信用情報について、なるほどと納得する男性

私たちがキャッシングをする場合、必ず「信用情報」を確認されます。
個人信用情報とは一体どんな情報なのか、知っていますか?

自分の知らないところで、自分の情報を利用されるのは怖いと思いますよね。
しかし、個人信用情報とはまさしく自分が知らないうちに確認されているものなんです。
何が登録されているのか、知りたくありませんか。

そこで今回の記事では、個人信用情報について詳しく解説します。
借入する前に、まずは知識を深めてみてくださいね。

個人信用情報で登録される情報

 

まずは、個人の信用情報として登録される情報から紹介していきます。
主に以下の情報が登録されます。

  • 個人を特定する情報(氏名、住所など)
  • これまでの金融機関との取引記録(借入残高、申し込み履歴等)

実は、個人の信用情報として登録されるのは、主にこの2点のみ。
信用情報には、個人の性格や言動などの情報は一切登録されていません。

信用情報で確認されること

 

信用情報に登録される情報について解説してきました。
思っていたよりも登録されている情報が少ないなと感じた方もいたのでは。

次項からは、この情報で何を確認しているのか見ていきます。

返済能力を確認している

 

金融機関は、個人の信用情報を見て「返済能力」を確認しています。
この返済能力とは、主に「貸したお金を返済できるだけの収入があること」を指しています。

金融機関は、ただお金を貸しているだけではありません。
お金を貸したことで発生する利息を利益にして、経営を続けています。
その為、貸したお金が返ってこないという「貸し倒れ」にならないように審査をしています。

信用情報を見なければ分からないこと

返済能力を確認するなら、年収などを見れば良いじゃないかと思われるかもしれませんね。
しかし、どんなに年収が高い人であっても、すでに他の金融機関の返済を遅延している人であったらどうなるでしょうか。
返済に回せるお金が少ないということになり、すなわち返済能力が低い人であると言えますね。

それを確かめる為に、信用情報に登録されている「これまでの金融機関との取引記録」を確認するのです。

また、この個人信用情報はより多くの金融機関で審査に利用出来るように、「個人信用情報機関」に集められています。
以下から詳しく解説していきましょう。

個人信用情報機関とは

 

個人信用情報機関とは、先ほど紹介した個人信用情報を集めて管理する機関のことです。

国内にある個人信用情報機関は以下の3つです。
日本で賃金業を営む場合には、必ずこの3つのうちのどれかには加盟しなくてはなりません。

  • CIC
  • JICC(日本信用情報機構)
  • 全国銀行個人信用情報センター

3つともそれぞれ加盟している金融機関が異なる為、管理している個人信用情報は異なります。

個人信用情報機関同士で共有される情報とは

 

普段は機関ごとに別々に管理されている個人信用情報ですが、実は「ブラックリスト入りした顧客」の情報は共有出来ています。
これは、「CRIN」と呼ばれる情報の交流ネットワークを使っているから。

一度ブラックリスト入りしてしまうと、全ての金融機関の審査通過が難しくなるのは、CRINの働きがあったからなんですね。
また同時に、返済能力がない人がお金を借り過ぎることで債務整理などをすることを防ぐという役割もあります。

ただ、こんな風に情報を共有されていると知ると、自分の信用情報が今どのように登録されているか気になりますよね。

次項から解説していきましょう。

信用情報は開示することが出来る

 

自分の信用情報は、信用情報機関で確認することが出来ます。
これを「信用情報の開示」と呼びます。

自分の信用情報を開示することが出来るのは、基本的に自分だけです。
親や兄弟、配偶者の信用情報がいくら気になったとしても、開示することは出来ません。
自分でない人の信用情報を開示するには、本人からの委任状が必要です。

信用情報の開示方法

 

信用情報は、信用情報機関から開示してもらう必要があります。
方法は以下の3つです。

  • インターネットによる開示
  • 信用情報機関の窓口で開示
  • 郵送での開示

注意してほしいのは、全ての開示方法に手数料がかかるということ。
窓口だと500円、インターネットや郵送の場合には1000円(+その他手数料)がかかります。
信用情報機関によって、対応の開示方法が異なります。

また、前述した通り、自分の契約している金融機関によって加盟している信用情報機関が違うので、まずは確認してから開示の手続きを取りましょう。
金融機関のホームページに必ず明記されています。

まとめ

この記事では、個人信用情報とは一体どんな情報のことなのか、詳しく解説してきました。
個人信用情報は個人信用情報機関で管理され、利用されていると知って驚いた方もいるのでは。

ここでもう一度、まとめてみましょう。

  • 借入審査の際に、個人信用情報は必ず見られる
  • 信用情報に登録されているのは、個人を特定する情報と金融機関との取引履歴
  • 金融機関は個人信用情報で、返済能力を確認する
  • 個人信用情報は、個人信用情報機関に集められ、管理されている
  • 個人信用情報機関はCRINを使って、ブラックリスト入りした顧客の情報は共有している
  • 自分の信用情報は開示できる

審査で重要視される「返済能力」を確認する為に、信用情報は利用されています。
しかし、同時に信用情報とは自分の返済能力を証明してくれるものでもあるんですね。

個人信用情報は、自分でも確認することが出来ます。
自分の返済能力がどう見られるか不安だという方は、借入する前に開示してみるのが良いかもしれませんね。