リボ払いとカードローンについて悩む人

「もう少し、お得に返済できないかな」

クレジットカードのリボ払いとカードローンの両方を返済する生活だと、ふとそう思いませんか。

利息の負担が多いのではないか、損をしているのではないか、という不安もありますよね。

また、リボ払いは危険だと聞くことも多いのでは。

カードローンもリボ払いで返済、クレジットカードでもショッピングでリボ払いを利用中という場合であれば尚更、まずはどちらかを完済してしまうべきなのか悩むものです。

そこでこの記事では、クレジットカードのリボ払いとカードローンを同時に返済する場合、どちらかを先に完済した方がお得になるのか解説。

是非参考にしてみてくださいね。

リボ払いとカードローンの特徴とは

 

まずは、改めてリボ払いとカードローンの特徴をみていきましょう。

クレジットカードもカードローンも、リボ払いを返済の方法として選べます。

リボ払いが危険だと言われる理由は、その特徴からです。

リボ払いの特徴

リボ払いとは、毎月の返済額を自分で決めることが出来る返済方法のことです。

その為、「利用限度額を超えない限りずっと定額の返済」をすることができ、自分の返済能力以上の額であっても利用可能です。

ショッピングのリボ払いは平均年率15.0%(消費者金融などでいう金利15.0%と同等)の手数料、いわゆる利息がかかります。

リボ払いを利用すると、この利息分が高額になりやすい仕組みなのです。

また、一般的に以下のような返済方式があり、利用する業者が採用している支払い方式によって返済額が変わります。

  • 元利定額リボルビング方式
    この方式は、設定した返済額の中で元金と利息の返済をしていくので、返す額は毎月一定です。
    例)毎月5000円を返済額にした場合
    →5000円(元金返済分+借入残高に応じた利息)の返済
  • 元金定額リボルビング方式
    この方式は、月々の返済額で固定されるのは元金の返済分のみです。
    利息は毎月加算されてかかります。
    例)毎月5000円を返済額にした場合
    →5000円(元金返済分)+借入残高に応じた利息の返済

この他にも、借入残高に対して返済する割合を固定して支払いをする「定率リボルビング方式」や、借入残高が減るにつれて返済額が変化する「残高スライド元利定率リボルビング方式」と呼ばれるものもあります。

しかし、リボ払いの基本的な方式としては上記を知っていれば充分な為、今回は割愛します。

カードローンの特徴

 

カードローンはお金を直接借りるので、最初の借入審査の段階で「借入限度額」が決まる特徴があります。

必要になった時に借入をするという利用方法で、限度額を超えなければ何度も借りることが可能です。

金融機関によって異なりますが、平均は金利14.0〜18.0%ほどです。

クレジットカードのリボ払いは金利15%と同等程度の手数料なので、カードローンの方が少し高めです。

カードローンは、リボ払いの他に一括払いも返済方法として選択出来ます。

リボ払い分とカードローンのどちらかを先に完済すべきかの判断基準

 

両者の特徴を改めて確認したところで、実際にどちらかの完済を進めていくべきかの解説に入ります。

判断するための基準は、以下の二つです。

  • 適用されている金利
  • 借入している残高

詳しく見ていきましょう。

適用金利を確認する

 

まずは、クレジットカード会社のリボ払いとカードローンに適用されている金利を確認しましょう。

一般的にクレジットカード会社のリボ払いで適用されているのは年率15.0%の手数料なので、ここで特に確認するべきはカードローンに適用されている金利です。

適用されている金利が15.0%を下回っているのであれば、カードローンでリボ払い分を完済した方が利息がお得になるかもしれませんが、金利だけで判断してはいけません。

借入の残高を確認する

 

次に確認するのは、リボ払い分とカードローンそれぞれの借入残高です。

リボ払い分とカードローンの借入残高を二つ足しても、現在借りているカードローンの借入限度額をオーバーしないか確認してみましょう。

オーバーしないようであれば、先にリボ払い分を完済してしまった方が、利息はお得になります。

返済時の注意点

ただし、クレジットカードのリボ払い分を完済した後は、カードローンの返済に専念しましょう。

新たにクレジットカードでリボ払いを使えば、せっかく利息分お得になっているのに意味がなくなります。

少しでもお得に返済したいと思っているのなら、まずは完済に意識を向けることが一番です。

また、クレジットカードのリボ払い分の完済用に新たにカードローンを組むのは、あまりオススメ出来ません。

そのカードローンがいくら低金利でも、追加で借入してしまえば借金が増えてしまうからです。

あくまで、クレジットカードのリボ払い分とカードローンの返済を同時にしている場合の方法だと考えましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

クレジットカードのリボ払いとカードローンの返済、どちらかを完済すべきか判断出来る基準について解説してきました。

どちらかを先に完済すれば、必ず利息は安くなるということでもありませんでしたね。

ここでもう一度、まとめてみましょう。

  • リボ払いは、利息が膨らみやすい仕組みになっている
  • カードローンは、借入限度額内で何度も借入が出来る
  • 金利と借入限度額を確認することで、どちらかを先に完済すべきか判断出来る
  • リボ払い分の完済用に、新たにカードローンを契約するのはおすすめ出来ない

クレジットカードでのショッピングによるリボ払い分と、カードローンの返済をしていると、利息だけで大きな損をしている気持ちになる方も多いのではないでしょうか。

しかし、無理に返済先を一つにまとめても、逆に利息が増えてしまうこともあるんです。

今以上に利息の負担が増えることのないよう、リボ払いでのお買い物やカードローン利用をおさえて、完済を目指してくださいね。