消費者金融を利用しようかと悩んでいる女性

最近はテレビなどで消費者金融のCMを見ることもありますよね。
「便利そうだし、使ってみようかな。」と思う方もいるのでは。

しかし、消費者金融に対してあまり良いイメージを持てていないと、本当に利用しても良いものなのか不安になるもの。
金利がとても高いのではないか、返済が出来なくなるのではないか等、デメリットを考えてしまいますよね。

そこで、この記事では消費者金融を利用したいと思う方の参考材料となるように、メリットとデメリットを解説。
消費者金融を利用することで起こることを知れば、安心してキャッシングの申し込みをすることも出来ます。
是非、参考にしてみてくださいね。

消費者金融とは

消費者金融とは、お金を貸すことを専門とする「賃金業者」のこと。
賃金業者は、金融庁に「登録賃金業者」として認めてもらわなくてはならず、この登録なくして賃金業を営むことは出来ません。

消費者金融として経営している全ての業者は、登録賃金業者です。

消費者金融は、闇金とは別の正規の賃金業者

時に、闇金と消費者金融は同列で扱われることもありますが、全くの別ものです。
闇金は登録賃金業者としての登録はしないで営業している違法賃金業者です。

登録賃金業者になる為には、利息制限法を守った金利設定や、取り立ての基準等、守るべき項目が沢山あります。
しかし、闇金はそのどれもを守らないことで、不正な利益を出しているんですね。

消費者金融は闇金ではないので、勘違いしないようにしましょう。

消費者金融を利用することのメリット

ここからは、消費者金融を利用するメリットを紹介します。
メリットは主に以下の3つです。

  • 最短30分でキャッシングすることができる
  • ネット完結でのキャッシングができる
  • 無利息期間サービスを利用することができる

一つずつ詳しくみていきます。

メリット1:最短30分でキャッシングすることができる

消費者金融は、最短30分ほどでキャッシング可能です。
更に、平日の夜間であったり、土日であっても、無人契約機を使うことで当日中に借入することもできます。

ただし、キャッシングの審査である「職場への電話の在籍確認」が出来る時間でないと、即日では借入できないことも。
申込者の年収や勤め先などによっては、在籍確認は翌日に回して少額の借入を認めてもらえる場合や、書類での在籍確認で済ませてもらえる事もありますが、全員がそう出来るとは限りません。

念の為、職場へ在籍確認が出来る時間帯にキャッシングの申し込みをしましょう。

メリット2:ネット完結でのキャッシングができる

平日の14時までを目処にキャッシングの審査まで通過することで、当日中にネット完結での借入も可能です。

なぜ、平日の14時までなのかというと、銀行の営業時間内である15時に振り込みを間に合わせる為。
口座を指定して、借入金を振り込みしてもらう必要があるからですね。

ちなみに、当日中のキャッシングでなくても良い場合には、何時に申し込みをしても大丈夫です。

ネット完結でのキャッシングであれば、家族や知り合いなどに無人契約機に行く姿を見られることもありません。
バレずにキャッシングをするには良い方法だと言えるでしょう。

メリット3:無利息期間サービスを利用することができる

大手の消費者金融は、「無利息期間サービス」を提供しています。
この無利息期間サービスを使うことで、利息がかからない状態でキャッシングすることが出来るので、とてもお得なんです。

特に、無利息期間中に完済することが出来れば、一切利息なしでキャッシングが可能。
少額を短期間だけ借りたいという方には、おすすめだと言えますね。

消費者金融を利用することのデメリット

では、逆に消費者金融を利用するデメリットとは、一体なんなのでしょうか。
それは、主に以下の3つです。

  • 金利が高め
  • 住宅ローンなどを組む際にマイナス印象になることがある
  • 借金癖が出来てしまうことがある

解説していきましょう。

デメリット1:金利が高め

消費者金融の金利は、同じようなキャッシングサービスを取り扱っている銀行カードローンと比べて高めです。

例えば、大手消費者金融の金利は年18.0%くらいが相場ですが、銀行カードローンの場合は金利が年14.0%のところも。
金利が高くなれば、それだけ月々の利息負担も大きくなります。
長期的な返済であればあるほど、負担額は増えてしまうのです。

デメリット2:住宅ローンなどを組む際にマイナス印象になることがある

消費者金融でキャッシングをすると、住宅ローンなどの審査でマイナス印象になることがあります。
なぜかというと、消費者金融を使う=お金に困っていると捉えられてしまうから。

消費者金融を利用していただけで絶対に審査に落ちるということではありませんが、少なくともプラス印象になることはありません。
近いうちに住宅ローンなどを組む予定がある方は、消費者金融はすぐに完済して、解約までしておく方が安心でしょう。

デメリット3:借金癖が出来てしまうことがある

また、メリットでも解説しましたが、消費者金融はすぐにお金を借りることができます。
それはすなわち、そこまで心構えをしない状態でも借入が出来てしまうということ。

「お金に困ったら消費者金融で借りよう」という気持ちでいると、どんどん借金癖が出来てしまうことになります。

どんなに簡単に借りることが出来ても、日常的に利用するのはやめましょう。

消費者金融を利用する上での注意点

消費者金融のメリットとデメリットを分かった上で、「使いたい!」と思った方もいるでしょう。
ここからは、利用する上での注意点を解説していきます。

消費者金融を使う時は、以下の2点に注意しましょう。

  • 返済日に絶対送れないように返済計画を立てる
  • 借入限度額が増えても、必要以上にキャッシングしない

解説していきます。

返済日に絶対に遅れないように返済計画を立てる

消費者金融に限らず言えることですが、返済日には絶対に遅れないようにしましょう。
返済計画は、各賃金業者が公式ホームページで提供している「返済シミュレーション」を利用することで立てることが出来ます。

また、万が一返済に遅れてしまいそうな時は、すぐに賃金業者に連絡をして、いつなら返済出来そうか相談をするようにしてください。

借入限度額が増えても、必要以上にキャッシングしない

また、消費者金融を利用し続けていると、どんどん借入限度額が増えていきます。
ここで「自分のお金が増えた」という感覚で、必要以上の額をキャッシングしないようにしましょう。

借入限度額が増えるということは、それだけ借入した後の返済が大変になるということでもあります。
自分が毎月どれくらいなら返済出来るのか計算した上で、その範囲内でキャッシングをしてください。

まとめ

いかがでしたか。
消費者金融のメリットとデメリット、更に利用時の注意点について解説してきました。
消費者金融を使おうと思っていた方は、判断材料の一つとなったでしょうか。

最後に簡単に振り返ってみましょう。

  • 消費者金融と闇金は別物
  • 消費者金融を使うメリット3つ
    • 最短30分でキャッシングすることができる
    • ネット完結でのキャッシングができる
    • 無利息期間サービスを利用することができる
  • 消費者金融を使うデメリット3つ
    • 金利が高め
    • 住宅ローンなどを組む際にマイナス印象になることがある
    • 借金癖が出来てしまうことがある
  • 消費者金融を使う上での注意点2つ
    • 返済日に絶対送れないように返済計画を立てる
    • 借入限度額が増えても、必要以上にキャッシングしない

消費者金融は、最短30分でキャッシングが可能であったり、無利息期間サービスを行っていたりと便利な面がある一方で、金利が高かったり、住宅ローンを組む際にマイナス印象を与えてしまったりといった点もありました。

自分がどのような状態で消費者金融を使おうとしているのかによって、メリットを上手く使えるかどうかも変わってきます。
まずは、今の自分の状況を確認した上で、消費者金融の利用を検討してみてくださいね。