「無料より高いものはない」

そう育てられた人にとっては、実質タダでお金が借りられる無利息期間のキャッシングは、何とも疑わしいサービスのように思えますね。

しかし、無利息期間は、新規顧客獲得のために消費者金融が実施しているサービス戦略の一環。
たとえ無利息期間内に返済しきれなかったとしても、その日から通常金利が発生するだけなので、損をすることはありません。

それどころか、希望金額が少額かつ早期返済できるという方にとっては、もっともピッタリなキャッシング方法なんです。

お得!無利息期間があるキャッシング

知ってる?お得な無利息期間

低金利といえば真っ先に思いつくのが、銀行のカードローン。
それよりももっと安いのは、無利息期間のあるキャッシングです。

無利息期間とは、初回借入限定で定められた期間内なら利息が発生しない、キャッシングのサービスのこと。

30日間など短い期間に限定されていることが多く、10万円までなど金額に制限があるところもありますが、その期間内であれば、実質的にタダでお金が借りられます。

つまり、1ヶ月以内に返済できる目処があれば、銀行カードローンでお金を借りるよりも、無利息期間があるキャッシングを利用した方が、圧倒的にお得なんですね!

無利息期間があるキャッシングを比較してみた

無利息期間のあるキャッシングを比較

無利息期間のあるキャッシングは、適用条件や開始日などが、各金融機関によって異なります。
そこで、無利息期間を取り扱っているキャッシングを、条件ごとに比較しやすいようにまとめました。

金融機関名実質年率期間無利息期間開始日利用条件
プロミス4.5~17.8%30日間初回借入日の翌日初回利用
メアド登録
web明細を選択
アコム3.0~18%30日間契約日の翌日初回利用
返済期日「35日ごと」で契約
アイフル3.0~18.0%30日間初回借入日の翌日口座開設とローンを同時申し込み
初回利用
返済口座を楽天銀行に指定
レイクALSA4,5~18%5万円までなら180日間
それ以上は30日間
契約日の翌日初回利用
上限額200万超の型の場合は
30日間のみ利用可能
ノーローン4.9~18%7日間初回借入日の翌日初回利用と、完済日の翌月
楽天銀行
スーパーローン
1.9~14.5%30日間契約日の翌日初回利用
無担保キャッシングローンを選択

特徴的な無利息期間のある消費者金融

特徴的なキャッシングを紹介

無利息期間のある大手の消費者金融、プロミスやアイフル、アコムなどは、どれも大同小異。
それに比べて特徴的なのは、レイクALSAノーローンの2つのキャッシングです。

レイクALSA

レイクALSA

まず、選べる2つの無利息期間が目を引くのが、レイクALSA。
5万円までなら180日間なんと3ヶ月もの間利息が無料となるキャッシングなので、少額利用の場合には1番にオススメといえるでしょう。

ちなみに、借入金額が10万円であっても、5万円超分は通常金利を適用させることで、180日間を選択可能です。
実際、以下の表のように、たとえ無利息期間内に返済が終わらなくても、金額と返済回数によっては、他の銀行カードローンよりもレイクALSAの方が金利が安くなります。

5万円借り入れる場合の金利総額
金融機関6回払い12回払い
レイクALSA
(無利息期間180日
以降、金利18%)
0円1097円
銀行カードローン
(金利15%)
2206円4144円
10万円借り入れる場合の金利総額
金融機関6回払い12回払い24回払い
レイクALSA
(無利息期間180日
以降、金利18%)
1500円4998円14340円
銀行カードローン
(金利15%)
4418円8300円16352円

このように、5~10万円の少額利用であれば、レイクALSAのキャッシングは他の銀行カードローンよりも金利がお得!

5万円まで無利息期間180日間か、10万円まで無利息期間30日間、どちらがお得かは、レイクALSAの公式サイトの返済シミュレーションで試算が可能なので、返済回数や借入金額に応じて、計算してみてください。

サービスの詳細をチェック

ノーローン

ノーローン

次に、多くの消費者金融が初回融資に無利息期間を限定する中で、無利息期間を何度でも利用できるノーローンも特徴的。
1週間という短い期間ではありますが、完済日の翌月であれば、繰り返しキャッシングできます。

実質的には月1回のみ利用可能なサービスということになりますが、急な出費が多いという人には一押しのキャッシングです。

ただし、一括返済を希望する場合は、事前に電話連絡が必要であったり、提携ATMの利用が有料であったりと、返済に様々な制限がある点に注意!

利用者自身が契約内容をきちんと把握しておかないと、思った通りにキャッシングができない可能性があります。

教えて!無利息期間のあるキャッシングの選び方Q&A

無利息期間のあるキャッシング選び方

借入日翌日と契約日翌日。無利息期間開始日の違いは?

借入日と契約日の違い

無利息期間のカウント開始は、各消費者金融によって異なり、契約日の翌日か、初回借入日の翌日となっています。

たとえば、無利息期間が30日ある消費者金融と4月1日に契約、4月8日にそこで初めてお金を借りたとしましょう。

無利息期間の開始日が初回借入日の翌日である消費者金融(プロミス、アイフル、ノーローン)であれば、28日までにお金を返せばOK。
ただし、契約日の翌日から無利息期間を開始する消費者金融(アコム、レイクALSA、楽天銀行)の場合は、無利息期間の終了日は、21日となります。

実際にお金を借り入れる前から、無利息期間が始まってしまうので、そのぶん実質的に無利息となる期間が短くなってしまうんですね。
(この例だと実質、無利息期間は23日間

つまり、直近でお金の入り用がなければ、無利息期間の開始日が初回借入日の翌日となっているキャッシングを選ぶのが賢明です。

キャッシングを比較してみる

返済方法がよくわからないけど、とりあえず、29日までに返しておけば大丈夫ですか?

無利息期間の返済方法

無利息期間は、返済日までにとりあえず一括返済すればいいと思ったら大間違い!
無利息期間を利用していても、発生しないのは利息だけで、元金の返済は都度発生します。

各消費者金融によって異なりますが、場合によっては無利息期間中にも返済日が設けられているので注意が必要です。

ここで返済を忘れると、問答無用でキャッシングの無利息期間サービスは終了。
それどころか、借入金の20%分に相当する遅延損害金を支払わなくてはなりません。

そのほか、一括返済を希望する場合は、事前に電話連絡が必要、というノーローンのように細かな返済方法の規定がある消費者金融や、提携ATMや銀行振込など手数料がかかる返済方法もあります。

このように、無利息期間のメリットを打ち消してしまう要素もあるので、自分が無理なく返済できるのかどうか、事前にプランや返済方法を確認しておくことも大切です。

まとめ

無利息期間のあるキャッシングまとめ

無利息期間のあるキャッシングなら、初回借入で1ヶ月間、無料でお金が借りられます。 出費が重なった月や、欲しいものに手が届くまでもう一歩という、給料日目前の強い味方です。

すぐに返済できるという場合はもちろん、無利息期間内に返済できなかった場合でも、金額によっては、銀行のカードローンよりお得。

返済シミュレーションを活用して、どうすれば上手に利息を節約してキャッシングできるか試算してみてくださいね。