リボ払いについて悩んでいる男性

「リボ払いって危険だって聞くけど、どれくらい危険なの?」

「金利手数料って何?そんなに沢山かかるの?」


こんな風に思っている方は多いのではないでしょうか。

確かに、根拠も知らない状態で「危険」だと言われても、「危険なんだろうな」という漠然としたイメージしか持てないですよね。

しかしその状態では、いざ使おうか判断しようとした時に迷ってしまいます。


リボ払いが危険な理由やどれくらいのリスクがあるのかという事、利用する上での注意点を知っておけば、利用しようと考えた時の良い判断材料になるんですよ。


この記事では、リボ払いの金利手数料の仕組みから詳しくご紹介していきます。

また、利用する場合に重視するべき点についても解説

参考にしてみてくださいね。


リボ払いとは?

リボ払いとは、毎月の返済額を一定にすることが出来る支払い方法のことです。

簡単に言うと、月に10万円の買い物をしていたとしても、月々の返済額を5,000円に設定していれば月に返済する額は5,000円(またはプラス手数料)になるということ。


主に以下の2つの方式が金融機関によく採用されています。

どちらが採用されているかで、返済額は変わります。

  • 残高スライド元利定額リボルビング方式
  • 残高スライド元金定額リボルビング方式

この方式は、「残高スライド方式」とそれぞれ「元利方式」「元金方式」が合わさって出来た支払い方式になります。

同時に説明すると分かりづらくなってしまうので、分けて説明していきます。


元利方式と元金方式の違い

まず、元利方式と元金方式の違いの説明からです。

  • 元利方式
    毎月決まった額のみ返済していく支払い方式のこと
    例)
    毎月1万円に設定していた場合
    1万円(元金+利息)のみの返済
  • 元金方式
    毎月決まった額を元金返済にあてる支払い方式のこと
    例)
    毎月1万円に設定していた場合
    1万円(元金)+利用残高分の利息の返済

それでは、次は残高スライド方式についての説明に移ります。


残高スライドとは

毎月の返済で利用残高が減っていくにつれて、返済額も下がっていく仕組みのことです。

分かりづらいと思うので、例を出してみましょう。


例)

利用残高が20万円以内の場合:5,000円

利用残高が20万円以上の場合:1万円・・など


この利用残高によって変わる返済額については、金融機関によって設定されている場合が殆どです。


さて、それでは実際にどれくらい手数料がかかるのか見てみましょう。


実際にリボ払いではどれくらいの手数料がかかるのか

楽天カードのリボ払いシミュレーションを使って、計算してみました。


例1)

10万円を月に5,000円ずつ返済(実質年率15%)

残高スライド元金定額リボルビング方式を採用

回数 お支払い金額 元金 手数料 支払い後残高
1 6,250 5,000 1,250 95,000
2 6,187 5,000 1,187 90,000
3 6,125 5,000 1,125 85,000
中略
18 5,187 5,000 187 10,000
19 5,125 5,000 125 5,000
20 5,062 5,000 62 0
累計 113,120 100,000 13,120 0

計算の結果、利息は全部で13,120円かかり、返済までに20ヶ月(1年と8ヶ月)かかることが分かりました。


リボ払いが危険な理由とは

シミュレーションの結果を見て、「リボ払いは危険っていうけど、なんだこんなもんか」と思った方もいるかもしれません。

ですが勘違いしないで欲しいのは、このシミュレーション結果は10万円を借りた後に一度も追加で借入をしなかった場合のものということ。

実際には、返済した5,000円プラス返済後の残高にかかる手数料を支払うことで、利用限度額まで追加でリボ払いで買い物ができるようになります。

つまり、完済するまでは最終的に利息手数料がいくらかかるのか分からないんですね。


以下から危険性を詳しく見ていきましょう。


追加でリボ払いを使うことが危険

何故危険なのかというと、利息手数料の増え方が大きいからです。

どれくらい増えるのか、計算してみましょう。


例2)

上記で紹介したシミュレーションの条件は変えずに、1回目の返済を終えた後(1回目の返済で残高が5,000円減っている状態)で、更に10万円を借入した場合。

回数 お支払い金額 元金 手数料 支払い後残高
1 7,437 5,000 2,437 19,0000
2 7,375 5,000 2,375 185,000
3 7,312 5,000 2,312 180,000
中略
37 5,187 5,000 187 10,000
38 5,125 5,000 125 5,000
39 5,062 5,000 62 0
累計 243,740 195,000 48,740 0

利息総額は48,740円になり、支払い期間は39ヶ月(3年と3ヶ月)になりました。

例1で紹介したシミュレーションの利息手数料は13,120円だったので、なんと2倍以上増えていますね。


何故こんなことが起こるのかというと、借入金が増えているのにも関わらず支払いは5,000円プラス手数料のみだから。

毎月の返済で残高は5,000円以上減ることがないので、それだけ支払い回数が伸びて利息手数料の負担額も増えているということなんですね。


元利方式を採用している場合は更に注意が必要

今回シミュレーションした「元金方式」を採用している場合には、指定した金額プラス残高分の手数料の支払いをしていくことになるので、残高が増えているのが分かります。

問題は「元利方式」を採用したリボ払いを利用する場合です。


元利方式の場合、毎月の返済額を5,000円に設定すれば5,000円の中から利息の支払いをするので、追加でリボ払いを利用したとしても返済額が変わらず、借金をしている感覚が鈍くなります。


その結果、自分が支払える限度を超えた借入をすることに繋がってしまうんですね。

これがリボ払いが危険な理由です。


どうしてもリボ払いを使いたい時はどう使うべきか

リボ払いの危険な点をご紹介しました。

それでも使いたい、もしくはすでに使っているという方はいますよね。


その場合には、以下の2点を重視してください。


毎月の返済額を上げる

リボ払いは支払う回数が多くなるだけ、利息手数料の負担が大きくなっていきます。

毎月の返済額を上げて、出来れば1年くらいで完済することを目標としましょう。


支払う回数さえ減らせれば、それだけ利息手数料の負担をおさえることが出来ます。

ただし、あまりに返済額を上げると返済困難になる可能性もあるので、注意してくださいね。


最初に支払い回数を決め、追加でリボ払いを使わない

追加で利用さえしなければ、分割払いと同じような使い方をすることが可能です。


利用する前にシミュレーション機能を使って、返済額と支払う回数を決めてしまいましょう。

リボ払いの毎月の返済額を決めることが出来るという利点は、ここで使うしかありません。

支払う回数が予め分かっていれば、今いくら残高が残っているか分かるので、いつ返し終わるか分からないという事態に陥ることを防ぐことが出来ます。


まとめ

この記事では、リボ払いの危険な点と金利手数料の仕組みを紹介してきました。

リボ払いは危険だと認識していた方も、どうして危険なのか知ることが出来たのではないでしょうか。


最後にもう一度まとめてみましょう。

  • リボ払いは支払い方式によって、返済時に支払う額が変わる
  • リボ払いの危険な使い方は、追加で利用すること
  • 元利方式のリボ払いを利用すると、元金がどれくらい減っているか分かりづらい
  • リボ払いを使うなら、毎月の返済額を可能な限り上げること
  • リボ払いを使うなら、最初に支払う回数を決めて追加で利用しないこと

リボ払いは月々の負担をおさえることが出来るので、使い方によっては便利なものです。

しかし、利用残高が分からなくなるような使い方をすることで、一気に危険なものへと変わります。

いつでも自分の利用の仕方次第なんですね。

便利なものを便利に使う為に、仕組みを理解して利用するようにしましょう。