信用情報機関について知って驚く男性

信用情報機関とは「信用情報」を集めて管理する機関のことです。
キャッシングをする時に初めて耳にした方も多いのではないでしょうか。

でも実は、キャッシングをしていなくても信用情報機関に私たちの情報は管理されています。
例えば、私たちがクレジットカードで買い物をしたり、携帯電話を割賦購入した場合など。

「一体どうして?どんな情報が管理されているのだろう?」と不安に思う方もいますよね。

そこでこの記事では、信用情報機関についてまるごと解説。
信用情報機関で管理されている情報や、その確かめ方などを分かりやすく紹介します。
参考にしてみてくださいね。

信用情報機関とは?

 

前述しましたが、信用情報機関とは「信用情報」を集めて管理している機関のことです。

信用情報は何かというと、私たちのこれまでの金融機関や賃金業者との取引履歴や、個人を特定する情報などを登録した情報のこと。
借入の審査の際に、必ず確認される情報です。
個々の金融機関などで登録されていますが、機関に集められることでより多くの信用情報を集めることが出来ます。

では何故、信用情報を多く集めなくてはいけないのでしょうか?

信用情報機関が信用情報を集めて管理する理由

 

信用情報を集めて管理しなくてはならないのは、「利用者の返済能力をより正確に確かめる為」です。

信用情報機関がなければ、個々の金融機関などで登録された信用情報はその中だけで利用され、どこで誰がいくら借りているのかという情報は全く分からなくなってしまいます。

極端にいうと、すでに100万円借りている人が「100万円貸してください」と言っても、その金融機関で借りていなければ記録は残っておらず、返済能力がなくても借りれてしまうかもしれません。

金融機関などは、お金を貸した後に返済してもらえないと、貸し倒れという状態になります。
貸し倒れが起きれば経営にも支障が出ますし、そうなれば本当にお金が必要だった人に貸付できなくなってしまいますよね。
そのようなリスクを減らすために、利用者の返済能力を正確に確かめる必要があるのです。

また、「利用者に適切な額の貸付をすることで、自己破産者を減らす」という理由もあります。
自己破産する方の多くの理由は、返済出来ない額のお金を借りてしまうことです。
利用者の返済能力が正確に分かれば、適切な額のみ貸付することが出来るので、自己破産者を減らすことにも繋がりますね。

信用情報機関は三つある

 

さて、信用情報機関がどうしてあるのかを解説してきました。
ここからは、実際に今ある信用情報機関について紹介していきます。

日本にある信用情報機関は以下の3つです。

  • CIC
  • JICC
  • 全国銀行個人信用センター

全ての金融機関や賃金業者はこの3つのどれかの信用情報機関に加盟しています。
日本で営業するためには、必ず加盟しなくてはなりません。

また、殆どの金融機関などはこのうちの2つの信用情報機関に加盟しています。

どんな情報がどれくらいの期間で管理されているのでしょうか。
今回は、簡単に解説していきましょう。

より詳しく信用情報機関で登録される期間を知りたい方は、「審査で利用される信用情報とは?登録されている情報と期間を解説!」の記事を参考にしてください。

CICで管理される情報とその期間

CICは、主にクレジットカード業者や一部の消費者金融業者が加盟しています。

登録されている情報とその情報が管理される期間は以下です。

登録されている情報管理されている期間
申し込み情報申し込み日から6ヶ月間
契約、返済状況契約期間中、及び完済日から5年を超えない期間

CICの場合、信用情報に登録された情報は最大5年の管理になります。
それ以降はその金融機関だけでの利用に変わるので、他の金融機関での審査に利用されることはなくなります。

JICCで管理される情報とその期間

JICCは、主に消費者金融業者と信販会社、一部クレジットカード会社が加盟しています。

登録されている情報とその情報が管理される期間は以下です。

登録されている情報管理されている期間
申し込み情報申し込み日から6ヶ月間
契約、返済状況契約期間中、及び完済日から5年を超えない期間

CICと殆ど変わらない内容での登録と期間になっています。 より細かく説明すると多少の違いはありますが、概ね「5年以内の情報管理」であると考えて良いでしょう。

全国銀行個人信用センターで管理される情報とその期間

全国銀行個人信用センターは、主に銀行が加盟しています。

登録されている情報とその情報が管理される期間は以下です。

登録されている情報管理されている期間
申し込み情報申し込み日から6ヶ月間
契約、返済状況契約期間中、及び完済日から5年を超えない期間
官報情報当該決定日から10年を超えない期間

登録情報などは、CICとJICCと主に違いはありませんが、官報情報のみは10年を超えない期間での管理になります。 官報とは、個人再生や自己破産などの債務整理手続きをとることで、公告されるもののこと。

官報情報が登録されてしまうと、全国銀行個人信用センターに加盟している金融機関で借入をするのは10年ほど難しくなると考えましょう。

自分の信用情報は、信用情報機関で確認可能

3つの信用情報機関に登録されている情報と、管理されている期間について簡単に解説しました。

ここまでの解説で、「自分の信用情報ってどんな風に登録されているのだろう?」と思った方もいるのでは。
自分の信用情報については、信用情報機関で確認することが出来ます。
これを「開示」と呼んでいます。

信用情報の開示方法とは

信用情報の開示方法には、以下の3種類があります。

  • 窓口開示
    直接、信用情報機関の窓口に行って開示する方法
  • 郵送開示
    専用の申し込み用紙をダウンロードして、身分証明証と共に郵送することで、開示する方法
  • インターネット開示
    インターネットで申し込みすることで、開示する方法

全ての開示方法で500〜1,000円の開示手数料がかかります。
より詳しい開示方法については、「信用情報が不安なら開示請求するべき!やり方まとめ」の記事を参考にしてくださいね。

まとめ

 

いかがでしたか。
信用情報機関がある理由や、登録されている情報と期間について紹介してきました。
私たちの生活を守るためにも、信用情報機関は欠かせない存在なんですね。

もう一度振り返ってみましょう。

  • 信用情報機関は、信用情報を集めて管理している機関
  • 信用情報を集めて管理するのは「より正確に利用者の返済能力を確かめる為」
  • 日本には信用情報機関が3つある
    • CIC
    • JICC
    • 全国銀行個人信用センター
  • 信用情報が信用情報機関で管理される情報、期間は決まっている
  • 自分の信用情報は、開示することで知ることができる

キャッシングの時だけでなく、クレジットカードや割賦販売でも利用されている信用情報。
その情報は信用情報機関に管理され、より正しい利用者の返済能力を見極めることに役立っています。
これからも信用情報と上手く付き合って、便利にキャッシングやクレジットカードを使っていきましょうね。