銀行カードローンのカード

「銀行カードローンって審査が厳しそう・・・。」

「審査に通るか心配で、銀行カードローンに申し込めない・・・。」

申し込む前に、不安な思いをしている方もいるのでは。

一般的に、銀行カードローンは審査が厳しいと言われることが多いです。

その情報を知った上で借入を申し込むのは、勇気がいることですよね。

銀行カードローンは確かに審査が厳しいとされていますが、重要なポイントさえおさえていれば心配は不要。

審査について何も知らないまま申し込むより、最初にしっかりと対策を取りませんか。

この記事では、銀行カードローンの審査について徹底解説。

おさえておきたいポイントも紹介しますので、是非参考にしてみてください。

銀行カードローンとは

 

まず、銀行カードローンについて、改めて解説していきましょう。

銀行カードローンとは、その名の通り銀行が個人にお金を貸すサービスのことです。

銀行というと、企業向けの融資であったり、個人であっても住宅ローンなどを組むところという印象が強いかもしれませんが、近年は個人への用途自由の融資も行っています。

低金利な場合が多い

銀行はその豊富な資金から、低金利での貸付が可能です。

大手消費者金融などの金利は18%前後であることが多い中、銀行カードローンの金利は14%前後。

約4%もの差があります。

この低金利は、銀行カードローンの大きな魅力の一つです。

貸付限度額が高額なことが多い

また、資金が多いことによって貸付限度額も比較的高額です。

例えば、消費者金融であれば500万円前後に貸付限度額が設定されていることに対して、銀行カードローンの場合は800万円まで設定可能なんです。

ただし、人によって貸付限度額は変わります。

年収や返済額、様々な条件で決まるものなので、必ずしも希望額を借入出来る訳ではありません。

何故、銀行カードローンは審査が厳しめなのか

 

銀行カードローンというと、審査が厳しいというイメージを持っている方もいますよね。

その通りで、比較的に審査は厳しめです。

金利が低いことや貸付限度額が高額なことで、貸し倒れ(利用者が返済出来なくなり、お金を回収出来なくなること)した場合のリスクが大きいことも審査が厳しめになることの理由の一つです。

ですが、審査が厳しめである大きな原因は、保証会社が代わりに審査をしていることにあります。

保証会社とは主に消費者金融などのこと。

この保証会社が銀行の代わりに借入の審査を行なっています。

保証会社は、万一銀行カードローンで貸し倒れが起きたら代わりに返済(代位弁済)する義務があります。

自分の会社の貸し倒れならまだしも、銀行カードローンの貸し倒れにまで対応しなくてはいけないとなると、審査に慎重になるのはうなづけるのではないでしょうか。

銀行カードローンに保証会社が必要な利用

何故、消費者金融が銀行カードローンの保証会社になっているかというと、銀行よりも消費者金融の方が個人融資のノウハウを持っているからです。

銀行はそのノウハウを使う為に保証会社に保証料を払って、代わりに審査してもらっているのです。

また、多くの消費者金融は賃金業法改正によって経営が悪化しました。

その為、銀行という大手グループに属することで利益を維持することにも繋がっています。

相互で支えあっているのです。

銀行カードローンの審査に通過するポイント

 

ここからは、銀行カードローンの審査に通過するポイントを紹介していきます。

審査は比較的厳しめではありますが、ポイントをおさえておけばある程度の対策は可能。

ポイントは以下の三点です。

  • 安定した収入がある
  • 過去に返済遅延などを起こしていない
  • 借入件数、借入残高が少ない

詳しくみていきましょう。

審査通過ポイント①:安定した収入がある

 

安定した収入とは、月に1回以上の収入が継続的にある状態のことです。

収入は月によって差があるようなものではなく、なるべく一定額で決まっていた方が審査に有利です。

その方が、「月にこれくらいのお金を返済に回せる人」だと分かってもらえるからです。

銀行カードローンに限らず、賃金業者は貸したお金が利息と共に返ってきて、ようやく利益になります。

ですので大前提として、貸したお金は必ず返してもらわなくてはいけません。

お金を返済してもらう為には、それだけの期間ずっと収入がなくてはなりませんね。

安定した収入があるということは、そういった面で大切なことなのです。

審査通過ポイント②:過去に返済遅延などを起こしていない

銀行カードローンに限ったことではありませんが、過去に返済遅延などを起こしていない方が審査の通過率は高くなります。

返済の遅延を起こしてしまうと、それだけ信用を失うことになってしまうんです。

特に、長期的(主に2ヶ月以上)な遅延をすると審査の通過が難しくなります。

すでに返済中のローンがある場合には、絶対に返済の遅延などを起こさないようにしましょう。

審査通過ポイント③:借入件数、借入金が多い

 

借入件数と借入残高も、審査の通過に大きく関わります。

例えば、すでに高額を借入していて、かつ借入件数が多い人に、更に融資をしたいと思うでしょうか。

この心理は、もし自分が誰かにお金を貸すことになったとしても同じなのでは。

銀行カードローンは保証会社が審査をしていると解説しましたが、その為に審査は特にシビアに見られます。

借入件数や借入金が多い場合には、ある程度返済してから申し込んだ方が審査の通過率は高くなるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

この記事では、銀行カードローンの審査について詳しく解説してきました。

審査は少し厳しめにはなりますが、自分で取れる対策を取れれば不安も少なくなりますね。

もう一度、振り返ってみましょう。

  • 銀行カードローンの審査が厳しめなのは、保証会社が審査代行しているから
  • 審査に通過する為には、3つのポイントをおさえること
  • 銀行カードローンの審査は厳しめなこともあって、申し込む前から不安になる方が多いでしょう。

    しかし、審査に対しての不安な気持ちは対策を知ることでしか晴れません。

    今回の銀行カードローンの審査対策を参考に、是非不安を軽減した上で申し込みをしてみてくださいね。