銀行カードローンの複雑さを数字で表した画像

カードローンを低金利で利用したい方は多いでしょう。
確かに低金利でキャッシングできれば、その分利息にかかる負担は減りますし、それだけお得になります。

ただし、低金利での借入を成功させるためには、いくつかポイントがあります。
ポイントを知らないままで申し込んでしまったら、金利が低いと思って契約したのに思ったほど金利が低くならなかった・・なんてことになるかも。

この記事では、本当に低金利なカードローンの見つけ方と審査に通る為のポイントを解説。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

低金利と言えるカードローンとは

金融機関で金利を確認すると、「年4.0〜14.5%」と表記されていたりしますよね。
低金利であるかは、この金利を確認することで分かります。

どれくらいの金利の金融機関があるのか、比べてみましょう。

金融機関名金利融資限度額
アコム3.0〜18.0%800万円まで
プロミス4.5〜17.8%500万円まで
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円まで
みずほ銀行
カードローン
2.0〜14.0%800万円まで

今回は、大手消費者金融と大手銀行カードローンを比較してみました。

金利15%を下回れば、基本的には低金利です。
ですから、銀行カードローンは金利が低いと言われるんですね。

しかし、表を見て、三井住友銀行カードローンは金利4.0%から適用されるのに比べて、アコムは金利3.0%からの適用だから金利が低い!と感じた方は要注意。

実は、利用者によって適用される金利は変わるんです。

金利は自分で決めることが出来ない

なぜ、人によって適用される金利が変わるかというと、借入の条件が違うから。
借入額や年収、銀行カードローンならすでに口座を持っているかなど、利用者によって状況は様々ですよね。

金融機関としては、完済する可能性が高い優良な顧客を増やしたいはずです。
なのに、みんなに同じ金利で貸していたら、優良な顧客が他のもっと金利の低い金融機関に流れてしまう可能性がありますね。
そこで、審査して優良な顧客だと判断(基準は金融機関によって異なる)すると金利を下げたりします。

また、法律で決まった金利に応じて、自動的に金利が下がることもあります。
例えば、100万円以上の借入であれば金利は15.0%以下になります。
ただし、100万円借りれるかどうかは利用者の状況によります。

すなわち、金利は自分で決められないんです。

低金利なカードローンの見つけ方

金利は自分で決めることは出来ないと解説しました。

そうなると、最低金利で金利を比較してしまうと思っていたよりも高い金利が適用されてしまった・・なんて事態になりますね。

それではどうやって低金利なカードローンを見つけるかというと、ポイントが二つあります。

  • 上限金利が低いカードローンを探すこと
  • 借入条件が自分に合うか確かめること

一つずつみていきます。

上限金利が低いカードローンを探すこと

上限金利とは、例えば先ほどの表のみずほ銀行の金利を例にすると「2.0〜14.0%」の14.0%の部分のこと。
14.0%以上の金利は適用されませんよ、という意味合いがあります。

この時点で少なくとも、大手消費者金融などの上限金利である18%より低いですよね。
よって、みずほ銀行は上限金利が低いカードローンと言えます。

この比較方法で、少しでも上限金利が低いカードローンを探していきましょう。

借入条件が自分に合うか確かめること

次は借入条件を確認してみましょう。

例えば年齢制限で64歳以下でないと申し込み出来なかったり、一定額以上の年収がないと申し込みが出来ない場合などがあります。

上限金利の低さがどれだけ魅力的でも、借入条件が自分に合わなければ利用出来ないので、必ず確認してから申し込みしましょう。

では次は、実際に低金利なカードローンの審査に通過するためのコツについて、解説していきます。

低金利なカードローンの審査に通過するポイント

低金利なカードローンの審査は、一般的に厳しめです。

金利が低い分だけ利益は少ない上に、確実に返済してくれる人でないと貸し倒れのリスクもあるですから当然と言えますね。
以下で解説するポイントをおさえておきましょう。

借入件数、借入残高を減らす

まずは今現在借りている件数と借入残高を減らすことが最優先です。

すでにお金を複数の金融機関(主に3社以上)から借りている人や、高額な借入残高(主に50万円以上)がある方は、それだけで金融機関に「この人は本当にお金を貸したら返してくれるのかな?」と疑われると思っていいでしょう。

金融機関側からすれば、少しでも貸し倒れ(貸したお金が返ってこないこと)のリスクを減らすために、不安要素がある利用者には貸付を渋る傾向があります。
まずは、その不安要素を減らすことが審査通過の為に大切なことです。

一度も金融機関で借入していない方や、借りていても少額であれば、そこまで気にしなくても大丈夫です。

借入希望額を少なめに申し込む

もう一つ大切なのは、借入希望額を少なめに申し込むことです。

借入金額が少ない方が返済の負担が減る分、利用者が完済する可能性が上がるからです。
金融機関としても利息の利益が出る可能性が高いなら審査に通したいと考えます。

低い金利で高額なキャッシングがしたい気持ちはとても分かりますが、そもそも審査に通らなければ元も子もありません。
まずは、審査に通ることを最優先に考えましょう。

ちなみに、一度審査に通って契約し、順調に返済を続けて金融機関との信頼関係が築ければ、優良な顧客とみなされ金利は下がります。

まとめ

さて、ここまで低金利なカードローンの見つけ方から審査の通過方法まで、詳しく解説してきました。
上限金利を比較しないと低金利でキャッシング出来るか分からないというのは、驚きですよね。

もう一度、簡単にまとめてみましょう。

  • 一般的に金利15%を下回れば、低金利だと言われる
  • 金利は自分で決めることが出来ない
  • 低金利なカードローンを見つけるには、上限金利を比較する
  • 借入条件が自分に合うか確認する
  • 審査に通る為に、借入件数と借入残高を減らす
  • 借入希望額を少なくする

銀行カードローンであれば、基本的に低金利です。
しかし本当に低金利なカードローンで借りたいのなら、上限金利を比較しなくてはなりません。
自分が借入条件に合っているのかを確認した上で、審査に通るようにポイントをおさえて申し込みしてみてくださいね。