審査に通らず、お金に悩んでいる男性

信用情報に金融事故情報が載ってしまうと、キャッシングの審査には殆ど通過できなくなります。
金融事故とは、借入金を返済しなかったり、長期的な延滞すること。
金融機関から「この人は返済能力がない人だ」と判断されてしまうことで、借入が難しくなってしまうのです。
別名「ブラックリスト入り」とも呼びます。

審査になかなか通らないと、信用情報を回復させることができれば・・と思う方もいるでしょう。
では、一度でも事故情報が記載されたら、もう一生キャッシングは出来ないのでしょうか。

今回の記事では、信用情報を回復させる方法があるのか、また自分で出来る対策についても解説していきます。
審査に通らないのは信用情報が原因なのでは?と悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。

信用情報とは

信用情報とは、個人を特定できる情報とこれまでの金融機関との取引内容を記載した情報のこと。

信用情報を回復させたい、と思う方は何かしら「もしかしてブラックリスト入りしたかな?」という心当たりがある場合が多いのでは。

しかし、心当たりがあるだけで審査に落ちる原因が分からなければ、対策のしようがありません。
まずは、自分の信用情報について改めて見直してみましょう。

信用情報は信用情報機関で管理されている

信用情報は信用情報機関と呼ばれる機関で集められ、管理されています。
金融機関は、それぞれで信用情報機関に加盟しています。

日本にある信用情報機関は以下の三つです。

  • CIC
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

殆どの金融機関はこのうちの2つの機関に加盟しています。

ブラックリスト情報は「CRIN」で共有されている

では、自分が利用している金融機関が加盟していない信用情報機関には、ブラックリスト入りしててもバレない?と思われる方もいるでしょう。
実はブラックリスト入りしている利用者の情報だけは、「CRIN」と呼ばれる情報ネットワークで共有されています。

その為にどの金融機関でブラックリスト入りしても、すぐに情報は共有されてしまうのです。

自分で信用情報の回復はできるのか?

ブラックリスト入りした情報が金融機関全てにバレてしまうということを解説してきましたが、そうなるとますます自分の信用情報を回復させないことにはキャッシング出来ない!と焦りますよね。

結論から言うと、信用情報を自分の力で回復させることはできません。

しかし回復がいつぐらいになるのかは、ある程度予測を立てることは出来ます。
次項から、詳しく解説していきましょう。

自分の信用情報を開示する

信用情報の回復を考える前に、まずは自分が本当にブラックリスト入りしているのかどうかを確かめましょう。
もしかしたら、勘違いかもしれないからです。

自分の信用情報は見ることができます。これを「開示」と言います。

開示方法には、主に以下の方法があります。

  • インターネットで開示
  • 郵送で開示
  • 窓口で開示

信用情報機関によって、開示方法は異なります。 自分が利用している金融機関がどの信用情報機関に加盟しているのかは、主に金融機関の公式サイト一番下の表記を見ることで知ることができます。

また、それぞれ500〜1000円(その他手数料あり)の開示手数料がかかります。

ブラックリスト入りしているか確かめる方法

開示したら「異動」と表記されていないかを確認しましょう。
異動の表記があれば、金融事故情報として登録されており、すなわちブラックリスト入りしてしまったことになります。

ただし、開示した一つの信用情報機関で「異動」情報が表記されていなくても、他の信用情報機関で表記されている場合があります。
自分が利用している金融機関が加盟している信用情報機関は、全て確かめた方がいいでしょう。

信用情報が登録されている期間を確認する

信用情報を開示した結果、ブラックリスト入りしていたとしても、それで一生キャッシングが出来なくなる訳ではありません。
情報には登録期間があります。

この登録期間を知れば、ある程度の回復時期を知ることが出来ます。

下の表に、各信用情報機関の情報の登録期間をまとめてみました。
ただ、登録期間についても明確に○日まで!と決まっている訳ではないので、目安としましょう。

信用情報機関名申し込み情報返済延滞情報任意整理個人再生自己破産
CIC 申込日6ヶ月を超えない期間 完済日から5年を超えない期間 登録なし 登録なし 免責から5年に満たない期間
日本信用情報機構(JICC) 申込日から6ヶ月を超えない期間 完済日から5年を超えない期間 当該事実の発生日から5年を超えない期間 当該事実の発生日から5年を超えない期間 免責から5年に満たない期間
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 申込日から1年を超えない期間 完済日から5年を超えない期間 登録なし 官報に公告された日から10年を超えない期間 官報に公告された日から10年を超えない期間

信用情報の回復には、少なくとも5〜10年かかる

 

上記の表を見ると、申し込み情報の6ヶ月を除いて、登録期間は大体5〜10年であることが分かりますね。
ここで注目してほしいのは、「完済日から5年を超えない期間」という言葉。

返済を延滞している場合、完済しない限りはずっと情報は記載され続けてしまうんですね。
早く回復させたい場合は、とにかく完済を早めるしかありません。

完済が難しいと思ったら、債務整理を考えること

ブラックリスト入りした状態で、返済を続けていくのは簡単なことではありません。

どうしてもこれ以上の返済は無理だ、と思っているのなら「債務整理」を検討するべきです。
債務整理を選択すれば、今よりも返済額を少なくすることが出来るでしょう。

無料で弁護士や司法書士に相談出来る窓口もあるので、まずは相談してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。
信用情報を回復させることができるのか、また自分で出来る対策について解説してきました。
自分で回復させることはできなくても、回復時期はある程度分かるんですね。

今回の記事を簡単にまとめると、以下のようになります。

  • 信用情報は信用情報機関によって管理されている
  • CRINという情報ネットワークを使って、ブラックリスト情報は共有されている
  • 信用情報を自分で回復させることはできない
  • 信用情報が登録されている期間を知ることで、回復時期をある程度知ることが出来る
  • 返済遅延を起こしている場合、完済しないとずっと信用情報は回復しない
  • 完済が難しいなら、債務整理を考えるべき

キャッシングの審査に通過できないことで、お金の面でも不安でいっぱいかもしれません。
しかしまずは冷静になり、信用情報の開示をして、本当にブラックリスト入りしているかどうか確かめましょう。
案外勘違いであることも多いものです。

そして、もし金融事故情報が載っていたとしても、一生キャッシングが出来なくなる訳ではないと割り切って考え、完済に向けて対策を練っていくことが、信用情報の回復のための一番の近道と言えるでしょう。