おまとめローンをするか迷っている女性

おまとめローン」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

忙しい日々の中での資金繰りは、なかなか難しいもの。
特にお金を借りているところがいくつもあると、その管理も大変になってきます。

「今月はどの銀行にいつ返さなきゃいけないんだっけ?」
と返済日や金額がごちゃごちゃになってしまったり、

各々への支払いがかさんで
「もう少し余裕のある生活がしたいな」
と考えている方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな悩みを解決するのが、銀行など金融機関がおこなっている「おまとめローン」。

簡単に言うと、今まであちこちから借りてきた金の返済先を1つにまとめることです。

他にも、「借り換え」や「一本化」などと呼ばれるこの仕組み。

おまとめローンの基礎知識があれば、更に今より月々の返済額を減らしたり、金利が安くなる可能性があるんです。

今回は、そんなお得な可能性を秘めたおまとめローンについて、知っておきたい基礎知識を紹介していきます!

借金の返済に奔走する毎日から脱却して、余裕のある日々を送っちゃいましょう!

おまとめローンの仕組み

では、実際におまとめローンとは、どのような仕組みなのでしょうか?

すでに複数社から借りているお金を返済するためのお金を、また新たに借り入れるだけです。

借金を返すための借金、ということですね。
こういうと急に聞こえが悪いですが、新しく借りてきたお金は他社の返済に全額あてる仕組みなので、決して借金が増えるわけではありません。

具体例を見てみましょう。


例えば、A銀行から20万、B銀行から30万の合計50万円を現在借りていたとします。
そこで、消費者金融のC社から50万円を借りてきて、自分でA銀行とB銀行の借金を返済しました。
借りている50万円という金額は変わりません。
が、返済先がA銀行とB銀行の2つから、C社1つに減るというわけですね。


このように複数他社からの借金を返済するために、銀行や消費者金融で新たな借入をする仕組みおまとめローンといいます。

おまとめ専用のローンもありますが、審査に通りさえすれば使途自由のカードローンでも同じことができます。

通常のキャッシングと同じ手続きで借入ができますが、多重債務者が利用するものなので、審査は厳しくなります。

おまとめローンはこんな時におすすめ

以上、おまとめローンの仕組みと基礎知識について簡単にみてきました。 では、一体どのような場面でおまとめローンの仕組みは活躍するのでしょうか?
おまとめローンが有利に働くケースについても基礎知識を身につけていきましょう。

複数社から100万円以上の借入がある場合

複数他社からの借入金額の合計が、100万以上あると、おまとめローンをした方がお得になることが多いです。

これはなぜかというと、金利が安くなる可能性が高いから!

利息制限法という法律によって、100万円以上貸し出すときの金利は、上限15%までと決められています。

つまり、複数社から合計100万円以上の借入があり、各々の金利も15%以上であれば、借り換えれば確実に金利は15%まで下がるということです。

そうでなくても消費者金融では、50万円未満の貸出の場合、だいたい15〜18%の金利を適用しているので、借り換えた方がほぼ有利にはたらきます。

ちなみに、おまとめローンは総量規制の対象外。
審査を通れば、債務の合計額が年収の三分の一以上ある場合でも融資してもらえます。

月々の返済に苦労している場合

毎月の支払額が生活を圧迫しており、もっと生活に余裕を持ちたい、という方にもおまとめローンはおすすめの仕組み。

おまとめローンを利用すると、最小返済額(月に返済しなければならない最低額)が下がるケースが多いからです。

おまとめローンなら、今まで各社バラバラだった返済日や方法も1つに統一できるので、そういった煩雑さから解放されたい方におすすめです。

このように、毎月の支払いに苦労している方は、一度おまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか。

おまとめローンの注意点

おまとめローンは、正しい基礎知識を身につけていないと失敗してしまうことも。
そこで、おまとめローンで失敗しないためにも、注意点についても一緒に見ていきましょう。

借金がなくなるわけではない

おまとめローンは、あくまでも借入先を1つにまとめる仕組みです。

決して完済したわけではありません。

おまとめローンでつくったお金を、今までの借り入れ先に返すのは、自分自身。

特にお金を借りることが習慣化している人は、間違っても他のことに使ってしまうことのないようにしましょう。

また、余ったお金を使い込んだり、完済したことによって空いた枠でまた借りたりしていると、なかなか悪循環から抜け出せません。
意志が弱い人は失敗しないように、おまとめローンで完済した先は解約するなど自分で債務を増やさない工夫をしましょう。

最終的に払う利息が増えることもある

おまとめローンで、金利が今より安くなっても、最終的に払う利息の合計額が多くなるケースもあります。

それは、毎月の支払額を下げることによって生じます。

支払額を下げると、そのぶん完済まで時間がかかります。

毎月の負担は減っても、完済までの期間が延びるので、結果的に多くの利息を支払わなければならなくなるんですね。

最小返済額で毎月支払っていると、このような失敗に陥りやすいです。

特に、銀行系のカードローンは、借入残高が減るにつれて最小返済額も減っていく方式を採用しているため、ずるずると完済まで続きます。

返済額は任意で変更可能なので、無理しない範囲で返していきましょう。

新しい借入ができなくなる

通常のカードローンは、限度額内で借りて返して、の繰り返しの利用が可能です。

しかし、おまとめ専用ローンは、借金の負担を軽減するのが目的なので、追加借入ができません。

このため、お金を借りて、返しての繰り返しの中で生活している人や、後になって追加融資が必要になるかもしれない人は注意が必要です。

こういった方は、追加融資可能な銀行のおまとめローンや、使途自由なカードローンでの借り換えるのがよいでしょう。

申込前にシミュレーションを

ここまで、おまとめローンの基礎知識をみてきました。
が、実際、おまとめローンがあなたにとって有利に働くかどうかは、ケースバイケース。

そこで、申込前に、借り換え前と、一本化した後、両方のシミュレーションをおこなうことをおすすめします。

月々の支払額と総支払額、両方が安くなるのが理想ですが、そうならない場合は自分の状況と照らし合わせて考えてみることが大切です。

多少返済期間が延びてもいいからゆとりをもった生活をしたい、という方なら、総支払総額が多少大きくなっても問題はありません。

が、「総支払額を減らしたい」という場合には、たとえ金利が下がったとしても、月々の支払額の減少による利息増の効果と天秤にかけて考える必要があります。

このように、おまとめローンに何を求めるか、何を失敗とするかは、人によって変わってきます。

失敗を防ぐためにも、自分が一本化によって何を得たいのか目的を明確にして、申込前に計算シミュレーションを活用しましょう。

まとめ

ここまで読んだあなたは、おまとめローンとは何か、その仕組みと基礎知識が、もうバッチリ頭に入ってきたと思います。
それでは、おまとめローンで失敗しないためにも、ここでもう一度基礎知識を復習してみましょう。

  • おまとめローンとは、すでに複数社から借りているお金を返済するためのお金を、また新たに借り入れること。
  • おまとめローンは、借金の負担を軽減する仕組み!金利が安くなったり、月々の支払額が減少するなどのメリットがある!
  • ただし、金利が安くなっても最終的に支払う利息は増えることもあるので注意が必要!
  • おまとめ専用ローンは借金返済用なので追加借り入れができない
  • 損得の分かれ目は、申込前にシミュレーションで判断しよう!

いかがでしたか?

お金がどうしても返せなくなった場合、債務整理などの方法もあります。

が、そうすると5年間はローンやクレジットカードを使えなくなってしまいます。

しかし、おまとめローンで完済できれば、個人信用情報に傷は残りません!

ここで身につけたおまとめローンの基礎知識を活かして、生活に無理のない返済をしていきましょう!