キャッシングを失敗せずにまとめる為に悩む男性

毎月、複数の返済日に追われて辛い・・。

複数の金融機関からキャッシングしてしまい返済額が膨らんで苦しい・・。

そう思っている方の中には、キャッシングを一本化して返済を楽にしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

確かに一本化すれば、返済日は1日になりますし、金利が下がることもあります。

しかし、失敗することも多いんです。

キャッシングをまとめることさえ出来ればそれで楽に借金が返せるようになる、という気持ちで申し込んでしまうのは危険です。

なんと一歩間違うと、逆に今よりも借金が増えてしまったり、利息が増えてしまうことも。

この記事では、キャッシングの一本化で失敗しない為に知っておきたい注意点を解説していきます。

注意点をおさえることで一本化の良い面を最大限に使えるようになるので、返済の負担をもっと減らすことが出来ますよ。

早速みていきましょう。

キャッシングの一本化とは

そもそも、一本化とはどのようなことを言うのでしょう。

例を出して簡単に説明していきます。

例)

A社から30万円・B社から30万円・C社から40万円を借入している場合

合わせて100万円をD社から借りてまとめて完済→これからはD社に借金を返していく

このような借入のことを、借金の一本化と呼びます。

また、現在借りているキャッシング業者からその他の借入金を完済出来るだけ借りるという選択肢もあります。

一本化すれば、金利が下がることがある

一つのキャッシング業者で高額を借りると金利が下がる可能性があります。

何故かというと、金融機関側からすれば高額なキャッシングをする=返済で長期的に利息を払ってくれる顧客になるから。

金利を少し下げてでも、自社でキャッシングを続けて欲しいんですね。

また、国で決められている利息制限法によって強制的に下がることもあります。

例えば、100万円以上の借入の場合には金利は15%と決まっています。

ですので借金をまとめることで100万円を超え、現在の金利が15%以上という方に関しては、確実に15%まで下がると言えるでしょう。

一本化すれば、返済日が1日になる

キャッシングの一本化をしたいと考える方の中には、返済日が1日にまとまることに良さを感じている方も多いのではないでしょうか。

月の返済日が1日になれば、完済までの計画も立てやすくなります。

心に余裕を持ちやすくなると言えますね。

キャッシング一本化で失敗しない為の注意点

キャッシングの一本化は上手に使うと金利が下がるので返済額も少なくなり、返済日が1日にまとまるという良さもありますね。

しかし、前述した通り失敗のリスクも大きいんです。

ここでは一つずつポイントを紹介していきます。

返済用に借りたお金を別のことに使わない事

キャッシングを一本化するということは、それだけ大金が一時的に借りれる状態になるということ。

そのお金は今ある借金を完済する為のものなんですが、中には新たに自分のお金が増えたという感覚を持ってしまう方もいます。

または「ちょっとくらいなら使っても大丈夫」と甘い考えで使ってしまう方も。

一本化でのキャッシングが決まったらすぐに他社の借金を完済するという意思を強く持っていなければ、借金が増えただけになるという失敗に繋がります。

返済シミュレーションで支払い総額を確認する

返済のシミュレーションは、キャッシング業者のホームページ上ですることが出来ます。

一本化する前に、月々の返済額や完済までにかかる利息などを確認してください。

キャッシングを一つにまとめて利息を下げることによって、返済額を減らそうと考えている方は多いでしょう。

ですが、返済額や利息を確認せずにキャッシング業者を選んでしまうと、逆に借金の総支払額が増えてしまう失敗に繋がるんです。

どのような場合にそんな状態になってしまうのか紹介しましょう。

毎月の返済額を大幅に下げてしまった

どんなにキャッシングをまとめることで金利を下げることが出来ても、その分月々の返済額を大幅に下げてしまえば、長期的に返済をしていくことになります。

借金を返す期間が長くなることによって利息を負担する回数は増えることになるので、結局借金の総支払額を増やすことに繋がってしまうんですね。

これもまた失敗と言えるでしょう。

総支払額を減らしたいと考えているのなら、毎月の返済額を大幅に下げてはいけません。

もう少し分かりやすいように、例を出してみましょう。

例)

2つのキャッシング業者から以下のようにそれぞれ借入して、そのまま返済した場合

30万円借りて、金利17.8%で月8,000円ずつ返済 総支払額441,402円

50万円借りて、金利18%で月20,000円ずつ返済 総支払額631,374円

=1,072,776円

この場合、月に二つの金融機関合わせて28,000円返済しています。

また、80万円借りて利息は272,776円かかっていますね。

では、2つの借金を金利15%のキャッシング業者で一本化して、月に20,000円の返済に変えてみましょう。

シミュレーションして見た結果、総支払額は1,115,940円になりました。

月の返済額を8,000円下げてしまうと、最終的にかかる利息は43,164円増えてしまうんですね。

ただし、そもそも月々の返済額を下げたかったという場合や、返済日を1日にまとめたかったという場合なら目的には合っています。

今借りている金融機関よりも、金利が高いところで一本化してしまった

キャッシング業者によって金利はそれぞれ異なり、少しでも低い金融機関の方が利息の支払いは減ります。

逆に、金利が高いところで一本化してしまうと、それだけ利息の支払いは増えます。

もう一度例を出してみます。

例)

二つのキャッシング業者から以下のようにそれぞれ借入して、そのまま返済した場合

30万円を金利14%で月8,000円ずつ返済 総支払額396,812円

50万円を金利15%で月20,000円ずつ返済 総支払額603,248円

=1,000,060円

この条件から、月の返済額を変えないで金利18%で一本化してみましょう。

シミュレーションしてみた結果、支払総額は1,052,460円になりました。

なんと、約5万円も支払う利息が上がってしまったことになります。

金利を比べずにまとめてしまうのは失敗の原因になるということですね。

ちなみに一本化を考える目安は、現在お金を借りているキャッシング業者の借入額が合計して100万円になるかどうかです。

金利が下がるかどうかは実際に申し込むまで分かりませんので、上限金利である15%まで確実に下がると分かった上で申し込めると安心な為です。

まとめ

ここまでキャッシングの一本化について説明してきました。

良いことばかりではなく、失敗のリスクもあるということを分かっていただけたのではないでしょうか。

ここで、おさらいしてみましょう。

  • キャッシングの一本化は成功すると金利も下がり、返済日も1日にまとまるので負担が減る
  • 一本化を失敗させない為に、返済用に借りたお金を他のことに使わない
  • 一本化で総支払額を減らしたいなら、返済シミュレーションをする
  • 月々の返済額を大幅に下げてしまうことは、支払総利息を増やしてしまうことになる
  • 今借りている金融機関よりも金利が高いところで一本化してしまうと、支払総利息を増やしてしまうことになる

キャッシングを一本化することで、金利が下がって返済は1日になって負担が減るというのは間違いではありません。

しかし、本当に良い面だけを得ようとするのなら、返済シミュレーションで計算し、金利や利息を比較して利用しなければならないんですね。

安易に借金をまとめて失敗してしまう前に、じっくり検討してみましょう。