消費者金融の時効を待つ人が知るべきポイント

消費者金融で借金をした場合、時効があります。
時効が成立すれば、いくら借りていたとしても一切の返済の義務はなくなります。
借りる側からすれば、夢のような話ですよね。

しかし、時効を成立させることは決して簡単ではありません。
時効を成立させる為の条件もある上、中断させる為の方法もあるんです。

この記事では、消費者金融の時効について詳しく解説。
時効を成立、中断させる為の条件などを紹介していきます。
消費者金融で時効を成立させようと考えている方は、参考にしてみてください。

消費者金融でキャッシングした場合の時効とは

消費者金融でキャッシングをした場合の時効は「5年」です。
この5年を過ぎて時効が成立すれば、これまでどれだけの借入金があったとしても返済は不要です。

その時効を成立させる為の条件について、次項で詳しく解説していきましょう。

消費者金融の時効を成立させる為の条件とは

時効成立の為には、以下の条件があります。

  • 時効成立まで一切の返済をしない
  • 時効成立まで借金を認めない
  • 時効の援用をする

一つずつ詳しく説明していきます。

時効成立の為の条件1:一切返済をしない

時効を成立させたいなら、時効まで消費者金融に対して一切返済してはいけません。
ですので、5年間は1円も返済をしてはいけないことになります。

一部でも返済すると、そこから5年間の時効に切り替わります。
あくまで、時効とは「一切返済をしなくなってから5年間」なんです。

時効成立の為の条件2:借金を認めない

時効を成立させる為には、時効まで借金を認めてはいけません。

消費者金融との連絡に応じて「返済を待ってください」等の借金を認める発言をすると、そこから5年間の時効になります。

5年間消費者金融と連絡を取らず、もしくは取っても借金を決して認めないのは、普通の人なら罪悪感で潰れてしまいそうになるでしょう。

時効成立の為の条件3:時効の援用をする

また、例え時効である5年が経過しても、そのままでは時効は成立しません。
時効を成立させる為には、「時効の援用」をしなくてはなりません。

時効の援用とは、現在借金のある消費者金融に対して「もう時効ですので、借金は一切返済しませんよ」という主張をすること。
通常、内容証明郵便で時効の援用である旨を知らせる文書を郵送します。
時効の援用であることが分かれば大丈夫ですが、文字数などには決まりがあります。

また、借金の内容は明記しなくてはならず、郵送手数料などは全て実費です。

消費者金融の時効を成立させることが難しい理由とは

消費者金融の時効を成立させる為の条件について解説してきました。
簡単だと思った方もいたかもしれませんが、時効を成立させるのはとても難しいことです。

殆どの方は時効を成立させられず、債務整理を選択することになるでしょう。

何故かというと、「消費者金融は時効を中断させることができるから」です。

消費者金融が時効を中断させる方法

消費者金融が時効を中断させる為に取る方法は、主に以下です。

  • 支払督促をする
  • 訴訟などの法的手続きをとる

この2つの方法をとることで、消費者金融は時効を成立させないことが殆どです。
少し追加で解説していきます。

支払督促とは

まず、消費者金融は借金の返済をしない債務者に「支払督促」を申し立てます。

この支払督促とは、簡単に言うと「支払いに応じない為、財産を差し押さえします。異議があるなら言ってください。」と債務者に通達する文書のこと。
文書を通達するだけで、6ヶ月間時効を伸ばすことが出来ます。(一度だけ)

この支払督促に対して「異議申立て」しない債務者の財産は、一方的に差し押さえが可能になります。
実際に差し押さえられるのは、裁判が起こされて判決が出た後になりますが、こうなれば時効云々言っている場合ではなくなりますね。

更に、差し押さえが実行されれば、そこで時効のカウントはリセットされ、また5年間経過しないと時効は成立しません。

住所などが分からなくても、訴訟は可能

また、債務者の住所が分からなかったり、給与口座などが分からず、実際に差し押さえが出来ないとしても、「公示送達」という方法をとれば、訴訟を起こすことは可能です。
裁判を起こされれば、それまでの時効までのカウントはリセットされ、また1から数え直しです。

このような理由から、消費者金融の時効を期待するのは絶望的だと言えるでしょう。

時効を待つより、債務整理を検討するべき

紹介したように、時効を成立させるのは簡単なことではありません。

更に、時効成立まで待てば待つだけ、高額な遅延損害金が発生します。
成立する可能性は殆どないのに、借金は増え続けるのです。

それなら最初から「債務整理」を選択した方が借金問題に悩む時間も短くて済みます。
もう完済できそうにないと思ったら、債務整理を検討するべきです。

まとめ

いかがでしたか。
消費者金融の時効について、詳しく解説してきました。
時効を成立させようと思っていた方は、その難しさにがっかりしたかもしれませんね。

もう一度まとめてみましょう。

  • 消費者金融の借金の時効は5年
  • 時効成立の為の条件は3つ
    • 時効成立まで一切の返済をしない
    • 時効成立まで借金を認めない
    • 時効の援用をする
  • 消費者金融が時効を中断させる為にする方法は2つ
    • 支払督促をする
    • 訴訟などの法的手続きをとる
  • 時効を待つより、債務整理を検討するべき

消費者金融での借金が返済出来そうになく、困っている方もいるでしょう。
そんな時「時効を成立させたい」と安易に考えるのは、とても危険です。
殆どの場合、時効を成立させることは出来ないので、債務整理を検討してくださいね。