お金を即日借りたいサラリーマン

「まずい!今月ピンチになっちゃった・・今すぐにお金が借りたい。」

急に決まる給料日前の会社の飲み会、冠婚葬祭。
大人になると、学生時代のように「今回はお金が厳しいから行かない」と誘いを断ることも難しくなります。
お金がない状態でも、それを乗り切らなければならないことばかりです。

そんな時、即日でお金を借りることができれば、助かりますね。
給料日前で苦しいという顔は見せずにスマートに誘いに乗ることが出来ます。

この記事では、即日でお金を借りる為の条件をまとめてみました
また、即日融資を受けることで発生するメリットとデメリットについても解説。
参考にしてみてくださいね。

即日でお金を借りたいなら、知っておくべき条件とは

 

即日に融資を受ける為には、主に以下の5つの条件をクリアする必要があります。

  • 勤務先の営業時間内に申し込む
  • WEB完結で契約する為には、平日の14時までに申し込む
  • 無人契約機、もしくは窓口の営業時間1時間前までに申し込む
  • 借入希望額を低く申し込む
  • 金融機関によって異なる条件を確認して申し込む

では、一つずつ詳しくみていきましょう。

即日でお金を借りたいならその1:勤務先の営業時間内に申し込むこと

 

勤務先の営業時間内に申し込みをしなくてはならない理由は、「勤務先への在籍確認の電話連絡があるから」です。

金融機関はお金を貸したら、利息をつけて返済してもらわない限り、利益は出ません。
もし、利用者が嘘の申告をして、本当は働いていないのにお金を借りてしまったとしたら、完済出来る可能性は限りなく低くなってしまいますよね。
その為、利用者がお金を返せるだけの収入があるのかは絶対に確認しておきたいのです。

条件によっては在籍確認を免除されることも

 

ちなみに、条件によっては職場への在籍確認が免除されることもあります。

この条件は金融機関によって違いますが、共通して言えることは金融機関に「信用出来る人だと判断されること」です。

信用出来る人とは、例えば今まで一度もキャッシングの返済を遅延したことがない人であったり、借入金が少ない人であったりなど、借金を踏み倒す可能性が低いと思われる人のこと。
金融機関によってどの項目を「信用するに値する」と判断するかは違うということなのです。

ただし、信用に値する人物だと思われても、書類(社員証など)によって職場に在籍しているかどうかは確かめられます。
在籍確認なしでお金を借りれることはないので、注意しましょう。

即日でお金を借りたいならその2:WEB完結で契約する為には、平日の14時までに申し込むこと

無人契約機や店舗に行くことなく、完全にWEBだけで契約を済ませてしまいたい場合もあるでしょう。
その場合には、必ず平日の14時までにキャッシングの申し込みをしてください。

どうして平日の14時までに申し込む必要があるかというと、銀行の営業時間が平日の15時までだから。

WEBで借入契約を完結させる為には、自分の口座に振込融資をしてもらわなくてはなりません。
その為、銀行が振込を実行出来る時間でなければ、たとえ審査に通ったとしても振込融資してもらえないんです。

ちなみに、14時までの申し込みをしなくてはならないのは、審査の時間も考えているから。
審査にはどんなに早くとも30〜1時間ほどはかかります。
その時間を考慮して、14時までには申し込みを済ませておく方が良いのです。

即日でお金を借りたいならその3:無人契約機、もしくは窓口の営業時間1時間前までに申し込むこと

無人契約機であれば、基本的に土日平日関わらず22時(店舗、金融機関によって異なる)、窓口の場合には平日のみ18時(店舗、金融機関によって異なる)までです。
あくまで目安として、営業時間の1時間前までには申し込むようにしましょう。

インターネットでキャッシングの申し込み画面にいくと「24時間申し込み可能」と表記されていることもありますよね。
勘違いしてはいけないのは、24時間申し込むことは出来ても審査が行われる時間は限られていること。

審査は基本的に機械と人の手で行われていますが、人の手を使う部分は24時間対応は出来ません。
ですので、審査にも毎日締め切り時間があることを覚えておきましょう。
ただ、金融機関は締め切り時間を明確にはしていません。
審査にどれだけ時間がかかるかは利用者によって変わるからです。

例えば、初めての利用で借りたいお金も少なければ、すぐに審査が終わる場合もありますが、すでに高額な借入金がある場合には金融機関は慎重の審査を進めます。

それなのに「○時までに申し込みすれば、即日キャッシング出来ます!」なんて表記してしまえば、即日の借入が出来なかった利用者の怒りを買うことになってしまいますね。

その為、即日融資の審査締め切り時間は明確に表記されていないのです。

即日でお金を借りたいならその4:借入希望額を低く申し込むこと

 

借入希望額を低く申し込むことも、即日キャッシングを成功させる為に必要なテクニックです。

金融機関は貸したお金が利息と共に返済されることで利益を生み出していると解説しましたが、これが借入希望額にも大きく関わってきます。

借入希望額が少なければ、それだけ利用者の返済の負担は減りますよね。
その分、完済してくれる可能性は上がるので、金融機関としても審査には通しやすいと言えます。

即日でキャッシングしたい場合、今すぐにお金が必要なわけですから審査に通過しなければどうしようもありません。
まずは、審査に通過することを考え、借入希望額は少なめに申し込みましょう。

即日でお金を借りたいならその5:金融機関によって異なる条件を確認して申し込むこと

また、金融機関によって即日融資の為の条件が異なります。

例えば、SMBCモビットやアイフルの場合にはお急ぎの方限定のフリーコールを利用しなければ、即日での融資が出来ないことがあります

申し込みをする前に、即日融資をする際の条件がないか確認してみましょう。

銀行カードローンは即日融資に対応していないので注意

銀行カードローンは即日での融資に対応していません。
以前は銀行カードローンでも即日のキャッシングが出来たのですが、2018年1月から審査の内容が変更になり、借入の契約までに時間がかかるからです。

即日でお金を借りたい場合には必ず消費者金融に申し込みましょう。

次項からは、実際に即日融資を受けるメリットとデメリットについて、解説していきます。

即日融資のメリット

即日融資を受けるメリットは、主に以下になります。

  • すぐにお金が借りられるので、心の負担から解放される
  • お金があることで、人との繋がりを大切に出来る

お金がないと心は不安定になります。
そんな時にキャッシングできれば「当面はしのげるから、また頑張って働こう」と前向きな気持ちになれます。

また、お金があれば行けたはずの友人たちや会社の人との飲み会、冠婚葬祭などにも行けますね。
人との繋がりを大切に出来るのは、大きなメリットです。

即日融資のデメリット

では、即日融資を受けるデメリットについてもみていきましょう。

デメリットは主に以下になります。

  • 金利が高めの消費者金融を利用しなくてはならない

即日のキャッシングが出来る消費者金融は、銀行カードローンと比べて金利が高めです。
例えば、銀行カードローンは金利15%前後であるのに対して、消費者金融は18%前後。
約3%ほどの金利の差があります。

たった3%と思うかもしれませんが、返済に時間がかかればかかるだけ利息を取られてしまうので、最終的には大きな金額の差になってしまうことも。

即日でキャッシングをしたら、なるべく短期間で完済するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。
即日でキャッシング為の条件を見て、これなら自分にも出来そう!と思った方もいるのではないでしょうか。

最後にもう一度簡単にまとめてみましょう。

  • 即日でお金を借りたいなら、6つの条件を確認する必要がある
  • 即日でお金を借りたいなら、すぐにお金が手に入ること
  • 即日キャッシングのデメリットは、金利負担が大きくなること

今すぐにお金が必要になることは決して珍しくありません。
けれども、そんな時に何も調べずに「早くキャッシングしなきゃ」と慌てて申し込んでしまうと、失敗する可能性も高くなります。
いつも以上冷静になって確実にお金を借りることが出来るようにしましょうね。