信用情報の登録期間を知り、納得するサラリーマン

金融機関は、私たちの信用情報を使って審査をしています。
審査はお金を借りる上で避けられず、必ず通過しなければいけません。

中には、例えばキャッシングの返済を遅れてしまったり、債務整理をしてしまったりして、信用情報に自信がないという方もいるでしょう。
一度登録されてしまった情報は、もう二度と消されることはないのかと不安に思いますよね。

実は、信用情報は登録できる期間が決まっているんです。
今回は、信用情報の登録期間について仕組みと共に解説。
参考にしてみてくださいね。

信用情報とは

 

まずは、信用情報について改めて説明していきます。

信用情報とは、個人と特定する情報(氏名、住所など)と、これまでに利用した金融機関との取引履歴をまとめた情報のこと。
私たちがお金を借りる時は、必ず登録されます。

信用情報で確認出来る情報

 

信用情報を見れば、主に以下のことが分かります。

  • 金融機関の申し込み履歴
  • 現在の金融機関との契約情報
  • 現在の借入金額
  • 今までの返済状況

これだけの情報が分かれば、年収などに関係なく、今お金を貸しても良い人かどうかも分かります。
金融機関はこの情報を知ることで、「返済能力」がある人かどうかを判断することが出来るのです。

信用情報機関が共有する情報

 

信用情報は各金融機関によって登録されますが、その情報は信用情報機関によって集められて管理されています。

日本にある信用情報機関は以下の3つです。

  • CIC
  • JICC
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

殆どの金融機関は、この3つの信用情報機関の中の2つに加盟しています。

加盟している機関が同じであれば、他の金融機関であっても登録された信用情報を確認することが出来ます。
その為、たとえその金融機関を初めて使う人であっても、加盟している信用情報機関が同じ金融機関を使ったことがあれば、どんな風に利用していて、どれくらい借入金があるのか分かるのです。

全ての金融機関で確認出来る、異動情報とは

 

基本的には、加盟している信用情報機関が管理している信用情報以外は、金融機関は見ることが出来ません。

しかし、信用情報に登録される「異動」に関しての情報だけは、CRINと呼ばれる情報ネットワークによって、見ることが出来ます。

ここでいう「異動」とは、主に以下のような状態の利用者のことを指します。

  • 長期的(主に3ヶ月以上)の返済の延滞をした
  • 強制退会になった
  • 債務整理をした
  • 代理弁済(保証会社に代わりに返済してもらった)をした

このような状態になると、金融機関は利用者の返済能力を疑い、信用情報に「異動」情報として登録します。
ちなみに、自分の信用情報に異動と登録されているかは、開示請求で知ることが出来ます。

金融機関は、この異動情報が登録されている人=返済に困っている、もしくは困っていた人という判断をする為、審査に通過するのが難しくなってしまうのです。
ただ、審査に通りづらくなったからと言って、無審査で融資してもらえる金融機関を探すのは危険です。

信用情報が登録されている期間

 

返済能力が疑われてしまうことで、審査に通りづらくなっているというところまで、解説してきました。
そんな審査に不利な情報は早く消して欲しい、と思う方が多いでしょう。

ここからは各情報に分けて、わかりやすいように表で確認していきます。

金融機関の申し込み履歴が登録されている期間

信用情報機関名登録される期間
CIC申し込み日から半年
JICC申し込み日から半年
KSC申し込み日から半年

申し込みした情報については、半年間の登録です。
短期間に複数の金融機関に申し込んだことで起こる「申し込みブラック」については、半年間待ってからの申し込みで解決します。

金融機関との契約情報が登録されている期間

信用情報機関名登録される期間
CIC解約日から5年
JICC解約日から5年
KSC解約日から5年

金融機関の契約履歴は完済しただけでは消えません。
完全に履歴から消したいのであれば、必ず解約まで行うようにしましょう。

現在の借入金額、これまでの返済状況が登録されている期間

この情報が登録されている期間については、信用情報機関によって多少異なるので、別々で解説していきます。

CICの情報の登録期間

登録されている情報登録される期間
借入に関しての情報完済日から5年
返済延滞に関しての情報延滞解消日から5年
長期的な返済延滞に関しての情報延滞解消日から5年
債務整理についての情報破産のみ、免責から5年

CICの場合、債務整理は破産をした場合のみ登録されます。
ただし、債務整理後の返済に関する情報は登録されることになるので注意しましょう。

JICCの情報の登録期間

登録されている情報登録される期間
借入に関しての情報完済日から5年
返済延滞に関しての情報延滞解消日から1年
長期的な返済延滞に関しての情報延滞解消日から1年
債務整理についての情報当該事実の発生日から5年

JICCの場合には、信用情報機関の中で唯一、返済の延滞に関しての情報は1年の登録になります。
ただし、債務整理を行うと全ての手続きで5年間は登録されます。

KSCの情報の登録期間

登録されている情報登録される期間
借入に関しての情報完済日から5年
返済延滞に関しての情報延滞解消日から5年
長期的な返済延滞に関しての情報完済日から5年
債務整理についての情報(任意整理)登録なし
債務整理についての情報(個人再生)官報に公告されてから10年
債務整理についての情報(破産)官報に公告されてから10年

KSCは、債務整理についての登録機関がとても長く、個人再生と破産の場合には10年の登録になります。

まとめ

いかがでしたか。
審査で見られる信用情報で何を確認されていたのか、またどの期間登録されているのか分かったのではないでしょうか。
一度、異動情報が載ってしまっても、それで一生キャッシング出来なくなるという訳ではないんですね。

簡単にまとめてみましょう。

  • 信用情報はお金を借りる際には、必ず登録される
  • 審査で信用情報を確認されるのは、「返済能力」を確かめる為
  • 「異動」情報は、CRINを使って全ての金融機関が共有している
  • 信用情報が登録される期間は決まっている

私たちは返済できるだけの能力があるかどうかも、信用情報によって判断されています。
しかしそれはすなわち、信用情報を良くしていれば信用されるということにもなります。

キャッシングの審査に通らない時は、焦ってなんとか借りようとせず、まずは完済して登録期間を減らす方が結果的に早く借入を再開出来ると言えるでしょう。