ブラックリストについて知りたい人が見るファイル

ブラックリストという言葉を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

ブラックという言葉のニュアンスから、「ブラックリスト入りしたら、二度とキャッシング出来なくなる」「ブラックリスト入りを職場に知られてしまう」などの怖いイメージを持っている方もいるかもしれませんね。

結論から言えば、そのようなことは一切ありません。

一度ブラックリスト入りしても一定期間しか登録されませんので、またお金を借りることが出来るようになりますし、職場に知られてしまうこともないんです。

この記事では、ブラックリストについての正しい知識をご紹介。

また、ブラックリストを説明する上で知っておきたい「信用情報」についても一緒に解説します。

参考にしてみてくださいね。

ブラックリストとは

返済に遅れてしまったり、返済自体が不可能になってしまったりして、金融機関に「返済能力がない人」と判断されている状態のことです。

また、本当にブラックリストと呼ばれるリストがある訳ではなく、返済能力がない人であると判断されてしまった状態を、ブラックリスト入りと言います。

ブラックリスト入りする条件とは

前述しましたが、返済能力が疑われるようなことをすればブラックリスト入りします。

具体的に言うと、主に以下のようなことです。

  • 返済の長期的な延滞(主に3ヶ月以上)
  • 代位弁済(返済がが不能になって、保証会社に代わりに返済してもらうこと)
  • 債務整理(任意整理、民事再生、自己破産をすること)
  • 強制解約(金融機関の利用規則を破ったことで、一方的に解約されること)
  • 携帯電話の端末料金未払い(通話料と一緒に支払っている場合)
  • 短期間に複数の金融機関に借入申込(主に1ヶ月間に3件以上申し込む)

ブラックリスト入りすることで起きること

ブラックリスト入りすると、以下のようなことが起こります。

  • 新たなキャッシングが出来なくなる
  • 新たなクレジットカードが作れなくなる
  • 現在使っているクレジットカードが使えなくなる
  • 住宅ローンなどが組めなくなる

この状態は、完済後も約5〜10年ほどは続きます。

延滞中はずっとブラックリストに登録されたままなので、一刻も早く完済する必要があります。

6ヶ月で情報が消える申込ブラックという状態もある

ただし、短期間に複数のキャッシング業者に申込してブラックリスト入りした場合には、6ヶ月で登録された情報は消えます。

この状況のことを「申込ブラック」と呼びます。

また、キャッシング業者はブラックリスト入り(=返済能力がない人)と見なすかどうかを「信用情報」を見て判断しています。

次項から、解説していきましょう。

信用情報とは

個人を特定する情報と、これまでの金融機関との取引履歴が登録された情報のことです。

お金を借りた場合や、分割で買い物をした場合などには、必ず信用情報に取引が登録されます。

これを見れば、利用者がどのようにお金を借りて返しているのか、一目瞭然なんですね。

信用情報がある理由

キャッシング業者が利用者にどれだけの返済能力があるのか知る為です。

私たちがどこの誰とも分からない人にお金を貸すことが出来ないのと同じで、返してくれるという信用があってこそ、貸し借りの契約を結ぶことが出来るんですね。

その信用こそが、「これまでのキャッシング業者との取引の実績」になるんです。

また、信用情報は基本的に各キャッシング業者ごとに管理されていますが、これから紹介する機関によって集められています。

信用情報機関とは

各金融業者の利用者の信用情報を集めて管理している機関のことです。

集められた信用情報は各金融業者で共有されています。

日本には、以下の3つの信用情報機関があり、金融業者は必ずこのうちのどれか一つに加盟しなくてはなりません。

多くの場合、この中の二つに加盟しています。

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

信用情報機関がある理由

融資するべき人を正しく判断する為にあります。

例えば信用情報機関がなく各金融業者だけの情報管理であったら、すでにお金を借り逃げしている人であっても、他の金融業者で更にお金を借りる、ということが出来てしまうことになります。

そのような状況を作れば、次第に金融機関は資金不足になり、本当に貸すべき利用者にお金を貸せなくなってしまいます。

また、多重債務になり破産を選択せざるを得ない人も多くなってしまいますね。

信用情報機関があることで、そのような状況を作ることなく金融業者が経営出来ていると言えるんです。

次項からは、機関に登録されている情報と期間について紹介していきます。

信用情報機関に登録されている情報と期間とは

分かりやすく表にすると、以下のようになります。

登録される情報JICCCICKSC
契約に関しての情報 契約中、完済日から5年を超えない期間 契約中、完済日から5年を超えない期間 契約中、完済日から5年を超えない期間
延滞情報 延滞中、完済日から5年を超えない期間 延滞中、完済日から5年を超えない期間 延滞中、完済日から5年を超えない期間
債務整理の情報 完済日から5年を超えない期間 完済日から5年を超えない期間 完済日から5年を超えない期間(任意整理のみ)
官報掲載(破産、民事再生)の情報 登録なし 登録なし 官報に掲載が決定した日から10年を超えない期間
申し込み(クレジットカード、キャッシング等)に関しての個人情報 申し込みした日から6ヶ月を超えない期間 申し込みした日から6ヶ月を超えない期間 申し込みした日から6ヶ月を超えない期間

多少登録される情報に違いがあるので、ブラックリスト入りしやすい場合とそうでない場合があるように感じるかもしれません。

しかし、JICCとCICは「FINE」という情報交流ネットワークで情報を共有していますし、ブラックリスト入りと見なされる情報だけは「CRIN」というネットワークを使って全ての信用情報期機関で共有されています。

どのキャッシング業者でもブラックリストに登録される条件は変わらないと認識するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ブラックリストと信用情報に登録される情報と期間について紹介してきました。

ブラックリストが一定期間しか登録されないこと、信用情報があることでキャッシング業者がお金を貸すことが出来ることが分かったのではないでしょうか。

ここでもう一度まとめてみましょう。

  • ブラックリスト入りとは、金融機関に「返済能力がない人」と判断されること
  • ブラックリスト入りすると、完済した後も5〜10年は新たな借入が難しくなる
  • キャッシング業者は、信用情報に登録された情報を確認することでブラックリスト入りしているか判断している
  • 信用情報は信用情報機関で集められ、管理されている
  • 信用情報機関は、お金を融資するべき人を正しく判断する為にある
  • 信用情報機関同士で「ブラックリスト入りの利用者のみ」情報交流が行われている

ブラックという名前だけで、恐ろしいイメージが一人歩きしていた方もいたかもしれません。

しかし、その実態を知れば気をつけるべき点にも気付くことが出来ますし、そこまで恐れる必要はないんです。

キャッシングする前にしっかり返済計画を立て、返済能力を疑われることのないようにしてくださいね