クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の説明に入る図

クレジットカードを利用する方の多くは、ショッピング枠、キャッシング枠という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、いまいち違いは分からないという方もいるかもしれませんね。

二つの枠には大きな違いがあります。

その違いには、クレジットカードの仕組みが関わってくるんです。

この仕組みを知らないまま使っていると、気づかぬうちに利用限度額を超えてしまい、カードが停止されてしまうことも。

この記事でクレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の違いを仕組みから解説します。

仕組みを知ることによって、よりカードを安全に使うことが出来ますよ。

是非、参考にしてみてくださいね。

ショッピング枠とキャッシング枠の仕組みとは

クレジットカードには、今回紹介する「ショッピング枠」「キャッシング枠」があります。

この二つの枠は別の用途で利用されるのですが、お互いに関係があるんです。

一つずつ詳しく解説していきましょう。

ショッピング枠とは

私たちが、お店やネットなどでクレジットカードを使う時に使われる枠のことです。

カード払いと呼ばれるお買い物は、全てショッピング枠を使っています。

通常、カードの発行はショッピング枠の利用を目的にされている為、この枠しかないカードもあります。

ショッピング枠の利用限度額=そのカードの利用限度額

前述した通り、カードの主な使用はショッピング枠であると仮定されています。

その為、ショッピング枠の限度額がそのままそのカードの利用限度額になります。

2回までの分割払いの場合は手数料無料

返済方法を一括払いや2回払いにすることで手数料はかかりません。

ただし、2回以上の分割払いや、リボ払いの場合には手数料がかかります。

キャッシング枠とは

ATMなどから直接現金を借りることが出来る枠のことです。

消費者金融や銀行などからお金を借りることと同じ意味合いになります。

キャッシング枠がついているカードであれば、新たな審査は不要で利用出来ます。

クレジットカードによっては元々キャッシング枠がない場合もありますが、発行時に外されていることも。

発行時に枠を外される要因としては、申込者にこれまで借入金の返済の延滞等があり、信用が低かったことが考えられます。

枠が付いているかどうかは、カード会社のHPで自分のページにログインすれば確認が可能です。

キャッシング枠を使うと利息が発生する

また、ショッピング枠とは違い、キャッシング枠を使った場合には翌月に一括で返済したとしても利息が発生します。

利息はお金を借りる時は、必ず負担しなくてはなりません。

借入することによって元金にかかる使用対価のようなものです。

キャッシング枠の金利は高く設定されている

金利とは、利息が1年間に発生する割合を決めるもののことです。

消費者金融などを利用すると金利という言葉を目にしますが、カードのキャッシング枠にも金利が設定されています。

殆どのカード会社のキャッシング枠の金利は18%です。

この金利は、高いと呼ばれている消費者金融などと同水準のものなので、決して安くはありません。

キャッシング枠はショッピング枠の中に設定されている

一体どういうことなのか、分かりやすいように例を出してみましょう。

例)ショッピング枠50万円、キャッシング枠30万円のカードの場合

使用出来る例→ショッピング枠のみ50万円分使う

使用出来ない例→ショッピング枠を40万円分使った後に、キャッシング枠を30万円使う

このカードの利用限度額は50万円です。

その為、ショッピング枠を40万円分使うと、キャッシング枠は10万円まで下がるのです。

二つの枠を最大限に使えると思うと、カードの利用限度額を超えてしまいます。

常に利用残高がどれだけ残っているかの確認が必須です。

まとめ

いかかがでしょうか。

今回は、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違いについて解説してきました。

二つの枠を違いには、クレジットカードの仕組みが関わっていると知ることが出来たのではないでしょうか。

簡単にまとめてみましょう。

  • ショッピング枠しか付いていないクレジットカードもある
  • ショッピング枠の利用限度額=クレジットカードの利用限度額になる
  • ショッピング枠利用分の返済は、2回払いまで手数料がかかる
  • キャッシング枠を使うと利息が発生する
  • キャッシング枠の金利は高く設定されている
  • キャッシング枠は、ショッピング枠の中に設定されている

クレジットカードを使う時は、この二つの枠の違いを理解することが大切です。

ショッピング枠を使うとその分キャッシング枠も減ることや、金利手数料がかかることを知らずに使うと、大事な時にカードが利用停止になってしまったり、返済出来なくなるという危険性もあるんです。

枠の違いを知った上で、常に限度額を考えながら利用してくださいね。