バブル崩壊後、多重債務者の自己破産などが相次いだことをうけ、2010年に制定された総量規制
債務者が無理のない範囲で返済できるよう、「借金は年収の3分の1まで」と定められた法律ですが、多額のお金が必要という人にとっては、逆に障害となっているのも確かです。

総量規制対象外の借入方法としては、銀行のカードローンの有名ですが、本当に年収の3分の1以上お金を借りることはできるのか?
そして、他に総量規制対象外となる借金の方法はないのか?

他社借入がある場合とない場合に分けて、総量規制対象外の借入方法を解説します。

総量規制対象外とは?除外と例外を確認

総量規制対象外とは

まず、総量規制には「除外」「例外」があることを確認しておきましょう。

総量規制対象の除外

総量規制の除外

総量規制対象の除外とは、「借金は年収の3分の1まで」という計算に含まれない借り入れのことです。
一般の人の場合は、住宅ローンや自動車ローンなどがこれにあたります。
住宅や車を総量規制の対象に含めると、収入の少ない家庭のほとんどが購入できなくなってしまうためです。

このように、高価ではあるが生活上必要とされるものの購入や、回収のアテがある担保付の貸付が、原則として総量規制の除外として認められています。

  • 住宅購入、またはリフィームのための貸付
  • 自動車担保ローン(マイカーローン、自動車ローン)
  • 高額医療費の貸付
  • 有価証券、不動産の担保貸付
  • 売却予定の不動産の代金で返済できる貸付
  • 手形割引(融資手形を除く)

総量規制対象の例外

総量規制の例外

次に、総量規制の例外とは、総量規制の対象となるものの、返済能力があれば、認められる借入のことをさします。
もとから総量規制対象外となる除外と違って、審査に通過することが条件となります。

  • 緊急の医療費の貸付
  • 配偶者貸付(配偶者と合わせた3分の1以下の貸付)
  • 個人事業主の事業費に対する貸付
  • 顧客に一方的に有利となる借り換え

このように、総量規制の例外には、社会通念上必要と見られる費用の貸付や、緊急費用の貸付が該当します。

ちなみに、顧客に一方的に有利となる借り換えとは、おまとめローンなどのことです。
今よりも低金利のローンで、審査さえ通過すれば、年収の3分の1以上でも借金を一本化することができます。

総量規制対象外=銀行カードローンはもう古い?!

総量規制対象外=銀行カードローンはもう古い?

総量規制対象外といえば銀行カードローン、というのが一昔前の定説でしたが、その実態は徐々に崩れかけています。

そもそも総量規制とは、貸金業法という法律のもとにある、消費者金融や信販会社、クレジット会社などの金融機関に向けた制約。
銀行は、銀行法のもとで運営されており、貸金業法とは母体が違うので、総量規制の制約をうけないというのが銀行カードローンの総量規制対象外のからくりでした。

しかし、これをいいことに銀行カードローンの過剰貸付が問題となり、ついに2017年、全国銀行協会から「銀行による消費者向け貸付に係る申し合わせ」が通達。

銀行カードローンにおける総量規制対象外という宣伝文句は禁止され、自主規制などによって、銀行カードローンも実質的に「年収の3分の1まで」しか借りられなくなってしまったのです。

総量規制対象外でお金を借りる方法とは?

総量規制対象外でお金を借りる方法

総量規制対象外の借入れなら、とりあえず銀行カードローン!
という安易な発想は、もう古いということがお分りいただけたでしょうか?

そこで、総量規制対象外その借入にはどんな方法があるのか、 他社の借り入れ状況別に、おすすめの方法についてご紹介します。

他社借入がなければ、銀行カードローンに挑戦!

他社借入れがない場合は銀行カードローンがおすすめ

金融庁に過剰貸付を指摘され、貸付条件が以前よりも厳しくなったとはいえ、銀行カードローンが総量規制対象外というのは事実。

このため、他社借入がなく、高い返済能力を持ち合わせているのであれば、年収の2分の1までなら銀行カードローンで借りることができます。
ただし、収入1000万円以上や、東証一部上場など一の流企業勤め、勤続年数が長い公務員など、審査通過のハードルはかなり高いと考えてください。

ちなみに、銀行カードローンに申し込む場合は、すでに口座がある、給与振込口座に指定しているなど、すでに取引がある銀行の方が、審査通過率は高くなります。
万が一の時は預金差し押さえができる、という銀行側のメリットがあるためですね。

専業主婦でも、銀行カードローンなら申し込める!

専業主婦の借入も銀行カードローンがおすすめ

総量規制対象外という考え方だと、実質的に年収のない専業主婦は、借金できないということになってしまいますね。

しかし、家計を全て任されているという主婦は、急な出費に対応しなければならないという場面もしばしば。
そこで専業主婦のためには救済措置として、総量規制対象外の借入れ方法として、配偶者である夫と年収を合算することができる、配偶者貸付があります。

しかし、配偶者貸付は夫の同意が必要なほか、収入証明書などの必要書類が多いです。
くわえて、手続きが煩雑な割に、実入りが少ないので、あまり取り扱いのある消費者金融もないというのが実態なので、あまりおすすめできません。

このため、専業主婦が借り入れを行う場合は、同じように夫の収入をあてに契約することのできる、総量規制対象外の銀行カードローンが第一候補となるでしょう。

他社借入がある場合は、おまとめローンを利用しよう

他社借入れがある婆は消費者金融のおまとめローンがおすすめ

銀行カードローンが頼れなくなった現在、総量規制オーバーの状態で新規借入を行うのは実質的に不可能です。
このため、多額の借入を希望する場合は、現在の借金を返済してから申し込むのが現実的です。

そんな時、今の借金の返済を楽にすることが目的のおまとめローンであれば、総量規制対象外の借入が可能!
総量規制の例外となる、「顧客に一方的に有利となる借り換え」として認められるということですね。

特に、100万円以上の借り入れであれば、必ず金利は15%以下となるので、すでに総額で100万円以上複数社から借入れがあるのなら、一本化しない手はありません。

おまとめローンでおすすめの消費者金融

おまとめローンでおすすめの消費者金融

銀行の審査が厳しいのは、おまとめローンでも同じこと。
このため、おまとめローンで借金を一本化するのであれば、比較的審査に通りやすい消費者金融がおすすめです。

おすすめのおまとめローン①プロミス

プロミス

同じ消費者金融でも、銀行系列は安心感が違いますね。

その中でもSMBCグループのプロミスなら、実質年利も4.5%〜という大手金融の名に恥じない低金利。
実際、すでに年収の3分の1を超えた借入がある場合、審査しだいでは銀行カードローンに匹敵する金利になることもあります。

借入限度額が500万という高額設定なので、すでに2社、3社から借入があるという人でも、安心して借金の一本化が可能です。

サービスの詳細をチェック

おすすめのおまとめローン②SMBCモビット

モビット

おまとめローンという専用の商品こそありませんが、SMBCモビットもおすすめ。

2018年 オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1を獲得している実績は本物です。

800万円と大きな上限額で使途も自由なので、おまとめに限らず、多額のお金を借りたいという方にも適しています。

    サービス詳細をチェック

上記2つの消費者金融を比較した表は、以下の通りです。

金融機関名実質年率融資上限額
プロミス4.5~17.8%最高500万円
SMBCモビット3.0~18.0%最高800万円

その他のキャッシングを比較してみる

まとめ

総量規制オーバーの借金は難しい

いかがでしたか?
かつては総量規制対象外を錦の御旗に貸付をすすめていた銀行カードローンも、今では自主規制の方向に動いています。
とはいえ、総量規制の対象外であることに変わりはないので、借入額に見合った返済原資や計画がきちんとあれば、年収の2分の1程度までなら借りることができるでしょう。
ただし、他社借入れがある場合、年収の3分の1以上お金を借りることは銀行カードローンでも消費者金融でも不可能です。
まずはおまとめローンを活用して、現在の借金を完済することを目標とし、それから新規借入を行いましょう。