どうしてブラックでも貸してくれるの?

ブラックは基準にすぎない

金融ブラックは、法律で貸付が禁じられているわけではなく、あくまでも金融業者が貸すか貸さないかを判断する基準です。 金融ブラック指定者が過去にトラブルを起こしたとはいえ、完全に返済ができない状態にあるわけではありません。 たとえ10万円に満たない小口融資でも、融資先を探す多くの金融ブラック指定者を受け入れれば、金融業者にも十分な利益が見込めます。 ブラックリストは、金融業者が貸付におけるリスクを回避するための一つの基準にすぎないので、必ずしも審査で致命的な条件というわけではないのです。

回収方法に力を入れている

金融ブラック指定者にも貸し付けるということは、回収する自信があるというあらわれです。 ブラックでも対応するということは、貸し付けのリスクが高まる分、金融業者が回収方法を工夫する傾向があります。 見えないところでは、脅しや嫌がらせをする業者もいます。 やり方は少々強引ですが、金利は法律の範囲内で大手の消費者金融と違うところは、審査の基準が甘いということだけです。 常識のある借り入れと返済をしていれば問題はないので、金融ブラック指定者を受け入れているからといって悪いイメージを持つのは大きな誤りです。

金融ブラックが必ず悪いわけではない

金融ブラック指定者にも貸し付けるということは、回収する自信があるというあらわれです。 ブラックでも対応するということは、貸し付けのリスクが高まる分、金融業者が回収方法を工夫する傾向があります。 見えないところでは、脅しや嫌がらせをする業者もいます。 やり方は少々強引ですが、金利は法律の範囲内で大手の消費者金融と違うところは、審査の基準が甘いということだけです。 常識のある借り入れと返済をしていれば問題はないので、金融ブラック指定者を受け入れているからといって悪いイメージを持つのは大きな誤りです。