銀行カードローンでお金を借りようと悩む人

銀行カードローンを利用しようと考えている方の中には、「何を基準に選べばいいか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

銀行というイメージが良かったり、金利が低い、高額な融資が期待出来るといった事前情報はあったとしても、具体的にどんな銀行カードローンを選べば良いか分からないと不安ですよね。

この記事では、自分に合った銀行カードローンを見つけることが出来るように、利用方法などの重視したい項目ごとに徹底比較。

今回は、銀行でも大手と呼ばれる「みずほ銀行」「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」を見ていきます。

是非、自分にぴったりの銀行カードローンを選ぶ為の参考にしてみてくださいね。

銀行での即日融資は2018年1月以降停止

最初に知っておいてほしいことがあります。

先日、銀行カードローンの即日融資が停止されるとの発表がされましたので、これからは即日でのキャッシングを希望する場合には消費者金融での借入しか選択出来なくなりました。

どうして即日での借入が出来なくなるかというと、審査に時間をかけて融資をするという方針に切り替わったからです。

銀行が貸付過多であるとの指摘や、反社会勢力への融資が発覚したことで、審査の内容を改めることになりました。

その為、2018年1月以降は即日でのキャッシングは不可能になります。

審査時間がどれくらいかかるのか未定

審査項目に新たに加えられるのは、警察庁のデータベースとの照会です。

この照会にどれくらいかかるのか、現段階では正確に分かっていません。

少なくとも審査結果が出るのは翌営業日になるようですが、遅いと2週間前後必要になるようです。

こればかりは、審査内容が変更されてから確かめるしかなさそうです。

利用方法別に比較

銀行カードローンの審査については、現段階では未定な部分が多く比べることが出来なくなってしまったので、利用方法別に比較してみましょう。

3つの金融機関とも、以下の4つは共通しています。

  • ネット
  • 店頭
  • 郵送
  • 電話

また、他に三菱東京UFJ銀行は「テレビ窓口」、三井住友銀行は「ローン契約機」という方法があります。

利用方法については、銀行カードローンごとに大きな違いがある訳ではないようですね。

銀行ごとに項目を分けて比較

更に詳しく項目を分けて比較するために、表にまとめたものがこちらになります。

銀行名金利利用出来る曜日利用出来る時間口座開設の有無ATM手数料借入限度額
みずほ銀行 2.0〜14.0% 土日祝日以外 平日15時まで 無料(月4回まで) 800万円
三井住友銀行 4.0〜14.5% 毎日利用可 毎日21時まで 不要 無料 800万円
三菱東京UFJ銀行(バンクイック) 1.8〜14.6% 毎日利用可 平日21時まで、土日祝は17時まで 不要 無料 500万円

各銀行で多少の違いがあるのが分かるでしょうか。

例えば営業時間が一番長いのは、三井住友銀行ですね。

また、手数料については基本的には3つの銀行カードローンとも無料になっています。

みずほ銀行のみ月に4回という制限はありますが、手数料をなるべく抑えて顧客満足度を高めようとしているというのがわかるのではないでしょうか。

次項からは表だけでは比較の説明が難しい項目について、追加で解説していきます。

低金利で借入することが優先なら、みずほ銀行

今回比較した中で最も上限金利が低いのがみずほ銀行です。

上限金利とは、その金融機関で適用される上限となる金利のこと。

例えば、金利2.0〜14.0%だったら、14.0%の部分が上限金利ということになります。

上限金利を比較する理由

どうして上限金利を見なければならないかと言うと、申込者によって適用される金利が変わるからです。

金融機関は利息をもらうことで経営していますから、高額な借入をしてくれる人は金利を下げてでも使ってもらいたいと思っています。

しかし、例えば10万円しか借りない人に対しても同じ金利で貸付したらどうなるでしょうか?

利息収入が少なくなってしまいますね。

また、他にも年収や特定の条件によって金利は変わります。

それくらい、簡単に低金利で貸付する訳にはいかないということ。

そのような理由から、金利を比較する際には上限金利を見たほうが確実に低金利で借りることが出来るかどうか分かりやすいという訳なんです。

口座を持っていれば、全ての銀行でWEB完結での融資が可能

今回紹介した銀行カードローンは、対象の銀行口座を持っていれば店舗に行かなくても借入が出来る「WEB完結」が可能です。

店舗に行く時間がない方や、誰かに借入を知られたくないと思っている方にとってはメリットではないでしょうか。

WEB完結での借入はネットで申込をすることができ、いつでも行うことが出来ます。

ただし、前述した通り2018年の1月以降は即日でのキャッシングは出来ないので、注意するようにしましょう。

(2017年中に)即日でのキャッシングを希望をする場合の注意点

2017年12月中に新たに借入を考えているのであれば、即日でWEB完結でのキャッシングが出来る可能性があります。

その場合には、ネットでの申込時間に注意してください。

WEB完結の場合は銀行口座に振込融資してもらうことになるので、銀行の営業時間内でないと振込が出来ない為です。

即日でキャッシングを希望するなら、審査の通過までを銀行の営業時間内に済ませておく必要があります。

審査のことも考えて、遅くとも銀行の営業終了時間である15時の1時間前までには申込をしておくようにしてください。

まとめ

いかがでしょうか。

銀行カードローンを項目別に分けて比較してみました。

利用出来る時間や、低金利かどうかなど、優先したい項目によって選択するべき銀行カードローンは変わるということが分かったのではないでしょうか。

最後に、みずほ銀行と三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行で借りる場合の比較について、まとめてみましょう。

  • 銀行での即日融資は2017年をもって停止する
  • 2018年1月からの審査にかかる時間は、現段階で翌営業日から2週間程と言われている
  • 利用方法は銀行カードローンごとに大きな差はない
  • 低金利で借入したいなら、上限金利が低いみずほ銀行
  • 3つの銀行とも、口座を持っているのならWEB完結で借入出来る
  • 即日融資をしたい場合には、審査の通過までを銀行の営業時間内に済ませる(2017年中まで)

2018年からは審査の内容が変更になる為に即日での融資が停止してしまうので、銀行カードローンが今よりも少し不便なものになります。

しかし、低金利であったり、WEB完結での借入に対応していたりとまだまだ魅力はあります。

是非、自分の条件に合った銀行カードローンの利用を検討してみてくださいね。