであれば、魅力的な部分を減らすべきではないですよね。


この記事では、銀行が即日での融資を停止に踏み切った理由と、即日での借入が出来なくなった後の審査の仕組みについて解説していきます。

これからも銀行でキャッシングしたいと考えている方は、是非参考にしてみてください。


銀行で即日融資が出来なくなる理由とは

それは審査の仕組みが変わり、融資までに時間がかかるようになるからです。


「これまで通りの審査ではダメなのか?」と思う方も多いでしょう。

ここからは審査の仕組みを変えることになった理由を説明していきましょう。


銀行カードローンの利用者増加による問題

銀行は信用性というブランド力もさることながら、消費者金融やカード会社よりも一般的に金利が低く、かつ利用限度額も高く設定されていることが殆ど。

それに加えて、即日での融資に対応してくれることは利用者の満足度を高める要素の一つでした。


また、総量規制(年収の3分の1以上の貸付を規制するルール)の対象外であることも利用者の増加に繋がり、総量規制でお金を借りることが出来なくなってしまった人たちの受け皿として利用され、急成長を遂げました。


しかし、ここで問題が発生します。

それが以下の二つです。

この問題が発生したことで、審査の仕組みは変わることになりました。

詳しく見ていきます。


貸付過多による多重債務者増加の指摘

利用者が増加する一方で、銀行の貸付過多が原因での多重債務者増加が問題視されるようになりました。

総量規制の対象外だったことで、利用者の返済能力を超える貸付も行われるようになっていたからです。


総量規制は「多重債務者を減らす為」に作られたルールです。

過去のデータから、年収の3分の1以上の借入を行なってしまった場合には返済が困難になるという根拠があったからこそ、この数字になりました。


しかし、この総量規制はあくまで賃金業でのみ適用されるルール。

銀行の場合は、自分たちで判断して良いことになっていました。


このことが審査が甘いのではないか、という批判にも繋がりました。


反社会的組織へ貸付が発覚

そして追い打ちをかけるように、今度は銀行の反社会的組織への融資が発覚。


これまで以上に、融資に対しての審査を厳しくするべきなのではと世間からバッシングを受けることになりました。


この事件は大きな社会問題になり、問題となった銀行の上層部は退陣に追い込まれる事態に発展。

ますます銀行の審査に対しての姿勢を問われることになったのです。


銀行の審査はどう変わるのか

問題点を解決する為に、銀行は審査を変える決断をします。

まずは、反社会的勢力への貸付を絶つ為の仕組み作りから進めていくことになりました。


その取り組みの一つとして、これまで銀行間でしか共有されていなかった反社会的勢力の情報をより多くの機関と共有を開始。

銀行は審査を保証会社(主に消費者金融)に頼っていた部分があり、上手く情報共有が出来ていなかった為です。


警察庁のデータベースを利用

また、更に反社会的勢力か見極める精度を高める為、警察庁のデータベースを照会に利用出来ないか検討されることになりました。


反社会的勢力のデータを一番持っているのは警察ですから、このデータベースを照会材料として使えれば判断の精度を高めることが出来るからです。


そうして警察庁の協力も得て、今後は警察庁のデータベースも利用した審査へと変わることになったのです。

一度警察庁にデータを送った上での審査になる為に、事実上即日での融資は不可能になりました。


この審査の仕組みは2018年1月からスタートします。

1月以降は、審査結果が出るのは早くとも翌日になり、遅いと2週間ほどの時間が必要になるようです。


今後の銀行の動きについて

カードローンの融資残高が毎月公表される

そして、もう一つの問題点である貸付過多の解決に向けても取り組みを始めています。


「カードローンの融資残高が毎月公表」されるようになったのです。

こちらは、2017年10月からすでにスタートしています。


これによって、銀行側は貸付をより慎重にならざるえなくなります。

残高を公表するということは、高額融資を続けていればまた貸付過多を指摘されることになるからです。


今後、審査が厳しくなる可能性がある

貸付を慎重に行うということは、それだけ審査が厳しくなる可能性があるということ。

今までなら普通に借りることが出来た人でも、貸付残高を増やし過ぎない為に審査に通さない、という判断を下されることもあるかもしれません。


このような理由から、銀行の審査が厳しくなる可能性があることは認識しておいた方がいいでしょう。

まとめ

ここまで、何故銀行が即日での融資を停止することに踏み切った理由と、これからの審査について紹介してきました。

即日の融資が出来なくなるのは不便ですが、理由を考えると仕方がないと思う方も多いのでは。


ここでもう一度まとめてみましょう。

銀行はこれまで消費者金融と競うような形で急成長してきました。

これからは貸付にも慎重になり、私たちの生活の中で少し利用しづらいものになってしまうかもしれません。


しかし、多重債務者を減らす為であるという理由を考えると、銀行の信用性という部分でのイメージは上がるとも言えます。

これから利用を検討する材料の一つとして捉えるのも、悪くはないのではないでしょうか。