申し込みブラックかもしれないと頭を抱え悩む男性

お金を借りるために、複数の金融機関に申し込みをしてしまうことは珍しくありません。
確実に審査に通りたいという気持ちが強ければ強いほど、申し込み件数は増えてしまうもの。

しかし、何度申し込んでも審査に通らないと「もしかして、申し込みブラック?」と不安になりますよね。
申し込みブラックだともう借入は出来ないのでしょうか。

実は、申し込みブラックになってしまっても、お金を借りることは出来ます。
今回はその方法について詳しく解説していきます。
申し込みブラックかもしれないけどお金を借りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

申し込みブラックとは

 

申し込みブラックとは、短期間のうちに複数の金融機関に借入の申し込みを行ったことで、一時的に審査に通りづらくなっている状態のことです。
大体1ヶ月に3社以上の申し込みをすると、警戒されてしまうでしょう。

なぜ、短期間に複数の金融機関に申し込むと審査に通りづらくなるかというと、それだけお金を借りたくて困っているのではないかと疑われるから。

また、金融機関が審査の際に信用情報を見た時、申し込み履歴だけが残っていて契約の履歴が追加されていなかったら、審査に落ちているということも分かります。
他の金融機関が審査に通さなかった利用者、というフィルターをかけた状態で審査をされることもあるのです。

申し込みブラックであると確かめる方法はあるのか

 

申し込みブラックかもしれないと思ったら、自分がそうなのか確かめたいですよね。
自分が申し込みブラックだとわかったら、焦ってそれ以上申し込んでもダメだと思うこともできます。

しかし、実は自分が申し込みブラックであると正確に確かめることはできません。
なぜなら、そもそも申し込みブラックとは審査をする金融機関の基準によるものだから。

申し込みブラックとみなす基準は、金融機関によって異なる

 

前述した通り、申し込みブラックになるのは「大体1ヶ月に3社以上の申し込み」をした場合です。
けれど、ここで注目してほしいのは「大体」という言葉。
1ヶ月で3社以上申し込んだら、必ず申し込みブラックとみなされる訳ではありません。
ただ、多くの金融機関はそれくらいの件数で警戒するというだけのことなのです。

たとえば、金融機関によっては、すでに複数の金融機関で借入の申し込み履歴があったとしても審査に通す、という場合も。
審査の基準は、その金融機関をこれまで利用した人の傾向も関係してきます。
複数の金融機関に申し込みをしていても、返済できるだけの信用がありそうだと思ってもらえばいいのです。

このように、金融機関によって申し込みブラックとして審査に通さない基準は様々です。

申し込みブラックでもお金を借りる方法

 

申し込みブラックと判断されるのは、金融機関の審査基準によるものだという解説をしてきました。
しかし、だからといって申し込みを続けて、何度も審査に落とされるのは心身的にきついですよね。

そこで申し込みブラックでもお金を借りるためにできる方法を紹介します。

  • 中小の消費者金融に申し込みする
  • 半年間、金融機関に申し込みしない

詳しく解説していきましょう。

申し込みブラックでもお金を借りる方法1:中小の消費者金融に申し込みする

早くキャッシングしたい方は「中小の消費者金融に申し込みをする」ことを考えましょう。

中小の消費者金融の場合、審査に通す基準を比較的低めなことも。
それは、より利息収入を得る為に利用者を増やしたい場合が多いからです。

もちろん、返済できると思われるだけの信用は必要です。
しかし、大手消費者金融や大手銀行などと比べると、審査の通過率は高めだと言えます。

申し込みブラックでもお金を借りる方法2:半年間、金融機関に借入の申し込みしない

 

ある程度時間に余裕があるのなら、今すぐにお金を借りようとせず「半年間、金融機関に借入の申し込みしない」ようにしましょう。

なぜ、半年なのかというと、それが信用情報に「申し込み履歴」が登録されている期間だからです。
その為、審査する金融機関に申し込み履歴を確認されないようにするには、記載が消えるのを待てばいいということなのです。
半年待ってからもう一度申し込んでみたら、案外すんなり借りれた・・ということもあります。

お金を借りるために闇雲に申し込むと、闇金の可能性がある

 

早くお金を借りたいのに、中小の消費者金融の審査にも落ちてしまった場合。
焦って、闇雲にキャッシングしようとするのは、とても危険です。

特に、「ブラックOK」「誰でも借りれる」等と書かれたネット広告や、電柱柱などに貼ってある広告に記載されている金融機関に連絡することだけは避けてください。
そのような文言を並べるのは、闇金(違法賃金業者)だけです。

通常の金融機関は、「誰でも借りれる」等のお金を借りることを容易に思わせるような言葉を使った宣伝は禁止されています。

闇金でお金を借りてしまったら、執拗な取り立てや高い金利負担など、いいことは一つもありません。
絶対に利用しないようにしましょう。

審査に落ちるのは、申し込みブラックだけが理由とは限らない

「それでも、半年間待つのは難しい・・・。けれども、審査に通らなくて困る。」
こういった場合にできることはひとつです。

「返済能力を疑われそうな原因を突き止め、改善させる」ことです。

多くの場合、審査に落ちる原因は「借入件数が多い」「借入額が多い」等の別の事情も絡んでいます。

少なくとも1社目に申し込んだ金融機関は、なんのフィルターもかけられず審査されたはずで、それでも通らないということは何か返済能力を疑われる原因があったということ。

審査に落ちたのは申し込みブラックだからと考えるより、何度も申し込みをしなくてはならないほど、金融機関に返済能力を疑われていることを受け止める必要もあるのです。

まとめ

いかがでしたか。
今回の記事では、申し込みブラックでもお金を借りる方法について解説してきました。
申し込みブラックの基準が金融機関によって異なるのは、意外だったのではないでしょうか。

もう一度簡単にまとめてみましょう。

  • 申し込みブラックかどうか、自分で確かめる方法はない
  • 申し込みブラックとみなす基準は、金融機関によって異なる
  • 申し込みブラックでもお金を借りる方法は二つ
    • 中小の消費者金融に申し込みする
    • 半年間、金融機関に申し込みしない
  • ブラックOK等の宣伝をするのは闇金のみ
  • 審査に落ちる理由は、申し込みブラックだけとは限らない

早くお金を借りたい時、なかなか審査に通らないと不安ですよね。
申し込みブラックなのでは?と悩むと焦ってしまう方も多いです。
そんな時、なんとかお金を借りる方法だけを探すのではなく、本当に申し込みブラックだけが理由で審査に通らないのかの確認も同時にするようにしましょうね。