借入の審査に通らず悩むサラリーマン

キャッシングの申し込みをしても、なかなか審査に通らない。

年収が少ないからなのか、それとも勤続年数が関係しているのか等、審査に落とされる理由が分からないと不安ですよね。

実はそれは、申し込みブラックと呼ばれる状態かもしれません。

審査に通ることが出来ないからと、複数の金融機関に短期間に申し込みしていたら要注意です。

その行動が審査に通りづらくさせる原因かも。

今回は、知らないうちに審査に通らなくなってしまう「申し込みブラック」の仕組みを詳しく解説。

なかなか審査に通らず、対策が分からない・・・と悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。

申し込みブラックとは

申し込みブラックとは、短期間に複数の金融機関に申し込みをしたことで、一時的に審査に通りづらくなっている状態のことです。

名前が似ていて混同されがちなブラックリスト入りは、キャッシングしている人が返済を遅れたりすることで陥る状態のことですが、申し込みブラックの場合には実際に借入していなくても審査通過が難しくなります。

一般的には月に3社以上申し込むと、申し込みブラックに

お金を確実に借りたいからと、短い期間にいろんな金融機関でキャッシングの申し込みをしていないでしょうか。

短い期間の申し込みというのは、目安として月に3社以上に申し込むことを指します。

確実に借入する為に複数の金融機関で申し込みたくなる気持ちは分かりますが、それは審査通過の為には逆効果なんです。

複数の金融機関に借入の申し込みをするとそれだけお金に困っていると判断され、審査に落とされやすくなるからです。

また、どれくらいの期間にどれほどの申し込みを行えば申し込みブラック、という明確な基準はありません。

目安で月に3社以上申し込むと危険、としか言えないのです。

その為、どんなにお金が借りたくても一社ずつ申し込むようにしてください。

申し込みブラックになると、半年から1年ほどは審査通過が難しい

一度申し込みブラックになってしまうと、それから半年〜1年ほどは審査の通過が難しくなります。

金融機関への申し込み状況は信用情報機関と呼ばれる機関で保存されており、この情報の保存期間が半年〜1年のためです。

信用情報機関で保存されている個人の情報のことを、「信用情報」と呼んでいます。

審査に通過出来ないことで焦って多くの金融機関で申し込みを続けると、更に申し込みブラックの期間が伸びます。

月に3社以上の申し込みをして審査に通らなかった時点で、一旦借入は諦めた方がいいでしょう。

申し込みブラックか確認するには

 

申し込みブラックという状態についてはわかっていただけたでしょうか。

中には、「何度も申し込みをしてしまったから、心当たりがある・・。」と思った方もいたのでは。

けれども、どれくらいのスパンで申し込みをしたか忘れてしまい、申し込みブラックという確信が持てない場合もありますよね。

そんな時、自分自身で申し込みブラックであるかどうかを確認する方法について解説していきます。

申し込みブラックかどうか知るためには、信用情報機関に保存されている自分の信用情報を確認する必要があります。

これを、「信用情報の開示」と言います。

信用情報の開示をすることで、自分の信用情報に何回申し込みの記録が残っているか確かめることが出来ます。

その回数が短期間で多いようなら、残念ながら申し込みブラックである可能性が高いということです。

信用情報の開示方法

 

信用情報の開示方法には、以下の3種類があります。

  • インターネットでの開示
  • 窓口での開示
  • 郵送での開示

この全ての方法に共通して言えるのは、開示手数料がかかるということ。

500〜1,000円です。

手数料の支払いは、クレジットカードや現金、定額小為替証書等ですることになります。

信用情報機関によって対応している開示方法が違うので、注意してくださいね。

更に、信用情報機関は1つではなく3機関あります。

その為、自分が利用しようとしていた金融機関がどの信用情報機関に加盟しているか確認する必要があります。

金融機関によって加盟している信用情報機関は違う

信用情報機関には3機関あり、その機関によって加盟されている金融機関が異なります。

簡単に解説すると、以下のようになります。

  • JICC(日本情報信用機構)
    主に消費者金融、信販会社が加盟しています。
    大手、中小関わらず、殆ど全ての消費者金融が加盟しています。
  • CIC
    主にクレジットカード会社、信販会社が加盟しています。
    消費者金融もJICCと一緒に加盟していることが多いです。
  • 全国銀行個人信用情報センター
    主に銀行と銀行系カード会社が加盟しています。
    信用情報機関の中で最も申し込み情報の登録期間が長く、1年間です。

各金融機関のサイトを見て、どの信用情報機関に加盟しているか確認してみましょう。

主にページ下に明記されています。

ただし、殆どの金融機関は複数の信用情報機関に加盟しており、審査で照会される情報は共有されていると言っても過言ではありません。

一つの信用情報機関で申し込みブラック状態であれば、他の信用情報機関に加盟している金融機関だとしても審査通過は難しい、と捉えるようにしましょう。

まとめ

今回の記事では申し込みブラックについて詳しく解説してきましたが、いかがでしたか。

審査に通らない原因が申し込みの回数と関わっているなんて驚きですよね。

もう一度まとめてみましょう。

  • 短期間で複数(目安:月に3件以上)の金融機関に申し込むと、申し込みブラックになる
  • 申し込みブラックになると、半年〜1年くらいは審査に通りづらくなる
  • 申し込みブラックか確かめる為には、信用情報を開示する
  • 金融機関によって、加盟している信用情報機関は違う
  • 殆どの金融機関が複数の信用情報機関に加盟している
  • 一つの信用情報機関に申し込みブラック状態になると、殆どの金融機関の審査通過が難しくなる

審査に通らないと、焦りや不安でいっぱいになるもの。

けれども、だからと言って複数の金融機関に申し込むのは危険です。

まずは短期間に複数の金融機関の申し込みをしていないか、確認してみてくださいね。