卒業式を迎え桜の前に立つ18歳

18歳に選挙権が付与され、その他の分野でも成人の年齢を引き下げようという議論がなされています。

とはいえ、金融や契約といった分野では、まだ年齢引き下げの話は出ていません。
基本的には20歳までは保護者の同意の下でしか、契約をすることができないのが現状です。

ただ、18歳というと、高校から大学に進学したり、仕事について社会人になったりという年齢。
制服で済んでいた高校と違い、大学では着るものも必要になりますし、遊びにかかるお金も増えますよね。
お仕事であれば、スーツや小物類などを一式揃えるだけでも結構な金額になりますし、夜のお付き合いなどの出費も増えます。

こうしたことを考えると、18歳は急激に出費が増える年齢であると言えるのです。

慣れない一人暮らしで固定費の支払いがピンチになったり、先輩などから断れないお誘いなどがあったりした時、どうしてもお金が必要になるかもしれません。
そんな時、即日融資可能なキャッシングなどで、何とかお金を借りられないかと考える人も多いはず。

今回は、18歳が即日キャッシングができるのか18歳でもできるオススメの借入方法について紹介していきます!

18歳の方は一般的なキャッシングの利用ができません

利用者が18歳の場合は消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンといった一般的なキャッシング方法を利用することは原則できません。

これらのキャッシングサービスを利用するための基本的な条件として、「成人(20歳以上)であること」「安定した収入がある(毎月一定額の収入を得ている)こと」の二つが挙げられます。
つまり、18歳である時点で、通常のキャッシング方法は利用できないということになります。

中古品を売ったり、何らかの会員になる場合などは、両親の同意があれば契約が可能な場合もあります。
ただし、キャッシングは別で、両親の同意があったとしても、お金を借り入れることはできません。

18歳は法律で守られている

その答えは18歳が法律によって守られているから。

18歳、つまり、未成年者による両親の同意がない契約は、民法第5条の規定で契約の取り消しが可能なんです。

民法第5条

未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
第1項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

この民法第5条の規定には、人生経験や社会常識が少なく、責任能力も未熟な未成年者を保護するという目的があります。
基本的には、未成年者にとってはありがたい法律と言えるでしょう。

ただ、この法律があるため、キャッシング会社はお金を貸すことに二の足を踏んでしまいます。
「お金を返してくれ!」と言った時に、「未成年者が勝手にやったので取り消します」と言われるとトラブルになりますよね。

特にお金というのは人間の欲望と密接に関わっており、トラブルになりやすいことから、キャッシング会社では事前にトラブルの種を摘んでいるというわけなんですね。

18歳を守るための法律によって、18歳はキャッシングが利用できなくなっているというわけです。

では、18歳が即日キャッシングする方法はないのでしょうか?
いいえ、諦めるのはまだ早いです。実は未成年であっても借入を行う方法は存在します。
具体的にお金を借りるための方法を見ていきましょう。

18歳が即日キャッシングするならクレジットカードのキャッシング枠!

18歳の方が即日キャッシングする方法としては、クレジットカードのキャッシング枠の利用が挙げられます。

金融系サービスの中でもクレジットカードだけは、保護者の同意があれば未成年でも作ることが可能です。
クレジットカードを作成する際、ATMなどで現金を引き出すことのできるキャッシング枠を申し込むことができるんです。

初めてのクレジットカードで学生の場合、与信枠としては5〜10万円程度になるでしょう。

このクレジットカードを持ち歩いていれば、お金に困った際には提携しているATMなどで、その場で現金を借入することができます。

事前準備が必要ではありますが、18歳で即日キャッシングできる方法としてはこれが最善と言えます。

未成年・即日OKの学生ローンには要注意!

お金を借りるだけなら、学生であっても学生ローンという方法があります。

学生証を掲示することで、アルバイトなどで安定収入がある場合には借入することが可能です。

ただし、学生ローンで未成年OK、さらに即日可能というような会社には、注意が必要です。

リスクの高い融資をするだけの別の目的があるのかも!?

未成年にお金を貸すというだけでも、返済能力にかなりの疑問符がつき、大手の金融機関は取り合ってくれません。
金融機関がそれだけリスクを負うということですね。

大手がやらないため、専門の金融機関がやることになるわけですが、リスクを負うからには、ローンの審査も慎重になるのが当然です。
しかし、それが即日で借入可能というのは普通に考えて怪しいですね。
リスクを負ってでもお金を貸したい事情があると考えるべきでしょう。

違法な金利設定がされていたり、個人情報を悪用しようとしている可能性があります。
もちろん、優良な経営者の善意の可能性を否定するわけではありませんが、お金に関することは少しでも疑わしい会社には近寄らないことが正解です。

18歳でも配偶者がいれば、即日キャッシングできる可能性あり

一部例外として、18歳の未成年者であっても、結婚して配偶者がいる場合には即日キャッシングができる可能性があります。
これは、民法第753条に定められた成年擬制という規定によるものです。

民法第753条
未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす。

未成年であっても、結婚して配偶者がいる場合は、家の契約やその他諸々の契約などを一人前の大人として行う必要があります。
そのため、民法上、成年として扱うというわけですね。

ただし、この成年擬制に該当される方でも、どの金融機関も成人と同じように扱ってくれるという訳ではありません。
あくまで対応してくれる可能性があるということです。

それでも、即日キャッシングに対応してくれる可能性は0ではありませんので、金融機関に問いあわせてみることをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

18歳が即日キャッシングする方法は、なかなかハードルが高いことがわかっていただけたかと思います。

最後に、今回の内容を振り返っておきましょう。

  • 18歳では通常のキャッシングは原則不可能!
  • もしもの事態に備えて、事前にクレジットカードを作成しておこう!
  • 未成年・即日OKの学生ローンは使用しない!
  • 18歳でも結婚して配偶者がいるなら、成人扱いされる可能性がある!

以上です。

18歳になると、出費の金額が大きくなります。
もしも、お金が必要になった時の場合に備えて、即日キャッシングできるよう、クレジットカードを1枚作成しておくのがオススメです。

進学、就職の記念に、ご両親にお願いして、お金に関しても大人の階段を登らせてもらうと良いでしょう。
ただし、くれぐれも使いすぎにはご用心くださいね!