おまとめローンを組みたい人が悩んでいる図

おまとめローンを組むなら金利の低い銀行カードローンが良いと思う方も多いのでは。
確かに銀行カードローンであれば、大手消費者金融などと比べて金利も低く、おまとめローンを組むことが出来れば、払う利息も少なくすることが出来ます。

だけれども、銀行は審査が厳しめであると言われています。
なんとか銀行カードローンの中でも、審査に通りやすいところはないだろうかと悩む方もいますよね。

実は借金のおまとめ先の銀行を探すなら、審査の通りやすさ以前に、絶対に確認しておきたいポイントがあるんです。
このポイントを見逃すと、審査に落ちてしまうことも。

そこで今回の記事では、おまとめローンの審査に通りやすい銀行を探す上で確認しておきたいポイントについて、今の銀行カードローンの実情も交えて解説していきます。
参考にしてみてくださいね。

おまとめローンとは

 

まずは、改めて解説しましょう。

おまとめローンとは、一般的に今ある借入金を一つの金融機関にまとめることです。
例を出すと、以下のようになります。

例)A金融会社から30万円、B金融会社から70万円の借入がある場合

  1. C金融会社から100万円を借入
  2. 100万円でA、B金融会社の借金を完済
  3. その後、C金融会社から借りた100万円の返済する

ただし、借入先が多かったりすると、一つの金融機関でまとめきれない場合もあります。
借入金額が高くなり過ぎるからです。

借入額が高額な為、審査は厳しいものになる

 

おまとめローンの性質上、借入額は一般のキャッシング利用者よりも高額になります。
少なくともおまとめしたい金額分は借入が必要になります。

高額の借入をするということは、それだけ返済能力がないといけないということ。
一般のキャッシング利用者よりも審査は厳しめになります。

おまとめローンは総量規制の適用外

おまとめローンは、総量規制(年収の3分の1以上の貸付を制限するルール)の適用外になります。
理由としては「顧客にとって一方的に有利な借り換え」になるからです。

何故、顧客に一方的に有利な借り換えであると総量規制の適用外になるかというと、借金をまとめて返済したいと考える時点で、完済する意思があると取れるから。

その為、おまとめする為に完済用のお金を借りたら年収の3分の1以上の金額になってしまっても、借入を認めてくれるのです。

銀行カードローンは、おまとめローンに消極的

 

ここで知っておいてほしいことがあります。
2018年現在、銀行カードローンはおまとめローンに消極的であるということです。
金融庁によって貸付過多が指摘されたことが要因です。

銀行カードローンの利用者は、銀行という信用と低金利さ、総量規制の対象外であったことで、増加の一途を辿っていました。

しかしその一方で、自己破産を選択する利用者の増加も問題視されていました。
その要因として指摘されたのが、銀行カードローンが総量規制の対象外であった為に、自分の返済能力を超えた金額であっても借りることが出来ていたからではないか、というものでした。

その結果、銀行は高額な貸付に慎重にならざるを得なくなった為、おまとめローン利用者の獲得には消極的になっているのです。

おまとめローンの審査に通りやすい銀行を探すポイントとは

さて、銀行カードローンでおまとめローンを組むのは、難しいという解説をしました。
では絶対に銀行でおまとめ出来ないかというと、そうではありません。

おまとめローンを組むのが厳しいことには変わりありませんが、審査に比較的通りやすい銀行を探すポイントはあります。
主に以下の3つです。

  • おまとめローンを推奨しているか確認する
  • 低金利を求め過ぎない
  • なるべく地方の銀行を探す

詳しく解説していきましょう。

審査に通りやすい銀行ポイント1:おまとめローンを推奨しているか確認する

一番大切なのは、おまとめローンを推奨しているかどうかです。
銀行カードローンのサイトを見て、「おまとめ返済にも最適」等、おまとめローンを推奨する文面があるか探しましょう。

おまとめローンは高額な借入になるので貸し倒れのリスクはありますが、しっかり返済してくれれば、長い期間利息を払ってくれるありがたい顧客にもなります。
リスクを取ってでもまずは利益拡大を、と考えている銀行であれば、借金をまとめる為に利用してほしいのです。

その為、借金のおまとめ目的での利用を推奨している銀行は、比較的審査に通りやすいと言えるでしょう。

審査に通りやすい銀行ポイント2:低金利を求め過ぎない

低金利である銀行は、その分だけ利息の利益が少なくなるので貸し倒れに対しての対応も難しく、審査は厳しめです。

おまとめローンを組むなら、金利が低いところで組んで利息の負担を減らしたいですよね。
しかし、あまりに低金利でおまとめしようとすると、今度は審査が厳しくなり過ぎてしまうのです。

例えば、一番低金利な大手銀行で借金をまとめたい、という気持ちがあると審査に通りやすい銀行を探す為の妨げになります。

銀行カードローンであればある程度金利は低いので、今組んでいるローンよりは金利が低くなればいい、くらいの気持ちで探しましょう。
低金利な銀行を探し過ぎると、審査通過がどんどん難しくなります。

審査に通りやすい銀行ポイント3:なるべく地方の銀行カードローンを探す

地方の銀行カードローンの方が、おまとめローンの審査に通りやすいと言われています。
大手銀行と比べ、より利益を増やす為に利用者を確保したい銀行であることが多いからです。

大手銀行の場合には、すでにある程度の利益は出ている為、そこまで借金のおまとめ利用者にこだわる必要はありません。

しかし、地方の銀行は元々の利用者が大手銀行と比べて少ないことが殆ど。
まだまだ利用者も利益も増やしていきたいと考えるのは、不思議ではありません。
その為、大手銀行よりも審査に通りやすいと言われているのです。

まとめ

いかがでしたか。
おまとめローンの審査に通りやすい銀行の探し方について、詳しく解説してきました。
探し方のポイントは分かっていただけたでしょうか。

ここで、簡単に振り返ってみましょう。

  • おまとめローンの審査は元々厳しい
  • 銀行はおまとめローンに消極的
  • おまとめローンの審査に通りやすい銀行を探すポイントは3つ
    • おまとめローンを推奨しているか確認する
    • 低金利を求め過ぎない
    • なるべく地方の銀行カードローンを探す

銀行カードローンでおまとめしようとすると、確かに審査の通過は難しいです。
しかし、審査に通りやすい銀行を探すポイントさえ知っていれば、絶対におまとめ出来ない訳ではないんです。
審査が難しいなら無理かな、とすぐに諦めてしまうのではなく、まずは自分に合った銀行カードローンがないか探してみてくださいね。