低金利な金融機関での借入に悩む男性

低金利な金融機関で借入出来ると良いって聞いたけど、自分に適用される金利ってどうやって決まるの?

そんな風に考える方も多いのではないでしょうか。


金利自体は金融機関のホームページを見れば分かるものですが、現実的に低金利で借入する為の方法が分からなければ、本当に出来るのか不安になりますよね。

しかし、この記事を読めばそんな心配は不要です。


今回は、金利の低い金融機関でお金を借りる為に知っておくべき「比較方法」「上限金利」についてご紹介。

この情報を知っていれば、実際に低金利な金融機関でキャッシングする為の近道になります。

是非、参考にしてくださいね。


金利が低い金融機関とは?

まず、金利が低い金融機関とはどのような金融機関なのでしょうか。


消費者金融だと18.0%までの金利が殆どですが、銀行は14.0%前後になっています。

基本的には銀行の方が金利が低いです。


ただし新生銀行レイクのみ、もともと消費者金融であったレイクが新生銀行と統合した為に、消費者金融並の金利になっています。


金利が低いからと言って、希望の金利で借りれる訳ではない

銀行の方が基本的に金利が低いと紹介しました。


では、下の金融機関の金利を比べてみましょう。

どちらの方が低い金利で借りることが出来ると思いますか?

  • 三井住友銀行カードローン
    4.0〜14.5%
  • アコム
    3.0〜18.0%

「アコムは3.0%からって書いてあるし、アコムではないの?」と思った方もいるのでは。

確かに、最低金利が適用されるのであればアコムの方が低い金利で借りることが出来ます。


しかし、上限金利(金融機関によって決まっている最大金利のこと)を見てみると、アコムは18.0%。

三井住友銀行カードローンの14.5%より高くなっているのが分かるでしょうか。


適用される金利は利用者の希望の金利ではなく金融機関側が決めるので、最低金利が低ければそれで良いとも言い切れないのです。

次項から詳しく解説します。


適用される金利はどのように決まるのか

主に次の二つの条件で決まります。

  • 借入金額
  • 利用者側の条件

一つずつ見ていきましょう。


借入金額

借入する金額で上限金利が変わります。

その為、適用される金利も低くなる場合が多いです。


利用者側の条件

借入をする金融機関で、住宅ローンなどの他のサービスを利用していると、適用される金利が低くなる場合があります。


金利適用の違いに関する具体例

例えば、みずほ銀行のホームページに記載されている表を見てみましょう。


この表は400万円までの借入をした場合のもので、引き下げ適用後の金利というのは住宅ローンなどをみずほ銀行で組んでいる人が適用される金利になります。


ご利用限度額 10万円以上100万円未満 100万円以上200万円未満 200万円以上300万円未満 300万円以上400万円未満
基準金利 年14.0% 年12.0% 年9.0% 年7.0%
引き下げ適用後の金利 年13.5% 年11.5% 年8.5% 年6.5%

100万円未満の借入の場合に適用される金利は14.0%になっているのに対し、300万円以上400万円未満の借入に関しては、7.0%になっています。

また、みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる場合には、すべての利用金額で0.5%下がっていますね。


このように様々な条件がある上で、金利は決められています。


また、上記の表の通りの金利にする為に高額な借入金額を提示したとしても、審査に通るかどうかは分かりません。

借入金額を上げるということは、それだけ金融機関に「この人にこれだけ貸しても返してもらえる」と信用してもらう必要があるということ。

その分審査は厳しくなります。


金利を自分の思い通りにコントロールすることは難しいと考えましょう。


借入金額が低い人にもおすすめ!低金利な金融機関の比較方法とは

金利を自分の思い通りにすることは難しいとお伝えしましたが、少しでも低金利な金融機関でキャッシングする為に、有効な比較方法があります。


主に、以下の2つです。

  • 上限金利
  • 借入条件

詳しく見ていきましょう。


上限金利を比較

最初にお伝えしたいのは、初回借入時は殆ど上限金利が適用されるということ。

初めての利用ということは、金融機関側からすれば利用者が毎月返済してくれるか分からない状態。

貸し倒れのリスクも考え、まずは上限金利で貸付をしたいのです。


先ほど上限金利については少し触れましたが、どのように上限金利を比べれば良いか、もう一度例を出してみましょう。

  • みずほ銀行カードローン
    2.0〜14.0%
  • プロミス
    4.5〜~17.8%

比較するべきは「14.0%」と「17.8%」の上限金利になります。

この場合、みずほ銀行カードローンの方が低いのが分かりますね。


何故上限金利を比較する必要があるかというと、それ以上の金利になることはありえないからです。

であれば、少しでも上限金利が低いところを選んだ方が、低金利で借入出来る可能性が高くなりますね。


借入条件を比較

さて、上限金利が一番低い金融機関を見つけたら、次は借入する為の条件を見ましょう。

どんなに魅力的な金融機関であっても、借入する条件に合わない限りはキャッシング出来ません。


例えば、みずほ銀行カードローンの借入条件です。

  • ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定した収入がある方

安定した収入とは、月に1回以上の収入がある方ということ。

この条件を見ると、例えば「専業主婦の方」「未成年の方」などは借入出来ないことが分かりますね。


金融機関によって借入条件が変わるので、必ず確認しましょう。


まとめ

今回の記事では、金利が低い金融機関でキャッシングする為に知っておきたい、比較方法と上限金利についてご紹介してきました。

比較方法を知っていると、借入する金融機関を選ぶ際の有効な判断基準が増やせるんですね。


もう一度、まとめてみましょう。

  • 一般的に銀行の方が金利が低い
  • 適用される金利は、金融機関側の条件によって決まる
  • 低金利な金融機関で借りたいなら、上限金利と借入条件を比較して探す
  • 最初の借入の場合には、殆ど上限金利が適用される

低金利な金融機関で借入する為のポイントはお分かりいただけたでしょうか。


しかし、無事にキャッシングが出来たとしても、そこがゴールではありません。

完済した時が本当のゴールです。

自分の返済能力を見極め、低金利でキャッシングが出来ても必要以上に借りないようにしてくださいね。