ビジネスローンカテゴリー記事の一覧です

個人事業主に対して審査の甘い消費者金融はあるのか?実態を解説

ビジネスローン

個人事業主が資金繰りに苦しみキャッシングを悩んでいる

個人事業主になると、自分でお金の管理をしなくてはなりません。

上手く資金繰りを作ることが出来ず、資金に困ることもあるのではないでしょうか。


事業を継続する為に、生活を犠牲にしている方もいるかもしれません。

そんな時に、金融機関からお金を借りることが出来れば助かりますよね。


しかし、個人事業主はキャッシングを利用することが難しいと言われています。

そこで、審査が甘いと言われている消費者金融で借りたい、と考える方もいるのでは。


この記事では、個人事業主に対して審査の甘い消費者金融があるのか、またどのようにすれば借入することが出来るのかについて、詳しく解説していきます。

是非、参考にしてみてくださいね。


何故、個人事業主はキャッシング審査に通りづらいと言われているのか

それは、個人事業主は「収入が安定していない」と判断されやすいからです。


一般的な会社員の場合は会社から給料をもらって生活しているので、突然会社から給料がもらえなくなったりすることは基本的にはありません。

昇給やボーナスカットなどがない限り、今月と来月の給与に大きな差が出ることも少ないはずです。

突然返済が滞る可能性は、よほどのことが起きない限りは低いと言えるでしょう。


しかし、個人事業主の場合にはどうでしょうか。

突然の備品の故障などでお金が大量に必要になったり、取引先の都合で売掛金が入らなくなってしまったりすることも考えられますよね。

平均的な給料というものはなく、収入が安定していないということになります。

収入が少なくなれば勿論、返済も滞ることになってしまうでしょう。


金融機関はお金を返してくれそうな人に融資したい

金融機関は経営を続けていく為に、貸したお金が返ってくるかどうかを一番重要視しています。


会社員のように収入が安定していれば、毎月どれくらいの金額を返済に回すことが出来るのかが明確ということ。

その分貸し倒れのリスクが少なく済むので、融資先として好まれると言えるんですね。


審査が甘い消費者金融は存在しない

融資のための審査は、消費者金融や銀行などの違いに関わらず「お金を返してくれそうな人」かを見極める為に行われています。

返済してもらわなければ経営を続けることが出来ないからです。


その為、審査が甘くなることはありません。

少しでも返済が滞る可能性のある要素を持っているのであれば、融資をしてもらえなかったり、融資をしてもらえても限度額を低く設定されたりすることになります。


消費者金融は審査の通過率を高くする仕組みを取っている

消費者金融は審査が甘いと言われているのは、審査の通過率が高いからです。


しかし審査が甘いから通過できるのではなく、正しく言うと「審査の通過率を高くする為の仕組みを取っている」だけなんです。

例えば、金利の額を高くしたり、融資の限度額を低く設定したりしています。


では、個人事業主が消費者金融でお金を借りる為には、どうすればいいのでしょうか。


個人事業主が審査に通る為に必要なこと

金融機関はお金を返してくれそうな人にしか融資を行わないと紹介してきました。

個人事業主の場合、審査に通る為に以下の二つの条件を満たしていることが理想とされます。

この二つの条件に共通して言えることは、「経営が安定している=収入が安定している」と判断される要素ということです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。


事業を設立してから3年程度経っていること

企業の生存率、という言葉を知っているでしょうか。

このデータによると、10年後に企業が生存している可能性は10%以下だと言われているんです。


金融機関は貸し倒れが起きることを最も恐れています。

その為、開業して間もない個人事業主にお金を貸すのは相当なリスクになってしまうので、貸付を渋るんですね。


逆を言えば個人事業主になってから3年以上経っているのであれば、経営が安定し始めていると捉えられることも多く、問題なく借入出来る可能性があります。


月々の利益を一定額継続的に上げていること

先ほど少し説明しましたが、個人事業主は収入が安定していない分、返済が出来るか分からないと判断されています。

ということは、利益を一定額継続して上げていれば、返済に対しての不安要素を減らすことが出来るということ。


具体的に言うと、例えば売掛金が入る時期や、買掛金であれば支払い時期を調整したりして、月々の利益に大きな差が出ないようにすることです。


例えば、1月は売掛金がまとめて入ったから利益が200万円出たのに、2月は買掛金をまとめて支払ったから利益は20万円、というようなことを頻繁に行ってはいけません。

毎月毎月利益に大きな差があると「経営が上手くいっていないのではないか」と思われてしまいかねないからです。


調整してなるべく利益を一定額継続して出していくことが、審査の通過率を上げることに繋がります。


まとめ

ここまで、個人事業主に対して審査の甘い消費者金融があるのか、また借入する為にはどうすれば良いのかについて紹介してきました。

消費者金融や銀行などの違いに関わらず、審査に通過する為には「返済が可能な人」だと思われる必要があるということが分かったのではないでしょうか。


ここで、もう一度振り返ってみましょう。

個人事業主の場合、お金が足りないことは事業の存続に関わりますから、生活していく為にも死活問題である場合が殆どでしょう。

しかし、それは消費者金融側も同じなんです。

経営を成り立たせる為に確実に返済してくれる人にお金を貸さなくてはいけないので、審査が厳しくなってしまうんですね。


経営を安定させる為に早くお金を借りたいという気持ちがあるかもしれません。

ですがまずは、現段階で売掛金の調整などをしてから借入の申し込みをすることが、審査通過の為の近道だと言えるでしょう。

ビジネスローンカテゴリー記事の一覧です

個人事業主に対して審査の甘い消費者金融はあるのか?実態を解説

ビジネスローン

個人事業主が資金繰りに苦しみキャッシングを悩んでいる

個人事業主になると、自分でお金の管理をしなくてはなりません。

上手く資金繰りを作ることが出来ず、資金に困ることもあるのではないでしょうか。


事業を継続する為に、生活を犠牲にしている方もいるかもしれません。

そんな時に、金融機関からお金を借りることが出来れば助かりますよね。


しかし、個人事業主はキャッシングを利用することが難しいと言われています。

そこで、審査が甘いと言われている消費者金融で借りたい、と考える方もいるのでは。


この記事では、個人事業主に対して審査の甘い消費者金融があるのか、またどのようにすれば借入することが出来るのかについて、詳しく解説していきます。

是非、参考にしてみてくださいね。


何故、個人事業主はキャッシング審査に通りづらいと言われているのか

それは、個人事業主は「収入が安定していない」と判断されやすいからです。


一般的な会社員の場合は会社から給料をもらって生活しているので、突然会社から給料がもらえなくなったりすることは基本的にはありません。

昇給やボーナスカットなどがない限り、今月と来月の給与に大きな差が出ることも少ないはずです。

突然返済が滞る可能性は、よほどのことが起きない限りは低いと言えるでしょう。


しかし、個人事業主の場合にはどうでしょうか。

突然の備品の故障などでお金が大量に必要になったり、取引先の都合で売掛金が入らなくなってしまったりすることも考えられますよね。

平均的な給料というものはなく、収入が安定していないということになります。

収入が少なくなれば勿論、返済も滞ることになってしまうでしょう。


金融機関はお金を返してくれそうな人に融資したい

金融機関は経営を続けていく為に、貸したお金が返ってくるかどうかを一番重要視しています。


会社員のように収入が安定していれば、毎月どれくらいの金額を返済に回すことが出来るのかが明確ということ。

その分貸し倒れのリスクが少なく済むので、融資先として好まれると言えるんですね。


審査が甘い消費者金融は存在しない

融資のための審査は、消費者金融や銀行などの違いに関わらず「お金を返してくれそうな人」かを見極める為に行われています。

返済してもらわなければ経営を続けることが出来ないからです。


その為、審査が甘くなることはありません。

少しでも返済が滞る可能性のある要素を持っているのであれば、融資をしてもらえなかったり、融資をしてもらえても限度額を低く設定されたりすることになります。


消費者金融は審査の通過率を高くする仕組みを取っている

消費者金融は審査が甘いと言われているのは、審査の通過率が高いからです。


しかし審査が甘いから通過できるのではなく、正しく言うと「審査の通過率を高くする為の仕組みを取っている」だけなんです。

例えば、金利の額を高くしたり、融資の限度額を低く設定したりしています。


では、個人事業主が消費者金融でお金を借りる為には、どうすればいいのでしょうか。


個人事業主が審査に通る為に必要なこと

金融機関はお金を返してくれそうな人にしか融資を行わないと紹介してきました。

個人事業主の場合、審査に通る為に以下の二つの条件を満たしていることが理想とされます。

この二つの条件に共通して言えることは、「経営が安定している=収入が安定している」と判断される要素ということです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。


事業を設立してから3年程度経っていること

企業の生存率、という言葉を知っているでしょうか。

このデータによると、10年後に企業が生存している可能性は10%以下だと言われているんです。


金融機関は貸し倒れが起きることを最も恐れています。

その為、開業して間もない個人事業主にお金を貸すのは相当なリスクになってしまうので、貸付を渋るんですね。


逆を言えば個人事業主になってから3年以上経っているのであれば、経営が安定し始めていると捉えられることも多く、問題なく借入出来る可能性があります。


月々の利益を一定額継続的に上げていること

先ほど少し説明しましたが、個人事業主は収入が安定していない分、返済が出来るか分からないと判断されています。

ということは、利益を一定額継続して上げていれば、返済に対しての不安要素を減らすことが出来るということ。


具体的に言うと、例えば売掛金が入る時期や、買掛金であれば支払い時期を調整したりして、月々の利益に大きな差が出ないようにすることです。


例えば、1月は売掛金がまとめて入ったから利益が200万円出たのに、2月は買掛金をまとめて支払ったから利益は20万円、というようなことを頻繁に行ってはいけません。

毎月毎月利益に大きな差があると「経営が上手くいっていないのではないか」と思われてしまいかねないからです。


調整してなるべく利益を一定額継続して出していくことが、審査の通過率を上げることに繋がります。


まとめ

ここまで、個人事業主に対して審査の甘い消費者金融があるのか、また借入する為にはどうすれば良いのかについて紹介してきました。

消費者金融や銀行などの違いに関わらず、審査に通過する為には「返済が可能な人」だと思われる必要があるということが分かったのではないでしょうか。


ここで、もう一度振り返ってみましょう。

個人事業主の場合、お金が足りないことは事業の存続に関わりますから、生活していく為にも死活問題である場合が殆どでしょう。

しかし、それは消費者金融側も同じなんです。

経営を成り立たせる為に確実に返済してくれる人にお金を貸さなくてはいけないので、審査が厳しくなってしまうんですね。


経営を安定させる為に早くお金を借りたいという気持ちがあるかもしれません。

ですがまずは、現段階で売掛金の調整などをしてから借入の申し込みをすることが、審査通過の為の近道だと言えるでしょう。