女性が安心してキャッシングしたいと思っている

レディースキャッシングって知っていますか。

名前の通り、女性がキャッシングする為のサービスのことを指します。


女性の中にはキャッシングに対して「怖い」「不安」という気持ちを持つ方は少なくありません。

また、以前まで消費者金融が「サラリーマン金融」と呼ばれていたこともあって、男性が使うものだという認識を持っている方もいるでしょう。


アコムが発表した2017年のデータによると、キャッシング利用における男女比はおおよそ7:3。

数値からも、まだまだキャッシングに対して抵抗を感じている女性が多いことが伺えますね。


そんな女性の為に生まれたのが、レディースキャッシング。

借入することに対して不安なイメージを持っている方でも、安心して使うことが出来るサービスになっています。

この記事で詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。


レディースキャッシングとは?

レディースキャッシングとは、必ず女性がオペレーターとして対応してくれるサービスのことです。


借金をするということだけでも後ろめたいですし、恥ずかしいと思っている方も少なくありません。

そんな時、異性に対応されたら萎縮してしまう方もいますよね。

けれど、同性である女性が対応してくれたら安心出来ますし、不明点の相談もしやすいはず。


また、会社への在籍確認の電話連絡についても女性オペレーターがしてくれますので、もし電話に自分が出れなかったとしても、代わりに電話に出た同僚などに不審に思われることは少なくなるでしょう。


通常のキャッシングとの違いとは

名前のイメージから、映画館や飲食店で使われる「レディースプラン」などのような割引があるイメージをされている方もいるかもしれません。


ですが、特に金利面や、借入限度額、借入上限面での優遇はありません。

通常のキャッシングとレディースキャッシングの違いは「女性が対応してくれるかどうか」だけなんです。

その為、対応してくれるオペレーターが必ず女性である必要はないという方は、通常のキャッシングを利用しても良いでしょう。


次項からは、数あるレディースキャッシングの中でも選ぶべきポイントを紹介します。


選ぶべきレディースキャッシングとは

レディースキャッシングを使うなら、選ぶ時におさえておきたいポイントは以下の3つです。

残念ながらここで紹介する全てのポイントを兼ね備えている金融機関はありませんので、取捨選択をしましょう。

  • ネット完結でのキャッシングが出来る
  • 無利息期間がある
  • 配偶者貸付がある
  • 一つずつ見ていきます。


    ネット完結でのキャッシングが出来る

    ネット完結なら周囲にバレずに借りられる

    キャッシングに抵抗がある女性の場合には特に「借入していることを誰かに知られたくない」と思うのではないでしょうか。

    無人契約機や店舗に入っていくところを見られたらどうしよう、と不安に思う方もいるはずです。


    そんな方は「ネット完結」出来るレディースキャッシングを選びましょう。


    予め銀行口座を指定することで振込融資してもらえるので、無人契約機や店舗に行く必要もなく、誰かに借入していることを知られる可能性もかなり低くなります。


    平日14時までに申し込みまで終了させなければならない

    ただし、ネット完結の借入をしようとした場合、当日中に振込融資してもらえるのは銀行の営業時間の平日15時までです。


    それでは15時までに申し込みをすれば良いのでは?と思うかもしれませんが、審査の時間も考えるとどうしても1時間は余裕が欲しいところ。


    審査が順調に進めば良いのですが、会社への電話による在籍確認がなかなか取れなかったり、記入した必要次項に関してミスがあったりすれば、どんどん審査時間は伸びていくことになります。

    また、仮にミス等がなかったとしても、そもそも審査を受ける人が多ければ審査時間は長くなってしまいます。

    このような点から、最低でも銀行の営業時間である平日14時の1時間前までに申し込みを完了させておくようにしましょう。


    無利息期間がある

    無利息期間中に返せば、元金のみの返済でOK

    無利息期間とは、一定期間利息がつかないサービスのこと。

    無利息期間中に借りたお金を全て返済してしまえば、利息は一切かからないことになります。


    期間内に完済出来なくても、お金を借りても利息をつけて返さなくていい期間があるということは、その分利息を減らすことが出来ますね。

    少額の借入をして短期間で完済したいと考えているのなら、特におすすめだと言えます。


    気をつけて頂きたいことは、無利息になる期間や条件については、金融機関によって異なることです。

    例えば、レディースキャッシングを取り扱っているプロミスの条件を紹介すると、利用が初めての方のみ「初回ご利用日の翌日から30日間」利息がかかりません。


    無利息期間中にも返済日がある

    ただし、無利息期間中にも返済日はあります。


    約束した返済日にお金を返す事が出来ないと、その分信用を失ってしまうことに繋がります。

    金融機関は信用に敏感なので、わずかでも信用に疑いが発生した場合は厳しい対応をとることもあります。

    金融機関によっては、即無利息期間が終了してしまうことも。

    くれぐれも、返済には遅れないようにしてくださいね。


    配偶者貸付がある

    配偶者貸付なら専業主婦でも借入ができる

    配偶者貸付(夫婦の年収を合算した金額の3分の1までの借入を認める制度)を利用出来る金融機関であれば、専業主婦の方も借入することが出来ます。

    逆にいうと、専業主婦の方がレディースキャッシングを利用したいと考えているのであれば、配偶者貸付を利用するしか方法がありません。


    これには、総量規制(年収の3分の1以上の貸付を制限するルール)が大きく関係しています。

    専業主婦の方は年収がない為に、総量規制の対象となっている消費者金融では借入が出来ません。


    その為、総量規制の対象外である銀行での借入を検討する必要があるのですが、レディースキャッシングを利用出来る銀行は殆どありません。

    また、あったとしても新生銀行の提供する女性向け貸付である「レディースレイク」では、安定した収入がなければ申し込みが出来ないと明記されているなど、安定収入がないと銀行であっても借入が難しい現状があります。

    専業主婦の方は、配偶者貸付の利用を一番に考えた方が良いでしょう。


    配偶者貸付に必要なもの

    配偶者貸付を使って借入する為には「夫婦であることの証明(住民票)」「配偶者の同意書」などが必要になります。

    配偶者に内緒で借入することは出来ません。


    無理に内緒で借入をしようとして書類を偽造したりすれば、金融機関からの信用を一気になくすことになり、ますます借入が難しい状況になります。

    さらに無断で借入をしたことが夫にバレれば、夫婦間でのトラブルの原因にもなります。

    配偶者貸付を利用する場合は、夫婦で相談の上で利用するようにしましょう。


    借入限度額は低めに設定される

    ただし、配偶者貸付で借入する場合には通常よりも借入限度額は低めに設定されます。

    何故なら、通常自分自身の信用でお金を借りるところを、配偶者の収入の信用でお金を借りているからです。

    具体的には、30万円くらいまでに設定されることが多いようです。


    レディースキャッシングを使う時の注意点

    さて、レディースキャッシングを選ぶ際におさえておきたいポイントについては紹介しましたが、実際に使うとなったらどのような点に注意するべきなのでしょうか。


    金利が高めに設定されている金融機関しか選べない

    レディースキャッシングのサービスを提供している金融機関は、主に消費者金融です。

    消費者金融は、銀行などと比べて金利が高めに設定されています。


    また唯一、新生銀行レイクがレディースキャッシングを取り扱っていますが、金利は消費者金融並み。

    金利に関してはこだわることは出来ないと考えるようにしましょう。


    レディースキャッシングを使うべき人とは

    それは「必ず女性に対応してもらい、安心しながらキャッシングを利用することを第一に考えている」方です。


    特徴や、注意するべき点などを考えると、女性に対応してもらうことが第一優先でない場合には、より金利の低い銀行などで借入を考えた方が良いということになります。


    レディースキャッシングのサービスは、あくまで女性が安心して借入出来ることだけに重点を置いているということを知っておきましょう。


    専業主婦なら正直に配偶者に相談する

    家計のやりくりに困っているということであれば、配偶者に相談するというのも手段としてありでしょう。

    夫婦で家計のことを考えることによって、今後お金のトラブルを避ける為のきっかけにもなります。

    特にお金の問題は、一人で抱え込まないようにしましょう。


    まとめ

    ここまで、レディースキャッシングについて詳しく紹介してきました。

    女性が安心して借入出来るようにする為に、金融機関も工夫を凝らしているというのが分かったのではないでしょうか。


    最後にもう一度振り返ってみましょう。

    • レディースキャッシングは、借入の際の対応を必ず女性がしてくれるサービス
    • 借入を誰かに知られる可能性を低くしたいなら、ネット完結出来るレディースキャッシングを選ぶ
    • 利息を少しでもおさえたいなら、無利息期間があるレディースキャッシングを選ぶ
    • 専業主婦なら、配偶者貸付のあるレディースキャッシングを選ぶ
    • 一番レディースキャッシングを使うべきなのは、女性に対応してもらうことを第一優先に考えている人

    借入することに対して不安を感じていた方も、レディースキャッシングを使えば必ず女性に対応してもらえるので安心して利用することが出来ます。

    しかしその代わりに、金利が高めの金融機関でしか借入出来ないというマイナスな面もあります。


    本当にレディースキャッシングを使うべきかは、状況によって異なります。

    例えば、少額で無利息期間中に完済してしまうなら、レディースキャッシングを使ってもマイナス面は考える必要がないですし、一定以上の借入を予定しているなら金利面を考え、銀行系カードローンの方が良い場合も。


    また、最近では銀行でも基本的にオペレーターは女性が多くなっているので、必要以上に気構える必要はなくなってきているという現状もあります。

    何を重要視するのかを自分の中でしっかり天秤にかけた上で、利用を検討してみてくださいね。