クレジットカードと消費者金融を比較して考えている人

クレジットカードと消費者金融。

現在キャッシングの手段としては、この二つがおなじみとなっています。 ですが、いざキャッシングするとなると、クレジットカードと消費者金融、果たしてどちらにすべきか迷いますよね。

「初めてキャッシングするけど、どっちに申し込めばいいの?」
「手持ちのクレジットカードはあるけど、新たに消費者金融に申し込んだ方がいいのかな?」

お得にキャッシングをしようと思えば、次から次へと疑問が浮かんでくるかと思います。

そこで、本記事ではクレジットカードと消費者金融のキャッシングを徹底比較!</p>

それぞれの特徴を比較し、その違いをしっかり理解した上で、自分にお得な借り方を選びましょう。

クレジットカードのキャッシングについて

クレジットカードといえば、ショッピングのイメージが強いですが、カードを提携ATMにさしこんで現金を借りることもできます。

これがいわゆるクレジットカードで行うキャッシング。

申込時にキャッシング枠が自動付帯しているクレジットカードと、別途申し込みが必要なものとがあります。
手持ちのクレジットカードがあるのなら、まず自分のカードがどちらに該当するのか確認してみましょう。

クレジットカードのメリット

手軽にキャッシングできる

クレジットカードの利点は、なんといってもその手軽さにあります。

手持ちにキャッシング枠のあるクレジットカードがあれば、わざわざ新たに申し込んだり特別な手続きをする必要はなし!
クレジットカードを持って提携ATM等に直行すれば、さくっと金銭を調達することができる優れものです。

海外で現地通貨が引き出せる

消費者金融と比較して、クレジットカードにしかない機能があります。

それは、海外でもキャッシングできるという点!

<海外旅行の経験がある方ならわかると思いますが、 空港や現地でお金を両替するのってドタバタして結構面倒ですよね。
また、「お金が足りなくなるのも心配だけど、外国で多額の現金を持ち歩くのは不安・・・。」

そんなジレンマも海外キャッシングを使えばスッキリ解消!

まず、クレジットカード利用可能なお店ならば、ショッピング機能を利用してスマートにカードを差し出すだけでかっこよくお買い物できます

しかし、もちろん中には現地通貨しか使えないお店もあれば、どうしても現金が必要になる場合があります。
そんなときに火を吹くのが、クレジットカードのキャッシング機能!
必要な時に、必要なお金を準備することができるので安心ですね。

つまり、クレジットカードを海外旅行に持参すれば、不必要に多額の現金を持ち歩くことでビクビクすることはありません。
このように、本来のショッピング機能にキャッシング機能を併用して、クレジットカードは海外旅行でのエレガントなお買い物を演出してくれるというわけです!

為替レートの観点からいっても、クレジットカードの利用は、他で両替するより有利に働くことが多く、旅慣れた人もよく利用しているほど。

よく海外旅行に行かれる方には、かなりお得な機能です。

クレジットカードのデメリット

融資限度額が低い

クレジットカードは、本来ショッピングを目的としてつくられたカードです。
クレジットカード会社からしてみれば、キャッシング機能としての金銭の貸し付けはおまけみたいなものなんですね。

気になる融資限度額は、平均100~150万円。

消費者金融の融資限度額が平均500~800万円なのと比較すると、低くなっています。

くわえて、クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠と合算されてしまう点に要注意!

どういうことかというと・・・

ショッピング枠50万で、キャッシング枠が20万円のクレジットカードがあるとします。
合計で最大70万円使える!と勘違いしがちですが、そうではありません。

ショッピング枠として設定されている50万円が、クレジットカードの利用限度額になります。

たとえば、ショッピング枠で40万円使ったとすると、その月にキャッシングできる額は10万円までに減ります。
逆に、すでに20万円キャッシングしているという場合には、ショッピング枠は30万円になります。

つまり、キャッシング枠がショッピング枠に含まれているということ!

クレジットカードはショッピングを目的としています。
だから、あくまで「おまけ」であるキャッシング機能は、本来の用途におさまる範疇にしてね、ということです。

新規申し込みは時間がかかる

クレジットカードのお得な点はその手軽さにありますが、それは既に手持ちのカードがある場合に限られます。

新規申し込みの場合には、クレジットカードのほうが時間がかかるので注意です。

消費者金融のカードローンが最短即日で発行できるのと比較して、クレジットカードの発行にかかる時間は1〜2週間。
クレジットカードが自宅に郵送されるまで待たなくてはならないので、どうしても時間がかかってしまうんですね。

消費者金融のキャッシングについて

消費者金融のキャッシングは、お金を借りるため専用のカードを発行しておこないます。

つまり、消費者金融は貸金の専門家!

クレジットカードと比較すると、なるべく多くの需要にこたえられるよう、豊富な手段と柔軟な対応が特徴です。

消費者金融のメリット

融資スピードが早い

消費者金融は、圧倒的な融資スピードが強み。

新規申し込みでも、最短即日で融資が可能です。

自動契約機でカードが発行できたり、カードが手元にない状態でも指定口座への振込を選択できたりと、素早く融資できる体制が整っています。

審査は最短のところでなんと30分
なので、早ければその日のうちの1時間以内で借りられるということになります。

自分に合った借り入れ・返済方法が選べる

消費者金融はお金を貸すことが本業です。
お客様のニーズにより多く応えられるよう、借入や返済方法における選択肢の幅が広くなっています。

クレジットカードと同じように提携ATM等を利用したカードでのお借り入れはもちろん、ネットで申し込めば指定口座への振り込みも可能です。
ネット上で操作が完結するので、どこにいてもキャッシングができるのは大きな魅力ですよね。

また、クレジットカードと比較すると、返済方法の自由度も非常に高くなっています。

口座振替の他にもATMを使った返済など、複数の選択肢の中から自分に適した方法をメインに設定できるようになっています。

クレジットカードの返済方式は、一括払いの口座振替が一般的。
リボ払いや繰上げ返済にも対応しているものの、後から連絡しなければならないなど、手間がかかることが多いです。
比較して消費者金融では、リボ払いや分割払いなどを選択できる他、自分に余裕があるときには好きなタイミングで繰上げ返済も可能です。

このように、消費者金融では、スムーズな貸し借りをサポートする仕組みが整備されています。

融資までのスピードが早い上に、借入や返済方法も選べるなんてお得ですよね。

金利が安くなる可能性がある

同じ金額でも、低い金利で借りられるならそれが断然お得です。

金利は、借りる金額によっても異なりますが、初回で適用されるのはクレジットカード、消費者金融ともに18%が一般的です。

クレジットカードにおける金利は、融資金額による変動を除けば、一律であることがほとんど
比較して、消費者金融では、金利が優遇される可能性があるんです。

ただし、そのためには、繰り返しの利用と、堅実な返済を積み重ねる必要があります。

誠意ある取引を重ねることで、

「この人はきちんとお金を返してくれる人だ」

と、消費者金融に信頼してもらえれば、低金利で貸してもらえます。

実績から、貸し付けするのに信頼できる個人として判断してもらえるということですね。

また、すぐに返せる人におすすめなのが、無利息期間をもうけている消費者金融。

無利息期間とは、1ヶ月間など定められた期間内においては利息が発生しない、というサービスです。
つまり、この期間内はタダで借りられるということなので、大変お得です。

消費者金融のデメリット

未成年・安定収入のない人は申込不可

消費者金融の申し込み条件は、20歳以上の安定した収入がある人。

言い換えれば、未成年や収入が安定していない人は、消費者金融でカードをつくることができません。

消費者金融は、貸したお金が利息付きで返ってきて、はじめて儲けが出ます。
返す責任と義務を果たせる人にしか、金銭を貸したくないのは当然ですよね。

ちなみに、未成年がお金を借りられないのは、「未成年が親権者の同意なしに結んだ契約は破棄できる」いう法律が背景にあるから。
これは社会経験に乏しく、自身で責任を取ることが難しい未成年を、悪徳業者から守るための法律です。

裏を返せば親の同意があれば契約も法律上は可能ではありますが、お金を借りた借りないというのはトラブルの可能性も高く、金融機関側もトラブルを避けたいというのが本音のところ。

だから、未成年は消費者金融に申し込むことができなくなっているんですね。

一方、クレジットカードでは高校生を除く18歳以上から申し込み可能で、未成年であっても親権者の同意があればOK。
学生は、学生基準の審査でみてもらえたり、主婦でも配偶者等の収入があれば作成可能であったりと、柔軟に対応をしてくれるところがあります。

ただし、クレジットカードもキャッシング枠に関しては落ちてしまう可能性が高く、仮に通ったとしても上限金額は5万円までと低いことが多いです。

金銭感覚が麻痺しやすい

消費者金融の返済方式は、リボ払いや分割払いが一般的です。
お金を借りる専用のカードを発行しているわけですから、あらかじめ長期的な使用を視野に入れているんですね。

特にリボ払いでは、月々の支払いが一定額なので、借金をしているという感覚が薄れがち。
無計画に借り入れを重ねると、いつの間にか債務がパンパンに膨らんでしまいます。

特に、だらしがない人は、借金癖がつきやすいので注意が必要。
月々の支払額と借金の総額を常に把握し、返済計画をしっかり立てることが大切です。

場面別:お得なキャッシングの選び方

ここまで、クレジットカードと消費者金融、それぞれのメリットとデメリットに焦点を当てて比較してきました。

一長一短で甲乙つけがたく、こっちが絶対にお得、と断言できないのが難しいところです。

そこで、クレジットカードと消費者金融どちらがお得か、ということについて、今度は場面別で比較、解説していきます。

自分の状況と照らし合わせて、お得な方を見極めましょう!

今すぐにお金が必要な場合はクレジットカード!

まずは、その日のうちに現金を用意しなければならないなど、緊急性が高い事態です。

手持ちにキャッシング枠つきのクレジットカードがあれば、最短でお金が借りられます。
新たな申し込みや煩雑な手続きも必要ないので、手軽に利用できますね。

ただし新規申し込みであれば、消費者金融の方が融資スピードは早いです。

クレジットカードだと申し込みから完成まで、所要期間は1〜2週間。

それと比較して、消費者金融なら即日、早いところなら、最短1時間程度で融資してもらうことができます。

高額の資金が必要な場合は消費者金融!

たくさんの資金が必要、というときには、消費者金融がおすすめです。

融資限度額は、一般的にクレジットカードが100〜150万円。

それに対して、消費者金融は、収入や信用情報などを加味して個人への融資額を判断します。

はじめは数十万円程度の限度額になりますが、繰り返し利用することで500〜800万とその枠が広がります。

金利を抑えたい場合は消費者金融!

金利を抑えるのは最も直接的なコストカットです。

初回であれば、ほとんどの場合、消費者金融、クレジットカードともに18%の金利が適用されるので、大きな違いはありません。

ただし、長期的な取引や、繰り返しの利用を考えるのであれば、消費者金融がお得です。

返済実績を積むことによって生まれた信頼関係から、金利を優遇してくれる可能性があるからです。

また、消費者金融では、1ヶ月間など定められた期間内においては利息が発生しない、といういわゆる「無利息期間」を取り使っているところがあります。
早めに返せるのであればこちらを活用することで、低金利どころか無料で借りられることになります。

まとめ

いかがでしたか?
スペックのみを比較して、一概にどちらが良いとは言い切れません。
が、クレジットカードと消費者金融、それぞれの特性と自身の状況を鑑みると、自分にとってお得な方はどっちか、だんだんと道が開けてきたかと思います。

それでは、クレジットカードと消費者金融を比較して、どちらがお得か、ということについて、もう一度おさらいしてみましょう。

それぞれのメリット・デメリット

  • クレジットカードは、気軽に利用でき、海外でも使えるのが魅力
  • ただし、クレジットカードの融資限度額は低く、新規申し込みの際は時間がかかる
  • 消費者金融は、融資スピードが早く、借入、返済方法が豊富
  • 消費者金融は、未成年や安定収入がない人は申し込めない

状況別、お得な借入方法

  • 急いでいるときは、手持ちのクレジットカードを使用。なければ、消費者金融に申し込みを
  • 高額のお借り入れは、消費者金融で
  • 消費者金融なら、繰り返しの利用で金利が安くなる可能性あり
  • すぐに返せるのであれば、消費者金融の無利息期間を活用するのがお得

また、さらにお得なキャッシングをするには、会社選びや返済方式も重要になってきます。
各会社のサイトや利用規約をよく読んで比較し、自分にとって一番お得になるような方法を選びましょう。