男性が財布からお金を取り出している。

私たちは急な出費に困った時にキャッシングを使います。

お金がない時に借りられる手段があるということは、便利ですよね。

ですが、実はキャッシングを使ったことがある方でも、種類についてまで詳しく知っている方はあまりいないのではないでしょうか。

なんとなくで借りている方も、もしかしたらいるかもしれません。

実はキャッシングの種類を知って、メリットデメリットを比べて使うことで、更に便利に使えるんです。

今回はキャッシングの種類について、ご紹介します。

キャッシングの種類とは

キャッシングの種類は以下の3つです。

  • クレジットカード
  • 消費者金融
  • 銀行カードローン

追加の審査のいらないものや、借入をしても一定期間は無利息で使えるものなど、種類によって特徴が違って来ます。

ちなみに、キャッシングとカードローンは同じ意味合いで使われることが多いので、注意するようにしてください。

(消費者金融系ではキャッシング、銀行ではカードローンと言われることが多いです)

それぞれを詳しく見ていきましょう。

種類その1:クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング枠を利用したキャッシング方法のことです。

サービスを提供しているのは、カードを発行している各クレジットカード会社や信販会社です。

クレジットカードでのキャッシングの特徴

利用方法は、コンビニなどにあるクレジットカード対応のATMやCDです。

ATMの営業時間内であれば、利用可能です。

注意!キャッシング枠について知ろう

クレジットカードには、普段のお買い物で使う「ショッピング枠」とお金を借入する際に使う「キャッシング枠」という2つの枠があります。

ここで覚えておいて欲しいことは、キャッシング枠はショッピング枠の中に設定される、ということです。

どういうことかというと、以下のようになります。

例 ショッピング枠50万円 キャッシング枠30万円のクレジットカード

→ショッピングに40万円使用すると、キャッシング枠は10万円になる

ショッピング枠の使用限度額が、クレジットカード全体の使用限度額に設定されています。

キャッシング枠が決まるのは、ショッピング枠の使用額次第ということです。

では、更に詳しくメリットとデメリットを見ていきましょう。

クレジットカードのメリット

  • クレジットカードのキャッシング枠が使えれば、新たな審査はいらない
  • ATMなどで即時に借入することが出来る

クレジットカードのデメリット

  • ショッピング枠の中にキャッシング枠が設定されるので、利用限度額は少なめになることが多い
  • 利息を支払い日までの日割りで計算している(支払いはクレジットカード引き落とし日)為、支払日の直後などお金を借りる日によっては二ヶ月分の利息がかかってしまう
  • 銀行カードローンに比べて、金利が高めに設定されていることが多い
  • 新たにクレジットカードを作ってキャッシング枠を使おうとなると、作成に1週間程度かかる事が多い

種類その2:消費者金融でのキャッシング

消費者金融は借りたいと思った時に申し込み、審査を通過すると利用限度額の枠内で利用することができます。

消費者金融というと闇金などと混同してしまう方もいますが、全くの別物です。

現在は銀行のグループ会社が消費者金融を運営していることも多くなっており、安心度も高いものになりつつあります。

消費者金融でのキャッシングの特徴

インターネットや無人契約機で申し込みをして利用します。

インターネットでの申し込みは24時間出来ますが、ネット完結での即日の融資を希望する場合は15時までに審査まで終わらせる必要があります。

無人契約機での申し込みであれば土日平日関わらず、夜21時頃まで申し込みをすることが可能です。

注意!総量規制について知ろう

消費者金融で借入する際に注意して欲しいことは、総量規制について知っておかなければいけないことです。

総量規制とは、年収の3分の1以上の借入を規制している賃金業法に基づいたルールのことです。

総量規制の対象となるのは、消費者金融、クレジットカード会社(キャッシング枠のみ)、信販会社で借入した金額です。

その為、消費者金融でお金を借りたいと思った時は、総量規制の対象となる金融機関で借入している金額を含めた、年収の3分の1以上の金額を借りることは出来ないので、気をつけてください。

次は、詳しくメリットとデメリットを見ていきましょう。

消費者金融のメリット

  • 銀行カードローンよりも審査時間が短いことが多い(最短30分のところもある)
  • 銀行カードローンよりも審査の通過率が高いと言われている
  • 金融機関によって、初回利用は無利息期間がある
  • クレジットカードのキャッシング枠よりも高額の融資を受けれる可能性が高い

消費者金融のデメリット

  • 金利は銀行カードローンよりも高めに設定されていることが多い
  • 総量規制の対象の為、年収の3分の1以上の借入は出来ない

種類その3:銀行カードローン

消費者金融のキャッシングと基本的な仕組みは変わりませんが、適用される法律などの違いから銀行カードローンと言い方が変わることがあるので、注意が必要です。

消費者金融には総量規制が定められた「貸金業法」が適用されます。

一方で銀行のカードローンには「銀行法」が適用され、こちらには総量規制の定めはありません。

銀行カードローンの特徴

インターネットや銀行の専用窓口で申し込みをして利用します。

インターネットでの申し込みは24時間出来ますが、審査は平日のみで、土日祝日は行われていないことが殆どです。

注意!返済比率について知ろう

銀行には総量規制は適用されませんが、上限額に関わらず借入出来てしまうのかと言えば、そうではありません。

銀行での借入上限金額は、「返済比率」というものが重要になります。

どういうものかと言うと、年収に対して業種を問わず(消費者金融も、クレジットカード会社も含む、あらゆるローン)の年間返済額の比率をパーセンテージで表したものになります。

例 年収300万円 年間返済額 120万円(120÷300)

→返済比率40%

銀行によって異なりますが、おおよそ30%から40%くらいの返済比率でないと、審査は厳しくなる傾向があるようです。

ただ、総量規制の対象外となるので、年収の3分の1以上であっても借入出来る可能性があるのは銀行の特徴と言えるでしょう。

では、更に詳しくメリットとデメリットを見ていきましょう。

銀行カードローンのメリット

  • 消費者金融で借入するよりも低金利なことが多い
  • 銀行カードローンでは総量規制が適用されない為、年収の3分の1以上の借入が出来ることがある
  • 銀行というブランドの信用度が高い

銀行カードローンのデメリット

  • 消費者金融より審査時間が長いことが多い。(数日から数週間かかることも)
  • 消費者金融より審査の通過率が低いと言われている
  • 無利息期間がつかないことが多い
  • 毎月の返済方法が口座振替のみの金融機関の場合、自動的に最小返済額が引き落としされてしまう為、少額を借入した時は繰り上げ返済をしないと利息が膨らんでしまう

キャッシングの種類による選び方とは

じゃあ3つの種類の中でどれを選べばいいの?と悩んでしまう方もいるでしょう。
選ぶ時に一番重要視するべきは、利用者の状況です。

例を出してみましょう。

  • 夜間などで、今すぐにお金が借りたい人→クレジットカード
  • 今日中にお金が借りたい人→消費者金融
  • 時間がかかっても良いから、なるべく低金利でお金を借りたい人→銀行カードローン

このように、自分の今の状況に合ったキャッシングを選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

キャッシングの種類について解説してきました。

メリットデメリットを知ることで、使い方も変わってくるのではないでしょうか。

ここで簡単にまとめてみましょう。

  • クレジットカードのキャッシング キャッシング枠が使えるクレジットカードがあるなら、新たな審査は不要。ショッピング枠の中にキャッシング枠がある為、利用限度額は少なめな場合が多い。
  • 消費者金融のキャッシング 銀行カードローンに比べて審査の通過率は高めであるが、金利は高い場合が多い。総量規制の対象な為、年収の3分の1以上は借入出来ない。無利息期間があることが多い。
  • 銀行カードローン 消費者金融に比べて審査の通過率は低めであるが、金利は低い場合が多い。総量規制の対象外な為、年収の3分の1以上の借入も出来る可能性がある。無利息期間がないことが多い。

なんとなくでキャッシングを使っていると、知らないうちに損をしてしまうかもしれません。

種類ごとのメリット・デメリットを知り、自分に合った方法を使うようにしましょう。