日本貸金業協会とは

日本貸金業協会は、日本国内で経営されている金融業者が違法な営業を行っていないかを監査・指導するために設置された法人です。 具体的には、金融業を営む業者に対して社内規定のガイドラインを提示したり、各金融業者に対しての改善指導、消費者の苦情受付や相談などを行っています。 日本貸金業協会は、2007年に統一されたばかりの新しい法人ですが、金融に関わるトラブルを迅速に解決するための自主規制機関として期待されています。

協会登録は信頼のしるし

日本貸金業協会に登録しているということは、その金融業者が法律で定められた基準を満たしているという証です。 利息が法律の範囲内で規定されていたり、新聞やCMなどの公的な広告出講審査が受けられたりと、公的な監査を受けた金融業者なので安全性が保証されています。 ですが、金融業を営むうえで必ず加入しなくてはならないわけではありません。 加入していないからといって違法扱いにはなるほど拘束力がないのです。 中には、未登録の悪質業者があたかも日本貸金業協会に登録しているかのようにロゴを使用し、信頼をうたっていることもあります。 怪しい業者か迷った際は、登録番号が正しいものか日本貸金業協会に問いあわせるようにしましょう。 このページで紹介しているサイトは日本貸金業協会に登録している信頼できる業者です。