そもそも闇金とはなにか

闇金とは金利が20%を超える金融業者のこと。 なぜ20%なのかと言うと、「出資法」という法律で「金利は20%以上付けてはいけない」と定められているからなのです。 つまり20%以上の金利を付けられた場合には、それは法律違反ということになりますね。 また仮に20%以下の金利で貸し付けをしていたとしても、「貸金業登録」を申請していない場合にはその業者も闇金ということになります。

闇金融は返済できないときが怖い

闇金融は貸し付けをする際には消費者金融などとは違い、ブラック債務者であっても審査をほとんどせずにお金を貸し出すことが多いようです。 しかし貸し付けたお金を返済できないと様々な方法を使いブラック債務者を追い詰めるようになってくるでしょう。 例えば一日に何度も電話をかけてくる・ブラック債務者の自宅に嫌がらせの紙を貼る・家の前で待たれるなどなど、借り入れした人間を追い詰める手段を使ってきます。 もし返済できたとしても金利を20%もとられたとすると、損をしたという感覚しか残りません。

ブラック債務者の人は闇金融のターゲットになりやすい

ターゲットになりやすい理由

お金を返済できずブラック債務者になってしまった人の多くは、「一般的な消費者金融からお金を借りることができなくなってしまった」という思いを持ちます。 そのようなときに闇金融は「審査がほとんどありません」という誘い文句でブラック債務者を呼び寄せます。 ブラック債務者は「とりあえず貸してくれるなら、誰でもいい」という焦りから闇金融を利用してしまうケースが多くなってしまうのでしょう。 闇金融にとってお金を借りられる場所が極端に少ないブラック債務者は、貸し付けをさせる良いターゲットになってしまうので注意が必要です。 安易に借りてしまうと返済額の数倍のお金を要求されることにもなりかねません。

まとめ

ブラック債務者になってしまったと焦らず、一度落ち着いてこれからの返済計画について考えましょう。 焦って闇金融などからお金を借りてしまうと取り返しのつかない事態に陥ってしまうケースがほとんどです。 ブラック債務者だからといって、その状況が一生続くわけではありません。しっかりと返済して信用を作っていけば一般的な消費者金融でも借り入れを承諾してくれる業者がでてくるでしょう。 それと同時にクレジットカードなども作りやすくなりキャッシング機能が利用できるようになるはずです。 闇金融に手を出す前にブラック債務者という肩書きから抜け出せるように頑張りましょう。