整理屋は適当な仕事で法外な報酬

整理屋は、『債務整理を請け負う』と声をかけ法外な手数料を請求するインチキ業者のことです。 弁護士を装ったり弁護士と提携して声をかけてくるので、利用者はだまされやすいのですが、まともな債務整理案を作ることはありません。 法外な報酬に加え、最悪の時には返済金を請求してくるようになるので、債務整理を持ちかけてくる業者には注意しましょう。 事務所に訪れた際に弁護士や司法書士が立ち会わず、変わりに事務長という怪しい事務員が相談する場合は整理屋といって間違いないです。 少しでも怪しいと思ったらまずは弁護士会に問い合わせ、その弁護士が所属しているのかどうかを確認するようにしてください。

正規業者になりすますヤミ金業者の手口

ヤミ金業者は、違法なので表立って営業することはありませんが、正規の金融業者になりすます手口を使うことがあります。 金利も法廷規則の18%などをうたっていますが、借り入れた後に違法な利息で取り立てたり、脅しの電話やFAXを勤め先に送りつけるなどの嫌がらせをすることがあります。 HP上に日本貸金業協会の登録番号を詐称し信用を騙っている業者もいるので、融資を考えた際は登録番号が正しいかを日本貸金業協会に問い合わせるようにしてください。

紹介屋に気をつけて!

紹介屋は、利用者をヤミ金業者に紹介し、借入金額の10~30%を手数料として利益を得る業者です。 紹介屋が直接お金を貸すことはありませんが、ヤミ金業者が自作自演で紹介屋を装うこともあります。 『多重債務者のための債務一本化』などの甘いうたい文句でひっかかってきた利用者の融資申込をわざと断り、融資が受けられる別の業者を紹介するのが主な手口です。 この他にも、大手消費者金融の無人契約機周辺で待機し、審査に落ちていそうな人に目をつけ声をかけるといった手口もあります。 融資を断られた人は、焦りを感じて冷静さを失い、だまされやすい心理状態になっています。 借入先がないからといって紹介屋を利用するのは大変危険です。 ヤミ金業者の罠の中に飛び込むようなものなので、声をかけられても断るようにしてください。 当サイトに掲載されている業者は真っ当なので、ご自身にあった条件でお金の相談をすることが可能です。