リボ払いを一括返済しようか悩む女性

毎月の返済額を自分で設定出来るのが便利なリボ払い。

返済額を少なく設定することで、負担を少なくすることが可能です。

しかし、月の返済額を少なく設定すれば便利な分、完済までにかかる期間も伸びるので、利息手数料の負担も増えます。

ある程度まで返済が進んだらあとは一括で返済しようかな、と考える人も多いのではないでしょうか。

一括返済は、将来かかるはずだった利息の負担をカットすることが出来る、おすすめな方法です。

今回の記事では、その一括返済の方法と、おすすめする理由について解説。

リボ払いを一括返済しようか検討している方は、是非参考にしてみてくださいね。

リボ払いを一括返済すべき理由

 

さて、そもそも何故リボ払いを一括返済するのがおすすめなのでしょうか。

一番の理由は「利息手数料の負担が大きいから」です。

リボ払いだと利息が膨らむ

 

リボ払いは月々の返済額を自分で設定出来る仕組みですが、利息手数料は利用した金額だけ発生しています。

通常のクレジットカードの一回払いや分割払いなら、使った分だけ月の返済額が上がるので使い過ぎればすぐに分かります。

しかし、リボ払いの場合には限度額を超えない限り月の返済額が変わらないので、使い過ぎているか分かりづらいのです。

自分がリボ払いでいくら使っているか確認しないと、どんどん使ってしまいます。

何度もリボ払いをすると利息が分からなくなる

 

自分がリボ払いでお金を使い過ぎているということに気づかないので、返済で負担している利息手数料が増えていることも分かりません。

そうして最終的には、毎月の返済額のほとんどが利息手数料の支払いに消えてしまいます。

こうなると、完済までにかかる年数がどれくらいになるか分からなくなるのです。

一括返済をすれば、このように膨大な利息手数料の返済に追われることはありません。

今すぐリボ利用残高を全て払えるだけのお金があるのなら、一括返済がおすすめです。

リボ払いを一括返済する方法と注意点

さて、リボ払いの一括返済をおすすめする理由を解説してきました。

次は一括返済する方法について、紹介していきます。

利用している業者によって一括返済出来る方法が多少変わりますので、利用する前に確認してみましょう。

以下で紹介するのは、多くの業者が採用している一括返済方法になります。

口座引き落とし

一括返済をする場合には、利用している業者のサイトの個人ページか電話で先に申し込みが必要です。

多くのリボ払いは定額を口座引き落としで返済しているはずですので、一括返済の申し込みをした後は返済用の口座にお金を入れておくだけです。

ただし、業者によって一括返済の申し込み期限が異なっており、例えば楽天カードであれば当月10日までに申し込みが出来ないと、一括返済出来るのは翌月となります。

注意するようにしましょう。

銀行振込・ATMで支払い

口座引き落としと同様に事前に業者サイトの個人ページか電話などから申し込みが必要です。

口座への振り込みやATMでの支払いは返済日は固定されません。

一括返済の申し込み期限もあるので、申し込み時に確認しましょう。

また、振り込み手数料などは自己負担になることが多いです。</p>

一括返済時の注意点

口座引き落としの場合、特に申し込みの期限内での申し込みが重要です。

リボ払いは返済日まで利息手数料がかかる為に、一括返済を翌月に回されてしまうとその分が損になるからです。

また、銀行振り込みやATMでの支払いで一括払いをする場合であっても、次回の引き落とし金額が確定している場合には、引き落とし予定金額を除いた残高のみが対象となることがあります。

そうなると同様に、一括で返済するまでに余計な利息手数料がかかってしまいます。

一度の手続きで完済させる為に、今月は一括返済が出来そうだと分かった時点で、すぐに利用業者のサイトを確認しましょう。

まとめ

いかかがでしょうか。

今回は、リボ払いの一括返済をおすすめする理由と、その方法について解説してきました。

リボ払いは利息が膨らみやすい特徴がある為に、一括返済がおすすめなんですね。

最後に、もう一度簡単におさらいします。

  • リボ払いは利息が膨らみやすい仕組みがある
  • リボ払いの一括返済をする場合には、事前に申し込みが必要
  • 一括返済の方法は、主に口座振替と銀行振り込み、ATMでの支払い
  • 毎月の一括返済申し込み期限までに申し込まないと、利息が余計にかかる
  • 振り込み手数料等は自己負担になることが多い

リボ払いは便利なのでついつい利用しがちです。

しかし、リボ払いの利息が負担になりやすい仕組みを甘く見て、利用を続けるのは危険です。

全額を返済出来るだけのお金があるなら、是非リボ払いの一括返済を検討してみてくださいね。