リボ払いの返済で利息がいくらかかるか不安な女性

リボ払いを使っていると便利な反面、返済に不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

いくら使っても、限度額を超えなければ毎月一定額の返済。

その分、利息手数料を今いくら払っているのだろう、いつ完済出来るんだろうと思ってしまいますよね。

リボ払いは、使い方を間違えると大変危険な返済方法です。

どんなに便利でも、ずっと利用するのはおすすめ出来ません。

利用する期間が長くなればなるほど、大損するような仕組みだからです。

今回の記事では、リボ払いの返済で大損してしまわないように、対策を解説。

その対策として、利息手数料の計算方法を紹介します。

参考にしてみてくださいね。

リボ払いの仕組み

まずは、リボ払いの仕組みから解説していきましょう。

リボ払いの返済で大損してしまう人がいるのは、仕組みが原因です。

この仕組みを理解していない状態でリボ払いを使うのは危険です。

おさえておきましょう。

リボ払いは一定額の返済

 

リボ払いは、返済額を毎月一定額にする返済方法のことです。

例えば5万円使ったとしても、返済額を5,000円に設定したのなら、返すのは5,000円です。

これは翌月に追加で1万円使ったとしても同じです。

ただし、もっと正確に言うならば、ある程度返済が一定になる、です。

リボ払いには複数の支払い方式があり、そのどれが採用されているかによって多少返済額が変わるからです。

例えば、リボ払いの返済方式が「元金定率リボルビング方式」であった場合には、毎月の返済額が元金返済分+発生した利息手数料になるので、金額は一定になりません。

採用されている支払い方式については、利用する業者のホームーページに記載がされていますので、そちらを参照してみてください。

しかし、どの支払い方式だったとしても、利息手数料が多少違ったりするだけなので、すぐに返済が出来なくなるような事態にはなりません。

このことが利用残高を確認しない原因にもなります。

返済能力を超えた借入に繋がる

 

返済額はほぼ一定額なので、リボ払いを使い過ぎていたとしても自分で気づくことが難しくなります。

その為、自分の返済能力を超えた額であっても使ってしまいます。

そうして、リボ払いの恐ろしさに気づくのは、利用限度額に達した時などの事態が深刻になってから。

この段階になると、利息手数料は元金の何倍にも膨れ上がってしまっています。

その結果、大損してしまうことになるのです。

リボ払いで大損しない為には

リボ払いの危険な仕組みについて解説しました。

ここからは、リボ払いで大損しないためにできる対策について紹介していきます。

リボ払いは利用を続けていると、知らぬ間に利息手数料が膨れ上がってしまう仕組みを持っています。

この対策をする為には、返済時に利息手数料がいくらかかっているか、都度確認することです。

リボ払いで利息がいくらかかるか計算する方法

 

利息がいくらかかっているか確認する為には、自分で利息を計算する必要があります。

ここからはその方法について、解説していきましょう。

まず、利息手数料の計算式は以下になります。

利用残高×実質年率÷365×利用した日数

リボ払いの利息手数料は、年率で計算されています。

ショッピングリボの場合、多くの業者は年率15%です。

キャッシングでのリボの場合には、銀行だと14%前後、消費者金融だと18%前後であることが多いです。

この式を使って、実際に例を出して計算してみましょう。

例)年率15%で10万円リボ払いをした時、1ヶ月(30日間)にかかる利息

10万円×0.15÷365×30=1,233円

この場合、5,000円を毎月返済することにしているのならば、そのうちの1,233円は利息返済になります。

返済を続けて利用残高が減れば利息の負担額も減るので、1,233円以上の利息をこれから負担することにはなりません。

ただし気をつけて欲しいのは、このような利息の計算になるのは、この後に一切リボ払いを利用しなかった場合のみということ。

何度も利用すると、利用残高はその都度増えてしまうので、負担する利息の計算は困難になります。

リボ払いの使用を一回におさえる

リボ払いの利息の計算を困難にしない為には、一度リボ払いを使ったらその後に利用しないことです。

どうしてもお金が足りない、という時に一度だけ利用して、その後は返済するだけにしましょう。

そうすれば毎月利用残高が減るので、どれくらいで完済出来るかという目処も分かります。

リボ払いは何度も使って利用残高を増やしてしまうことで、利息手数料の負担を大きくしてしまう人が多いです。

そのような危険な使い方をしないことが、大損しない為に大切なことなのです。

まとめ

 

いかがでしょうか。

この記事では、リボ払いで大損しない為に知っておきたい利息の計算方法について、解説してきました。

何度も利用して利息が大きくしてしまうことが、大損してしまう理由だと分かったのではないでしょうか。

ここで、簡単におさらいしてみましょう。

  • リボ払いは毎月一定額の返済なので、利用残高がいくらになっているか気づきにくい
  • 返済時に都度利息がどれだけかかっているか、確認することが重要
  • 利用残高が増え続けてしまうと、利息の計算は困難になる
  • リボ払いは1回だけの利用にすることで、利息の計算がしやすくなる

リボ払いは毎月の返済額が一定になるので、うまく使えばとても便利な返済方法です。

しかし、便利な一方で、自分の返済能力を超えた借入にも繋がる危険な返済方法でもあります。

大損しない為には、自分が返していくお金なんだという認識を持ち、常に返済額がいくらになっているか確認していくようにしてくださいね。