信用情報の開示方法がわかり、納得するサラリーマン

大人になると、急にお金が必要になることも増えますよね。
しかし、キャッシングするためには必ず審査に通らなくてはいけません。

審査に通らず、キャッシングすることが出来ないと、気持ちは焦るばかり。
何度も審査に落ちるうちに「もしかして、信用情報が悪いの?」と考える方もいるでしょう。
けれど、「金融機関が審査に使うような機密情報だし、中身を見ることは出来ないだろう・・」と諦めていませんか?

実は、自分の信用情報は確かめることができるんです。
このことを「開示請求をする」と言います。

この記事で、信用情報の開示請求する方法について詳しくまとめてみました。
是非参考にしてみてくださいね。

信用情報とは

 

まずは、信用情報について改めて解説していきましょう。

信用情報とは、個人を特定する情報と、これまでの金融機関との取引履歴を記録した情報のこと。
金融機関は審査でこの情報を見ることで、利用者に返済能力があるのか確認しています。

信用情報を見れば、他の金融機関も含めた今の借入金額や借入件数なども分かるので、年収に対してお金を借りすぎていないかも分かります。

何故、他の金融機関で借りているお金の金額も分かるのでしょうか。
次項で解説していきます。

信用情報は信用情報機関で共有されている

 

他の金融機関で借りているお金の金額が分かるのは、信用情報は「信用情報機関」で集められ、管理されているからです。
信用情報機関があることで、利用者の返済能力をより正確に判断できるようになります。

日本にある信用情報機関は、以下の3つです。

  • CIC
  • JICC
  • 全国銀行個人信用情報センター

殆どの金融機関は、この3つの機関のうちの2つに加盟しています。

ブラックリスト入りしている利用者の情報は、CRINで共有されている

ただし、自分の利用している金融機関が加盟していない信用情報機関であれば、信用情報は登録されていないから、俗に言う「ブラックリスト入り」しても大丈夫、という考えは危険です。

ブラックリスト入りしている利用者の情報に関しては、「CRIN」と呼ばれる情報ネットワークで3機関内で共有されているからです。

その為、どの金融機関を受けても審査になかなか通らない場合、信用情報に問題があって「ブラックリスト入り」している可能性があるのです。

では、次項で自分で信用情報を確かめる方法について解説していきましょう。

信用情報を開示請求する方法とは

信用情報を開示するには、信用情報機関に請求をしなくてはなりません。
まずは、利用している金融機関が加盟している信用情報機関がどこなのか確認しましょう。
必ず公式ホームページに記載されています。

信用情報機関によって多少異なりますが、主に以下の3つの開示方法があります。

  • インターネット
  • 郵送
  • 各信用情報機関の窓口

すべての方法で500〜1000円の手数料がかかり、本人確認書類(運転免許証など)は、現住所が分かるものも含めて2点必要です。

更に詳しく解説していきましょう。

インターネットでの開示請求方法

 

インターネットで開示請求ができるのは、「CIC」と「JICC」です。
少しやり方が違うので、ひとつずつ紹介します。

CICでインターネット開示する場合

※手数料の支払い方法がクレジットカードに限定されています。

  1. ①CICのHPにアクセスし、確認事項を読む
  2. ②クレジットカードの契約で利用した電話番号から、専用窓口に電話をして、受付番号を取得する
  3. ③取得した受付番号を申し込みページに入力する
  4. ④開示報告書が画面に表示される

JICCでインターネット開示する場合

※アプリが使えるスマートフォンのみ対応です。

  1. ①開示モバイル受付サービス専用サイトへアクセス後、「JICC書類送付アプリ」をダウンロードする
  2. ②アプリをダウンロードすると申し込みページが開くので、利用規約を読んで空メールを送信する
  3. ③申し込み内容入力ページのURLがメールで届くので、そのURLを押して、内容を入力する
  4. ④申し込み内容の入力が終わったら、アプリを起動させ、本人確認書類の送付ボタンを押す
  5. ⑤アプリで本人確認書類(運転免許証等の書類2点)の画像を送信する
  6. ⑥画像を送信後、手数料の決済手続きページのURLがメールで届くので、そのURLを押して、決済手続きをする
  7. ⑦決済手続き完了後、特に申し込み内容に不備がなければ受付が完了した旨のメールが送信される
  8. ⑧手続き完了後、10日ほどで開示結果が自宅へ簡易書留で届く

郵送での開示請求方法

 

郵送での開示請求は、「CIC」と「JICC」と「全国銀行個人信用情報センター」の3機関ともに対応しています。

郵送の場合は、方法も同じなので一緒に解説していきます。

  1. ①各信用情報機関のHPにアクセスし、開示申込書をダウンロード
  2. ②ダウンロードした開示申込書に必要事項を入力または、記入
  3. ③開示手数料1000円を「定額小為替証書」で用意(JICCのみ、クレジットカード支払い対応しているので、専用お支払い票に記入)
  4. ④本人確認用書類(運転免許証等)の有効期限内もの2点のコピーを用意
  5. ⑤用意した書類を信用情報機関に郵送
  6. ⑥郵送後、10日前後で簡易書留で開示報告書が届く

各信用情報機関の窓口での開示請求方法

 

窓口での開示に対応しているのは、「CIC」と「JICC」です。 JICCの場合、本人確認書類に運転免許証があれば、1点のみで開示可能です。

この方法についても手順は変わらないので、一緒に解説します。

  1. ①本人確認用書類(運転免許証等)を準備
  2. ②窓口で受付
  3. ③必要書類への記入
  4. ④本人確認用書類と、記入した必要書類を提出し、開示手数料500円の支払いをする
  5. ⑤待機スペースで待つ
  6. ⑥窓口で開示報告書を受け取る

まとめ

いかがでしたか。
今回の記事では、信用情報の開示請求の方法についてまとめて紹介しました。
自分に合った方法は見つかったでしょうか。

ここで、もう一度まとめてみます。

  • 信用情報は信用情報機関に集められ、管理されている
  • 信用情報機関は3つあり、殆どの金融機関はそのうち2つに加盟している
  • ブラックリスト入りしている利用者の情報は「CRIN」によって共有されている
  • 自分の信用情報を確かめることを、「開示」と言う
  • 開示請求する方法は3つある

キャッシングしたい時に審査に通らないと不安ですよね。
しかし、不安なままで更に他の金融機関に申し込みをしても、審査に通過するかどうかは分かりません。
何度も落ちてしまうと、その分心にもダメージを負ってしまうでしょう。

それならまずは信用情報の開示をして、不安材料である信用情報を確認してから申し込みを考えるのも、悪くはないのではないでしょうか。