消費者金融カテゴリー記事の一覧です

消費者金融は審査が甘いのか?審査通過率のデータと合わせて解説!

消費者金融

消費者金融の審査が甘いのかどうか悩む男性

キャッシングをする為に、避けて通れないのが審査。

借入出来るか不安だと、銀行などに比べて審査が甘いと言われている消費者金融で申し込みたいと思う方もいますよね。


しかし、その噂はどこまで本当なのでしょうか。

消費者金融の審査が甘いという根拠はどこにあるのでしょうか。

また、事実だとしたら、どうして消費者金融の審査基準は銀行より甘いのでしょうか。

実情や理由が分からないと、安心して利用することが出来ませんよね。


この記事では、消費者金融の審査が甘いと言われている理由から詳しく解説していきます。

更に、本当に審査が甘いのかどうかを実際の審査の通過率データで検証。

詳しく調べていくと、消費者金融の収益を上げる仕組みが審査が甘いと言われる理由と関係していることが分かってきました。


正しい知識を持つことができれば、必要以上に審査を恐れる必要もありませんし、自分の状況や目的に合った金融機関を選ぶ助けにもなります。

早速、気になる内容を見ていきましょう!


消費者金融は審査が甘いと言われる理由

審査の内容については金融機関ごとに異なり、完全にトップシークレットです。


唯一分かるのは、信用情報(個人を特定する情報と、これまでの借入の取引履歴が登録されている)を確認しているということくらい。

年収や勤続年収なども考慮されていますが、年収がいくら以上なら審査通過などという細かい基準は外部からは知る由もありません。


それにも関わらず、何故消費者金融は審査が甘いと言われているのでしょうか?


審査の通過率が高い

それは、消費者金融の審査の通過率が高いからです。


何故それが分かるのかというと、大手消費者金融は新規顧客の審査通過率(成約率)を公表しているから。

銀行の場合は基本的に成約率は公表していませんが、実際に利用した人の口コミから「通過率は消費者金融の方が高そうだ」と分かるという訳です。


さて、では実際に大手消費者金融の審査の通過率を見てみましょう。

2016年の4月のデータになります。

月によって多少数値は変わりますが、大幅な変動はないようです。

金融機関審査通過率
アコム47,2%
アイフル45,9%
プロミス42,4%

データを見る限り、少なくとも40%以上の人は借入が可能だったということ。

思っていたよりも審査の通過率が高いな、と感じた方もいるのではないでしょうか。

また、半数以上が審査に落ちているというのは、厳しいと感じた方もいるかもしれませんね。


ちなみに、銀行の審査の通過率は大体20%前後と言われています。

それを考えると「やはり消費者金融は審査が甘いのでは?」と思われても不思議ではないですよね。


では、どうして審査の通過率が高いのでしょう?


消費者金融の審査の通過率が高い理由とは

消費者金融はお金を貸付することで利息をもらって経営しています。

40%以上も審査に通していたら中には返さない人もいるでしょうし、赤字になったとしても不思議ではないですよね。


そう、消費者金融も考えなしに融資をしている訳ではありません。

審査の通過率が高いことには、しっかりと理由があるんです。


金利が高めに設定されている

大手消費者金融の金利は大体18%前後、銀行の金利は14%前後なことが殆ど。

消費者金融の方が高めです。


金利を高く設定することで、利用者から多くの利息収入を得ることが出来ます。

ですので、万一利用者が返済不能に陥ってしまった場合でも、今返済をしている他の利用者からの利息収入で損失分を補えるんです。


借入限度額が低めに設定されている

どれくらい低めになっているのか、実際に銀行と消費者金融の借入限度額を比べてみましょう。

金融機関借入限度額
みずほ銀行カードローン800万円
三井住友銀行カードローン800万円
東京三菱UFJ銀行バンクイック500万円
楽天銀行スーパーローン800万円
アコム800万円
アイフル500万円
プロミス500万円
ノーローン300万円

多くの消費者金融の場合は、借入限度額は500万円ほどです。

しかし、銀行の場合は借入限度額は800万円のところが多いですね。


一人に対しての貸付額を大きくすると貸し倒れのリスクも大きいものに。

そのリスクを軽減する為に、消費者金融は借入限度額を少なめにしているんですね。


よって貸付資金がより多く残ることになりますし、結果的に多くの利用者に貸付することが出来るということなんです。


信用情報があまり良くない人でも柔軟に対応してくれる

消費者金融は、信用情報に多少マイナスな情報(以前に返済の延滞をしたなど)が登録されていても、少額の貸付をすることがあります。


何故かというなら、消費者金融が経営を成り立たせる為に、より多くの「利用者の利息」を得なければいけないから。

また、少額でも貸付すれば長期的な顧客になる可能性があると期待している点もあるでしょう。


しかし、信用情報にマイナス要素がある人を審査に通過させるというのは「無担保融資の審査についてのノウハウ」がないと、リスクが高いです。

これまでの利用者の大量のデータから「こんな条件の利用者だったら返済率が高い」等、利用者の返済能力を高い精度で見極めることが出来るからこそと言えるでしょうね。


消費者金融の審査で知っておきたいこと

審査通過率が高いことが審査が甘いことには繋がらない

消費者金融の審査の通過率が高い理由を紹介しました。


理由もなく「審査が甘い」というのは間違いで、正確に言うと「消費者金融は審査の通過率を高くする為の仕組みを取っている」ということなんですね。

審査が甘いから通過出来るという訳ではないので、認識を間違えないように注意しましょう。


消費者金融は銀行より借入はしやすいと言える

ただし前述した通り、消費者金融は多少信用情報にマイナスな情報があっても貸付してもらえる可能性があります。

すなわち、審査に不安がある人であってもお金を借りることが出来る可能性が銀行よりも高い、と言うことは出来るのではないでしょうか。


誰でもお金を貸せると言えるのは闇金融だけ

もし「誰でも貸せます」などと宣伝している金融機関があるとしたら、それは闇金融という利息を法外に騙し盗ろうとする違法業者です。


闇金融を利用すると、国で認められている金利20%を遥かに超えた金利でお金を借りることになります。

どれくらいの金利かを紹介すると、例えば闇金融で一般的とされているトイチ(10日で1割の利息がつく)でお金を借りる場合には、年で換算すると約金利3142%になってしまいます。

闇金融はこれくらいの利息を払って利用することになるのです。


絶対にそのような金融機関から借入をしないようにしないでくださいね。


まとめ

さて、消費者金融の審査が甘いのは本当なのか、審査通過率のデータも交えて分析してきました。

消費者金融の審査が甘い訳ではなく、成約率を高くする仕組みがあったということが分かったのではないでしょうか。


もう一度まとめてみましょう。


  • 消費者金融は銀行よりも審査の通過率が高め
  • 消費者金融の審査の通過率を高く出来る仕組みがある
  • 消費者金融の審査が甘い訳ではない
  • 銀行よりも、消費者金融の方が借入しやすいと言える
  • 誰でも貸せると宣伝しているのは闇金融

よく聞く噂のように、消費者金融だからと言って理由もなく審査が甘くなることはありませんでした。

審査通過率を上げても経営破綻しない仕組みを取っているという理由がありました。

ただし、銀行よりも消費者金融の方が借入しやすいと言うことは出来ます。

借入出来るかどうか不安を感じていた方は、まずは大手消費者金融に借入の申し込みを検討してみていいのではないでしょうか。

消費者金融カテゴリー記事の一覧です

消費者金融は審査が甘いのか?審査通過率のデータと合わせて解説!

消費者金融

消費者金融の審査が甘いのかどうか悩む男性

キャッシングをする為に、避けて通れないのが審査。

借入出来るか不安だと、銀行などに比べて審査が甘いと言われている消費者金融で申し込みたいと思う方もいますよね。


しかし、その噂はどこまで本当なのでしょうか。

消費者金融の審査が甘いという根拠はどこにあるのでしょうか。

また、事実だとしたら、どうして消費者金融の審査基準は銀行より甘いのでしょうか。

実情や理由が分からないと、安心して利用することが出来ませんよね。


この記事では、消費者金融の審査が甘いと言われている理由から詳しく解説していきます。

更に、本当に審査が甘いのかどうかを実際の審査の通過率データで検証。

詳しく調べていくと、消費者金融の収益を上げる仕組みが審査が甘いと言われる理由と関係していることが分かってきました。


正しい知識を持つことができれば、必要以上に審査を恐れる必要もありませんし、自分の状況や目的に合った金融機関を選ぶ助けにもなります。

早速、気になる内容を見ていきましょう!


消費者金融は審査が甘いと言われる理由

審査の内容については金融機関ごとに異なり、完全にトップシークレットです。


唯一分かるのは、信用情報(個人を特定する情報と、これまでの借入の取引履歴が登録されている)を確認しているということくらい。

年収や勤続年収なども考慮されていますが、年収がいくら以上なら審査通過などという細かい基準は外部からは知る由もありません。


それにも関わらず、何故消費者金融は審査が甘いと言われているのでしょうか?


審査の通過率が高い

それは、消費者金融の審査の通過率が高いからです。


何故それが分かるのかというと、大手消費者金融は新規顧客の審査通過率(成約率)を公表しているから。

銀行の場合は基本的に成約率は公表していませんが、実際に利用した人の口コミから「通過率は消費者金融の方が高そうだ」と分かるという訳です。


さて、では実際に大手消費者金融の審査の通過率を見てみましょう。

2016年の4月のデータになります。

月によって多少数値は変わりますが、大幅な変動はないようです。

金融機関審査通過率
アコム47,2%
アイフル45,9%
プロミス42,4%

データを見る限り、少なくとも40%以上の人は借入が可能だったということ。

思っていたよりも審査の通過率が高いな、と感じた方もいるのではないでしょうか。

また、半数以上が審査に落ちているというのは、厳しいと感じた方もいるかもしれませんね。


ちなみに、銀行の審査の通過率は大体20%前後と言われています。

それを考えると「やはり消費者金融は審査が甘いのでは?」と思われても不思議ではないですよね。


では、どうして審査の通過率が高いのでしょう?


消費者金融の審査の通過率が高い理由とは

消費者金融はお金を貸付することで利息をもらって経営しています。

40%以上も審査に通していたら中には返さない人もいるでしょうし、赤字になったとしても不思議ではないですよね。


そう、消費者金融も考えなしに融資をしている訳ではありません。

審査の通過率が高いことには、しっかりと理由があるんです。


金利が高めに設定されている

大手消費者金融の金利は大体18%前後、銀行の金利は14%前後なことが殆ど。

消費者金融の方が高めです。


金利を高く設定することで、利用者から多くの利息収入を得ることが出来ます。

ですので、万一利用者が返済不能に陥ってしまった場合でも、今返済をしている他の利用者からの利息収入で損失分を補えるんです。


借入限度額が低めに設定されている

どれくらい低めになっているのか、実際に銀行と消費者金融の借入限度額を比べてみましょう。

金融機関借入限度額
みずほ銀行カードローン800万円
三井住友銀行カードローン800万円
東京三菱UFJ銀行バンクイック500万円
楽天銀行スーパーローン800万円
アコム800万円
アイフル500万円
プロミス500万円
ノーローン300万円

多くの消費者金融の場合は、借入限度額は500万円ほどです。

しかし、銀行の場合は借入限度額は800万円のところが多いですね。


一人に対しての貸付額を大きくすると貸し倒れのリスクも大きいものに。

そのリスクを軽減する為に、消費者金融は借入限度額を少なめにしているんですね。


よって貸付資金がより多く残ることになりますし、結果的に多くの利用者に貸付することが出来るということなんです。


信用情報があまり良くない人でも柔軟に対応してくれる

消費者金融は、信用情報に多少マイナスな情報(以前に返済の延滞をしたなど)が登録されていても、少額の貸付をすることがあります。


何故かというなら、消費者金融が経営を成り立たせる為に、より多くの「利用者の利息」を得なければいけないから。

また、少額でも貸付すれば長期的な顧客になる可能性があると期待している点もあるでしょう。


しかし、信用情報にマイナス要素がある人を審査に通過させるというのは「無担保融資の審査についてのノウハウ」がないと、リスクが高いです。

これまでの利用者の大量のデータから「こんな条件の利用者だったら返済率が高い」等、利用者の返済能力を高い精度で見極めることが出来るからこそと言えるでしょうね。


消費者金融の審査で知っておきたいこと

審査通過率が高いことが審査が甘いことには繋がらない

消費者金融の審査の通過率が高い理由を紹介しました。


理由もなく「審査が甘い」というのは間違いで、正確に言うと「消費者金融は審査の通過率を高くする為の仕組みを取っている」ということなんですね。

審査が甘いから通過出来るという訳ではないので、認識を間違えないように注意しましょう。


消費者金融は銀行より借入はしやすいと言える

ただし前述した通り、消費者金融は多少信用情報にマイナスな情報があっても貸付してもらえる可能性があります。

すなわち、審査に不安がある人であってもお金を借りることが出来る可能性が銀行よりも高い、と言うことは出来るのではないでしょうか。


誰でもお金を貸せると言えるのは闇金融だけ

もし「誰でも貸せます」などと宣伝している金融機関があるとしたら、それは闇金融という利息を法外に騙し盗ろうとする違法業者です。


闇金融を利用すると、国で認められている金利20%を遥かに超えた金利でお金を借りることになります。

どれくらいの金利かを紹介すると、例えば闇金融で一般的とされているトイチ(10日で1割の利息がつく)でお金を借りる場合には、年で換算すると約金利3142%になってしまいます。

闇金融はこれくらいの利息を払って利用することになるのです。


絶対にそのような金融機関から借入をしないようにしないでくださいね。


まとめ

さて、消費者金融の審査が甘いのは本当なのか、審査通過率のデータも交えて分析してきました。

消費者金融の審査が甘い訳ではなく、成約率を高くする仕組みがあったということが分かったのではないでしょうか。


もう一度まとめてみましょう。


よく聞く噂のように、消費者金融だからと言って理由もなく審査が甘くなることはありませんでした。

審査通過率を上げても経営破綻しない仕組みを取っているという理由がありました。

ただし、銀行よりも消費者金融の方が借入しやすいと言うことは出来ます。

借入出来るかどうか不安を感じていた方は、まずは大手消費者金融に借入の申し込みを検討してみていいのではないでしょうか。