クレジットカードでのキャッシングを利用したい男性

急にお金が必要になった時、キャッシングが使えると便利ですよね。

しかし、「銀行や消費者金融に行くのは面倒だしもっと手軽に済ませたい」と考える方も多いのではないでしょうか。


そんな時は、クレジットカードのキャッシングであれば便利です。

クレジットカードさえ持っていれば、すぐに借入が出来る可能性があるんですよ。


ただし、クレジットカードのキャッシングには注意点があるのも事実。

注意点を知らないまま借入してしまうと、返済に追われて生活が苦しくなることにも繋がりかねません。


この記事では、クレジットカードのキャッシングの仕組みから、注意点まで詳しく解説。

便利なクレジットカードで安全に借入する為に、是非参考にしてみてくださいね。


クレジットカードのキャッシングの仕組み

多くのクレジットカードは、買い物に使える「ショッピング枠」と、現金を借入する為に使える「キャッシング枠」という二つの機能を持っています。


キャッシング枠が、今回紹介するクレジットカードで借入する為に必要な枠です。


クレジットカードの申し込み時にキャッシング枠を外しているとついていない場合もあります。

特に何も設定した覚えがない、という方の多くは付いているはずです。

確認したい場合には、カード会社の会員ページで登録情報を見てみましょう。


キャッシング枠はショッピング枠の中にある

気をつけて欲しいのは、キャッシング枠はショッピング枠の中にあるということ。

限度額が50万円のクレジットカードなら、50万円の中にキャッシング枠が設定されています。


もう少し分かりやすく説明しましょう。

例えば、ショッピングの限度額50万円のクレジットカードで50万円分の買い物をしてしまうと、キャッシング枠が30万円に設定されていたとしても、もう借入することが出来なくなるということ。


逆に、キャッシング枠の限度額が30万円のクレジットカードで30万円借入してしまうと、ショッピング枠の限度額が50万円でも20万円分しか買い物に使うことは出来ません。


ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた額が使える訳ではないので、勘違いしないようにしましょう。


キャッシングの為に新たな審査は必要ない

クレジットカードにキャッシング枠が付いている場合には、特に新たな審査は必要ありません。


銀行や消費者金融で借入する時は、審査が必要ですよね。

一方、クレジットカードでの借入の場合は、カードの発行の際にすでに審査が行われているんです。

これが24時間いつでもキャッシング出来る理由になります。


海外でもキャッシング出来る

海外のATMでも、現地の通貨をキャッシングすることが出来ます。


両替するよりも手間はかかりませんし、両替手数料がかからない分お得に現地通貨を手にすることが可能です。

さらに、大量の現金を持ち歩く必要がなくなるので、万一盗難に遭っても被害額を下げることが出来るんです。

このことから、海外旅行時だけクレジットカードのキャッシング枠を使う人も多いです。


キャッシングの利用方法

クレジットカードでの借入は、コンビニや銀行などのATMで出来ます。

カード会社によって利用出来るATMが異なるので、詳しくはカード会社のホームページで確認してみましょう。


主な利用方法の流れは以下のようになります。

  1. ①ATMの最初の画面の「お引き出し」または「クレジットカード」等のボタンを押す
  2. ②ATMにクレジットカードを入れる
  3. ③暗証番号を入力
  4. ④返済方法を「一括払い(一回払い)」か「リボ払い」から選択する
  5. ⑤借入金額を入力
  6. ⑥クレジットカードと、ご利用明細票、現金を受け取る

クレジットカードのキャッシングの注意点

ここまで、クレジットカードのキャッシングの仕組みと利用方法について紹介してきました。


案外簡単にキャッシング出来そうだな、と思った方もいるのではないでしょうか。

確かに、クレジットカードでの借入は基本的にATMで口座からお金を引き出すのと同じ流れなので、そこまで難しくないでしょう。


しかし簡単に借入することが出来るからこそ、注意して利用する必要があるんです。

ここからは注意点について詳しく紹介していきます。


金利は高めに設定されている

クレジットカードでショッピングする場合、一回払いや二回払いであれば手数料はかかりません。


しかし、キャッシング枠を利用するとお金を借りていることになりますので、必ず金利手数料を負担しなくてはいけません。

これは、銀行や消費者金融でキャッシングする際も同じです。


多くのカード会社は、金利18%を採用しています。

この18%というのは、大手消費者金融の金利と同水準のもの。


銀行の金利は15%を切る場合が多いので、高めであると言えるでしょう。


金利と利息について

少し補足で説明します。


金利とは、お金を借りることで年に発生する使用対価をパーセンテージで表したもののこと。

この使用対価のことを利息と呼びます。


利息は月にかかる使用対価の額を説明する際に使われます。

例えば、「金利◯%で○万円借入したから、月にかかる利息は○円」というような使い方が一般的です。


金利が高い=負担する利息も多くなるという認識を持っておくようにしましょう。


返済方法はリボ払いか一括払いしか選べない

クレジットカードでキャッシングをした場合、通常のショッピングの利用時のように分割払いを選択することは出来ません。


お金を借りる段階で、返済日(締め日は通常のショッピング枠利用時と同じ)までに元金プラス利息のお金を用意して一括で返済するか、リボ払いで返済するかを選ぶ必要があるんです。


一括払いの方が利息の負担は少ない

一括で返済する方が利息は少なく済みます。

利息は借りているお金(元金)に対して発生するので、何回も分けて返済するとその分利息負担が増えてしまうからです。


ですが、大きな金額の場合には一括で返済するのは難しいでしょう。

そういった時はリボ払いを選択することになります。


リボ払いで返済すると、利息負担が大きい

リボ払いを選択すると毎月一定額が返済日に口座から引き落とされます。

この一定額とは、カード会社が借入額によって決めた金額です。


しかし、自動的に引き落とされるのでいつ完済するのか分かりづらい上に、少額しか引き落とされない為に負担する利息が多くなってしまいます。


リボ払いで返済するなら、繰り上げ返済を視野に入れる

リボ払いで返済する場合、前述した通り利息の負担が増えてしまうので、カード会社が設定した額の引き落としだけで完済を目指すのは得策ではありません。


この場合は、払える額だけ繰り上げて返済するようにしましょう。

元金を減らすことが出来ればその分完済が早くなるので、利息の負担を減らすことが出来ます。


繰り上げ返済の方法はカード会社によって異なり、主に提携ATMでのみ出来る場合と、指定口座への振込の場合があります。

詳しくはカード会社のホームページで確認してみてください。


ただし、繰り上げ返済にかかる振込手数料などは自己負担になるので、注意しましょう。


まとめ

クレジットカードでのキャッシングの仕組みと利用方法、その注意点について紹介してきました。

簡単に借入が出来る反面、金利が高い為に利息の負担は多く、返済方法も一括かリボ払いしか選択出来ないという不便な面も知ることが出来たのではないでしょうか。


最後にもう一度、クレジットカードでの借入についてまとめてみましょう。

  • クレジットカードでの借入は、キャッシング枠を使用して行う
  • キャッシング枠はショッピング枠の中にある
  • 利用方法は、ATMで自分の口座からお金を引き出すのと同じ流れ
  • クレジットカードでのキャッシングは、金利が高めに設定されている
  • 返済方法は一括払いか、リボ払いしか選べない
  • リボ払いで返済する場合には利息負担が大きい
  • 繰り上げ返済をすると、利息の負担を減らすことが出来る

すぐにお金を借りることが出来るのはクレジットカードでのキャッシングの利点です。

ですが、利息の負担を考えると頻繁に使うのはおすすめ出来ません。

なるべく早く完済して利息の負担を減らすことが得策だと言えるでしょう。