主婦でもキャッシングできる

銀行や消費者金融などの金融機関は、返せるあてのある人にしかお金を貸しません。

しかし、日々家計をやりくりする主婦は、言うなれば一家の財務省。
生活費がピンチ!という月も珍しくないことを考えると、普通のサラリーマンよりも、お金が必要になる機会自体はよほど多いと言えるでしょう。

そこで今回の記事では、主婦がキャッシングする方法と、その特徴を比較していきます!
夫に内緒でキャッシングするコツも紹介するので、是非お小遣い帳とのにらめっこを中断して、一度参考にしてみてくださいね。

専業主婦がキャッシングする方法

専業主婦でもキャッシングできる方法

闇金融やカードローン地獄などの借金問題をうけて、2010年、総量規制という制度が導入されました。
これは、「自分の年収の3分の1以上の借金はできません」という法律です。
無理な借入れを防いだり、返済するためにまた借金を重ねる、という悪循環を強制的に断ち切るための仕組みなんですね。

それでは、返済能力がない主婦はキャッシングできないのかというと、そんなことはありません。
以下の方法で、収入のない専業主婦でもお金を借りることができます

配偶者貸付

配偶者貸付

配偶者貸付とは、配偶者と合算した年収の3分の1まで借り入れをおこなうことができる制度
対価なき労働とも言われ、毎日一生懸命家事をこなしている専業主婦のための、代表的な救済策ですね。

夫婦であることを証明できる書類さえあれば、配偶者と年収を合算できるので、事実上夫の年収の3分の1までお金を借りることができます

しかし、「収入のない妻に代わりに借金を返済しますよ」ということなので、夫の同意書と収入証明書が必要
このため、夫にバレずにキャッシングをすることはまず不可能です。

さらに配偶者貸付は事務負担手に対して収益が少ないので、アコムやプロミスなど、大手消費者金融は取り扱いがほとんどありません
このため、配偶者貸付を希望する場合は、限られた中小消費者金融の中から選ぶ必要があります。

銀行カードローン

銀行カードローン

総量規制は、消費者金融などの貸金業者を対象とした法律です。
銀行はそれとは別に、銀行法によってきまりが定められているのでの、銀行での借入は総量規制の対象外となります。

このため、銀行のカードローンなら専業主婦でもお金が借りられます。

配偶者貸付と違って、夫の同意書も収入証明書も不要なので、ローンカードや引き落とし口座をみられなければ、夫にバレる心配もありません。

少しでも収入がある主婦なら、消費者金融がおすすめ

主婦も利用できる大手消費者金融

同じ主婦でも、パートや内職などで、少しでも安定した収入があれば、消費者金融でキャッシングができます。
単純計算でも、総量規制という観点から見ると、年60万円(月に5万円)の収入があれば、その3分の1である20万円まで借入が可能です。

主婦向けのキャッシングの限度額は30万円以下が一般的、よくても50万円ほどですが、生活費の足しにするのであればその程度で充分。
実際の主婦のキャッシングでも借入額は1万円〜5万円の少額利用が1番多くなっています。

この程度のキャッシングであれば、銀行との金利は大きくても数百円程度。
夫にバレにくいうえに、午前中に申し込めばその日のうちに現金が手に入ることを考えると、収入のある主婦のキャッシングには、消費者金融がおすすめです。

主婦でもキャッシングできる大手消費者金融

金融機関名実質年率収入証明書即日融資
アコム3.0~18.0%50万円以下なら不要
プロミス4.5.0~17.8%50万円以下なら不要
SMBCモビット3.0~18.0%必要
レイクALSA4.5.0~18.0%必要

キャッシングの金利は主婦に限らず、初回利用においてはほとんどどの消費者金融でも18%が適用されます。
このため主婦がキャッシングにおいて重視すべきなのは、収入証明書の有無や、夫にバレずに申し込めるかどうかでしょう。

この中で誰にもバレずに借りたいという主婦におすすめなのは、ズバリSMBCモビット
web完結なら電話連絡もなし、郵送物も一切届かないので、夫にバレる心配はまずありません。

キャッシングを比較してみる

夫にバレずにキャッシングするための注意点

夫にバレずにキャッシングするコツ

意外に多いのが、郵送物からキャッシングがバレるケース。

そもそも郵送物が届くかということや、送り主名にバレない工夫があるかどうか(例えばアコムの場合、ACサービスセンターという送り主名で郵送物が届く)などを、事前に問い合わせておくと安心です。
インターネット完結型のキャッシングではなく、カードの発行タイプだと、郵送物が届く可能性は高いといえるでしょう。

また、こっそり契約に成功しても、引き落とし口座を見られると、夫にキャッシングがバレてしまいます。
引き落とし口座は、共同で管理している通帳ではなく、自身の専用口座を指定しましょう。

また、ローンカードや利用明細書など見られるとバレてしまうので、財布やゴミ処理にも気を配りたいところです。

まとめ

いかがでしたか?
夫に余計な不安を抱かせないのが、良妻賢母のつとめと思って、夫に内緒で銀行カードローンを契約するもよし。
それは夫に対して気が咎めるという優しい主婦であれば、自分自身が契約できる消費者金融でキャッシングするもよし。
主婦にとって、キャッシングは難しいことだと思われがちですが、少なくても安定した収入さえあれば、夫にバレずに借入することは意外と簡単です。