金利のことを知ってショックを受ける男性

キャッシングをすると、必ず目にすることになる「金利」という文字。

ATM手数料みたいなものなんだろう、と甘く考えている方はいませんか?

実はその考え方、とても危険なんです。

金利を考えないでキャッシングしていると、知らない間に高額の利息を払うことになってしまうんですよ。

今回の記事では、キャッシングをするなら絶対に知っておきたい金利について解説。

金利について知れば、一番お得に借入出来る方法を選択することが出来るようになりますよ。

是非、参考にしてみてくださいね。

キャッシングの金利とは

金利とは、お金を借りる時に元金にかかる使用対価のこと。

詳しく解説していきましょう。

金利は利息を決める際に使われる

 

金利と同じく、キャッシングをする際によく見る言葉に「利息」があります。

キャッシングでは元金と一緒に利息を返済するので、こちらの方が見覚えがある方が多いのではないでしょうか。

利息は、支払う手数料そのものを指して使われます。

金利が使われるのは、1年間に発生する利息の割合を決める時です。

例えば、金利18%と書かれていたのなら、1年間で元金に対して18%の利息が発生します。

すなわち、金利の割合によって利息が月にいくらかかるか決まるんですね。

割合が高いと、それだけ月にかかる利息は高額になります。

キャッシングで適用される金利は人それぞれ

 

人によって適用される金利は違います。

そして、自分で決めることは出来ません。

例えば、年収が200万円で10万円借りる人と、年収が1000万円で200万円借りる人がいたとしたら、どちらの方が金融機関としてお金を借りて欲しいと思うでしょうか。

状況にもよるので一概には言い切れませんが、基本的には年収が高い人に高額を借りて欲しいと考えるでしょう。

何故なら、返済出来そうな人が高額をキャッシングしようとしているからです。

高額な借入の場合には利息も高額になるので、なんとか借りて欲しいと金利を引き下げます。

また、金融機関との信頼関係で引き下げられることも。

どちらも、しっかりと返済して利息を払ってくれそうな優良な顧客を離さない為です。

このような理由から、人によって適用金利は変わるのです。

ただし、一番最初から低金利を提示してくれることは滅多にないということは覚えておきましょう。

金利の違いで利息額はどれほど変わるのか

では、金利の違いでどれほど利息の額が変わるのでしょうか。

返済シミュレーションを使って調べてみましょう。

例)10万円をキャッシングして、1年間で完済する場合の利息負担額

金利15%→8,304円

金利18%→10,011円

なんと、3%金利が違うだけで約2,000円もの利息の差が出るんです。

この差は、高額の借入をすればするほど、また完済までの期間が伸びれば伸びるほど、大きなものになります。

キャッシングの利息の負担を少なくする方法

金利を自分で決めることは出来ませんから、少しでも負担を少なくする努力が大切です。

ちょっとの努力で、利息の負担額はグッと抑えることが出来ます。

低金利の金融機関でキャッシングする

一番最初に考えるべきは、低金利の金融機関でキャッシングするということです。

月にかかる利息は金利の割合によって決まる訳ですから、少しでも低金利な金融機関でキャッシングした方がその分負担を減らせるんです。

では、低金利な金融機関でキャッシングする方法を詳しく見ていきましょう。

上限金利が低いところでキャッシングする

 

各金融機関のホームページには、金利2.0〜14.0%、というように適用金利が載っています。

この時、見るべきなのは14.0%の方です。

適用金利はこの14.0%より上にはなりませんよ、という意味だからです。

これを上限金利、と言います。

低金利な金融機関でキャッシングをしたいのなら、上限金利が低いところを探しましょう。

上限金利が低い金融機関であれば、確実に低金利でキャッシングすることが出来ます。

繰り上げ返済をする

 

他に金利の負担を減らす方法としてあげられるのは、繰り上げ返済です。

利息は借りている元金に対して発生しています。

その為、早く元金を返済していけば、それだけ負担を減らすことに繋がるんです。

また、繰り上げ返済は元金が多く残っている時にすることが出来ればより効果的です。

繰り上げ返済の方法

繰り上げ返済をする場合、事前に金融機関に申し込みしなくてはなりません。

申し込みの方法は、インターネットと電話です。

当月に繰り上げ返済をする場合には申し込み期限もあるので、ホームページでの確認が必須になります。

繰り上げ返済の方法は主に以下の3種類です。

  • 口座引き落とし
  • 銀行振込
  • ATM支払い

対応している方法は金融機関によって異なるので、連絡を入れた際に確認しましょう。

また、繰り上げ返済にかかる手数料については自己負担になることが多いので、注意してくださいね。

まとめ

今回の記事では、キャッシングの金利にフォーカスを絞って紹介してきました。

金利についてあまり知らなかった方も、なるべく低金利な金融機関でキャッシングしたいと思ったのではないでしょうか。

ここで、まとめてみましょう。

  • キャッシングをすると必ず金利がかかる
  • 金利は月にかかる利息額を決める為に利用される
  • 適用される金利を自分で決めることは出来ない
  • 低金利な金融機関は、上限金利を見て選ぶ
  • 繰り上げ返済をすれば、利息負担額を減らせる

キャッシングする以上、金利は必ず負担しなくてはならないもので、避けることは出来ません。

けれども、少しの工夫で低金利な金融機関を探すことができ、また利息の負担も減らすことが出来るのです。

お金を借りたいと思う時は焦ってしまいがちですが、ここは少し冷静になって、上限金利を比べてからキャッシングをしてくださいね。