無審査で即日融資を考えているサラリーマン達

急な出費でお金が足りなくなることは、誰にでもあります。
審査に落ちるかもしれないという不安と、即日でお金がどうしても必要なんだという焦り。
「なんとか、無審査で即日融資してくれないだろうか」なんて考えが頭をよぎることもあるでしょう。

ただその考えが浮かんだ後、実際にそんな金融機関はないか?と探すのは、とても危険なんです。

今回の記事では、今すぐにキャッシングしたいと焦っている方が冷静になれるように、申し込み前に考えることについて解説していきます。
また、お金に困っている方が知っておくべき機関についても紹介。
参考にしてみてくださいね。

無審査で即日融資は可能なのか?キャッシングの審査がある理由とは

 

まずは、金融機関が審査をする理由から解説しましょう。

世の中の殆ど全ての企業は、利益を生み出さなければ経営を続けていくことが出来ません。

金融機関の場合はちょっと特殊で、商品やサービスを買ってくれたらそれで利益が出る訳ではなく、利用者がお金を借りた後に利息をつけて返済してくれなければ利益は出ません。

もし、金融機関が誰にでもお金を貸すスタイルで経営していたら、中にはお金を返さない人も出てくるでしょう。
返済してくれる人がどうか見極めた上で融資しなければ、損をするばかりになってしまいますよね。

利用者がお金を返してくれず、金融機関が損をする状態のことを「貸し倒れ」と言います。
その貸し倒れが起きないように、審査を行なっているのです。

審査で確認しているのは「返済能力がある人かどうか」

 

金融機関がキャッシングの審査で一番知りたいことは、「返済能力がある人かどうか」です。
返済能力については主に、お金を返していけるだけの収入があるかということをさします。
返済できるだけの収入がなければ、お金を返すことも出来ないと判断するからです。

他にも審査では、「信用情報」も確認します。
主に個人を特定出来る情報と、これまでの金融機関との取引内容が登録されている情報のことです。

信用情報を確認することで、キャッシングを希望する利用者に今どれだけの借入金があるのか、毎月返済出来ているのか、等の情報も知ることが出来ます。
どんなに収入があっても、今すでに返済が滞っているような利用者は返済能力があるとは言えません。
そんな利用者がいないか、確認しているんですね。

無審査で融資してしまうと、利益を出し続けることができない

通常、金融機関が利益を出して営業を続けていく為には、審査に大変な労力を使わなければいけないのです。
それだけ、お金を扱う経営は難しいということです。

即日での融資を可能にしているのは、企業努力

お金を借りたいと思う人が早くキャッシングできるように、迅速にでも確実に返済能力がある人だけを審査に通すのは、並大抵のことではありません。
「即日での融資を可能」にしている大手消費者金融は、企業努力の賜物ということですね。
金融機関が私たち利用者のことを考え、経営を続けてくれているのです。

即日融資を無審査で行うのは闇金融だけ

 

金融機関は営業を続けていく為に審査をしているという解説をしてきました。
それでは、無審査で即日融資を行う金融機関は、一体どんな風に利益を出しているのかと思いませんか?

無審査でお金を貸すということは、その利用者が無職であっても貸付するということ。
お金が返ってこないかもしれないのに貸すなんて、なんて太っ腹なんだと思いますよね。

しかし残念ながら、無審査で即日融資をする金融機関は決して太っ腹ではありません。
むしろ、非道で情け容赦のない金融機関だと言えます。
法律違反の金利でお金を貸し、どんな手段を使ってでも返済させようとしてくるのです。

そんな金融機関のことを一般的に闇金融(または違法賃金業者)と呼びます。

即日融資、無審査の言葉に騙されないで!闇金融で借入すると起こること

 

さて、闇金融について更に詳しく解説していきます。

闇金融が主にターゲットにしているのは、キャッシングしたくて焦っている人です。
ターゲットに向けて、「無審査で融資」や「誰でも今すぐ借りれる」等、アピールします。

その甘い言葉につられて闇金融でキャッシングしてしまった場合、起きるのは以下のことです。

  • 高い金利の負担
  • 乱暴な取り立てにあう

一つずつ解説します。

無審査で即日融資を受けると起こること1:高い金利の負担

 

闇金融は、法律で決まっている金利を守りません。
法律を守った金利で営業すれば、審査をしない限りは損しかしないからです。

闇金融によって異なりますが、一般的に使われているのはいわゆる「トイチ」という金利です。
これは、「10日で1割の利息が発生する」という意味。
この金利が適用された場合、10万円キャッシングしたら10日で1万円の利息がつきます。

大手消費者金融などで借りれば、10万円借りて1ヶ月にかかる利息はおよそ1,479円。
10日で1万円の利息を取られることが、どれだけ高い金利であるか分かるのではないでしょうか。

しかも、10日で1割の金利は10日経つごとにかかります。
先ほどの例で例えると、10日で11万円に増えた借入金は、20日後には11万円の1割が利息として増えます。
完済しない限り、高い利息を負担し続けることになるので、雪だるま方式で借金が増えてしまうのです。

じゃあ早く元金と利息を完済すれば良い、と考える方もいるかもしれませんが、それも危険な考えです。

わざと完済させないようにすることも

闇金融は、返済できそうな人からはいくらでもお金をむしり取ろうとします。
頑張って返そうとすればするほど、もっと利息を負担させようとするのです。

例えば、完済できそうな人がいたらわざと返金用の口座を教えなかったり、間違った口座を教えたり。
他にも、連絡が取れないようにする場合もあります。
それもこれも、完済してしまえばその人から利息という利益を得ることができなくなるからです。

無審査で即日融資を受けると起こること2:乱暴な取り立てにあう

 

また、闇金融はどんな手段を使ってでもお金を回収しようします。

深夜に家へやってきて何度もインターホンを鳴らしたり、怒鳴り声をあげたりするのは勿論、実家や勤めている会社にも嫌がらせ行為をします。
例えば、会社の電話に大量に着信を残したり、大量のFAXを送りつけたり。
また、家にピザや寿司などを勝手に大量に注文して届けさせたり等、嫌がらせと思われるようなことは殆ど手当たり次第されると思って間違いないです。

ひどい場合になると、家の鍵を勝手に交換されて家に上がり込まれ、財産となるようなものは根こそぎ持っていってしまうこともあります。

闇金融を利用すると、それくらい乱暴な取り立てにあうのだということを覚えておくようにしましょう。

お金に困った時に頼れる機関とは

どうしてもお金がなく、もう闇金融に手を出すしかない・・と思っている方もいるでしょう。
そんな時、闇金融に頼る前に相談出来る機関が主に以下の三つです。

  • 日本弁護士連合会
  • 日本司法書士連合会
  • 日本司法支援センター 法テラス

弁護士や司法書士に相談する場合、最初は無料な場合が多いです。
まずは、悩みを聞いてもらい冷静になるところからスタートしましょう。

また、借金の問題を相談することで、どうすれば現状を打開できるのか知ることができるので、新たな生活への第一歩とすることも出来ます。
是非、相談することを検討してみてください。

まとめ

ここまで、無審査で即日融資をしてもらいたい人が考えるべきことについて、解説してきました。
焦る気持ちのままだと闇金融を利用してしまい、危険な目にあう可能性があるとわかっていただけたのではないでしょうか。

最後に、簡単にまとめると以下のようになります。

  • 金融機関は、審査をすることで利益を安定させ経営している
  • 無審査の金融機関は、闇金融
  • 闇金融を利用すると、高額な利息負担や乱暴な取り立てにあう
  • お金に困った時は、闇金融で借りる前に相談できる機関がある

お金に困ることは、何も珍しい話ではありません。
金額の大小はあれど、生きていく上で多くの人が体験することだからです。
しかし、なんとか無審査で即日で融資を受けたいと焦って、闇金融を利用することはだけはやめましょう。
取り返しのつかない事態になる前に、まずは冷静になって相談できる機関に行くことが、最善の手段です。