青空

融資には、収入証明書や在籍確認が必要なんでしょう?
即日といっても、午前中から行動しないと間に合わないんでしょう…?

即日融資と聞くと、このように難しいイメージがありますが、ネットが発達した今の時代では、その日のうちにキャッシングすることは難しくなくなってきています。

そこでこの記事では、キャッシングで即日融資を受ける方法について解説していきます。

本人確認書類さえあれば、即日融資できる

即日融資は本人確認書類さえあれば可能

キャッシングの審査に必要な、給与明細などの収入証明書
これらは勤務先を介して交付されるものなので、急にお金が必要になったからといって、なかなかすぐに用意できるものではありません。

キャッシングといえば収入証明書、というイメージがある人は、それだけで即日融資を諦めそうになりますが、その心配はご無用!

消費者金融は原則、利用限度額50万円までなら、免許証などの本人確認書類の提出のみで借りることができます
(複数の消費者金融から借入れがある場合は、合算で100万円まで)

職場への在籍確認も、一時的に勤務証などの提出に代えてくれるなど柔軟な対応をしてくれる大手金融もあるため、即日融資のハードルは低くなってきています。

即日融資が受けられるキャッシング2パターン

即日融資が受けられる2つの方法

それでは早速、即日融資を受けるためにキャッシングする方法についてみていきましょう。
その日のうちにお金が借りられるための新規契約のキャッシングには、以下の2つの方法があります。

振込融資をネット申し込み

振込融資をネット申し込み

1つ目は、「振込融資」と呼ばれる方法で、 銀行などが使っている送金システムを利用して、自分の口座に直接消費者金融からお金を振り込んでもらう方法です。

振込融資を受けるまでの流れは、以下の通りです。

  • 自分の持っている口座に対応している消費者金融を探す
  • ネットで申し込み、審査結果をメールで受け取る
  • 身分証明書を画像添付で送信し、本人確認手続きを済ませる
  • 指定口座に希望額が入金される

消費者金融が対応している金融機関の口座があれば、手続き終了後すぐにお金を振り込んでもらうことができます。
楽天銀行などのネットバンク口座であれば、24時間対応可能なので、ネットバンク口座を1つでもお持ちの方は、それに対応している消費者金融を探すと良いでしょう。

ただし、一般的な銀行の場合、このシステムが使えるのは、銀行間の送金システムが稼働している平日の15時まで
審査の時間も考えると、遅くとも14時までには申し込みを完了させる必要があります

自動契約機でカードを発行

自動契約機でカード発行

即日融資を可能にする2つ目のキャッシングの方法は、自動契約機でカードを発行することです。
自分の口座にお金を振り込んでもらうのではなく、CD(キャッシュディスペンサー)と呼ばれる機械に差し込んで、お金を引き出すタイプのキャッシングですね。

郵送受取にすると、カードが届くまで1〜2週間かかってしまいますが、自動契約機は通常21時まで営業しているので、自ら赴いてカードを発行すれば、その日のうちにお金を引き出すことができます。

自動契約機でカードを発行するまでの流れは、以下の通りです。

  • スマホやPCからネットで申し込み
  • 審査結果をメールで受け取る
  • 身分証明書を持って自動契約機に行き、手続きを済ませてローンカードを発行
  • カードで提携ATMやCDからお金を引き出す

ネットで全てが完結する振込融資と違って、自動契約機に行く手間がありますが、1度発行すれば、いつでも借入ができるのがローンカードの強みです。

さらに、銀行口座を介することがないので、指定金融機関やネット口座がない人でも、即日で融資を受けることができます

即日融資を受ける時の注意点

即日融資の注意点

利用上限額が50万円までの少額の即日融資であれば、消費者金融の審査のハードルはそれほど高くありません。
実際、審査の通過率は40%を超えていますので、まず普通に働いている人であれば通ると考えて大丈夫です。

しかし、収入のない主婦や無職の方、そして、過去にブラックリスト入りした人などは、収入証明書を求められることが多いので注意しましょう。

また、キャッシングの申し込みの時間帯は、現金が必要になる機会が多い土日祝日や月曜日に、混雑することが多いようです。
銀行システムの稼働時間や、自動契約機の閉店時間に柔軟性はないので、余裕を持った申し込みを心がけましょう。

キャッシングを比較してみる

まとめ

いかがでしたか?
急に即日融資を受けることなんて無理だろう、と思ってしまいがちですが、普通にお勤めしている人であれば、案外誰でもすんなりお金を借りることができます。
今何時なのか、そして、その消費者金融は自分が持っている口座に対応しているのかなどをチェックして落ち着いて申し込めば、お昼過ぎでも十分に即日融資は可能です。
即日融資の可否を決めるのは、「口座と時間」と覚えておきましょう。