利息を計算して、安くならないか悩む人

キャッシングを利用する際、多くの方は「利息を少なくするにはどうすればいいのだろう」と考えますよね。

利息が少なく済む方法としてよく挙がるのは、金利が低い金融機関で借りることです。

なんとか低金利な金融機関でお金を借りたいと思う方もいるのではないでしょうか。


ですが実は、利息を減らす為に他にも出来ることがあるんです。

しかも、すでにお金を借りている状態であっても、利息や返済額を減らすことが可能。


この記事では、キャッシングで支払う利息や返済額を少なくする為の方法を詳しく解説します。

金利に関係なく利息や返済額を減らすことが出来るので、是非参考にしてみてくださいね。

無利息期間を使う

無利息期間とは、一定期間利息が発生しない期間のことです。

例えば、30日間無利息期間があるのなら、この30日の間に借りたお金に関しては一切利息がかからないことになります。


主に以下の金融期間がこのサービスを提供しています。


金融機関名 適用条件 適用期間
アコム 初回のみ・返済期日を35日ごとに設定 契約日の翌日から30日間
プロミス 初回のみ・プロミスにメールアドレス登録・Web明細を利用 初回の利用日から30日間
アイフル 初回のみ 契約日の翌日から30日間
ノーローン 何度でも・2回目からは翌月以降可 契約日の翌日から1週間
新生銀行レイク 初回のみ 契約日の翌日から30日間(5万円以下の借入の場合は180日間)選択可

金融機関によって、やや適用条件や適用期間が違いますので、確認してから利用しましょう。

この無利息期間中に借入したお金を全て返すことが出来れば、利息は一切かかりません。


また、無利息期間を利用するだけで少なくとも期間分は利息がかからないことになりますので、結果的に利息や返済額を減らすことに繋がると言えるでしょう。


無利息期間中も返済しなくてはならない

無利息期間中に返済日が来た場合であっても、返済は通常通りしましょう。

利息が発生していないだけで、返済の義務はあります。

金融機関によっては、延滞した段階で無利息期間が終了する場合もありますので、注意してくださいね。


一括返済する場合の注意点

一括返済する場合には、金融機関に連絡を入れる必要があります。

金融機関によっては、振込手数料などは利用者負担になることもある為、気になる方は確認してみましょう。


最低返済額以上の返済をすること

最低返済額とは、名前の通りこれだけのお金は最低でも返してね、という返済額のこと。

逆に言えば、最低返済額しか払わない=そのお金を借りることで発生する最大の利息を払っていることになるんですね。


どれくらい損になるのか、計算してみましょう。

例えば、金利14%で最低返済額2,000円になっている金融機関で10万円借りて、毎月2,000円ずつ返済していくとします。

返済シミュレーションを使って計算すると、返済までにかかる期間は6年と4ヶ月、払う利息の総額は50,896円。

なんと、10万円借りるだけで元金の半分以上の利息を支払うことになってしまうんですね。


最低返済額は金融機関によって違うので多少差は出ますが、利息を最大限払うことになってしまうことは同じ。

まずは最低返済額よりも返済額を上げましょう。


ただし、返済額を大きくし過ぎたことで返済が出来なくなることのないようにしてくださいね。


次は、実際に返済額を上げたことでどれくらい利息や返済額が変わるのか見ていきます。


返済額を多くすることで、どれだけ利息は減るのか

プロミスの返済シミュレーションを使って計算してみました。


例)金利18%で10万円を月々3,000円返済する場合
回数 返済額 元金 利息 残高
1 3,000 1,500 1,500 98,500
2 3,000 1,523 1,477 96,977
3 3,000 1,546 1,454 95,431
中略
45 3,000 2,889 111 4,547
46 3,000 2,932 68 1,615
47 1,639 1,615 25 0
累計 139,639 100,000 39,639 0

この場合、10万円を借りて利息が39,639円かかることになりますし、返済までも47ヶ月かかりますね。

それでは、月々の返済額を5,000円に上げたらどうなるのでしょうか。


例)金利18%で10万円を月々5,000円返済する場合
回数 返済額 元金 利息 残高
1 5,000 3,500 1,500 96,500
2 5,000 3,553 1,447 92,947
3 5,000 3,606 1,394 89,341
中略
22 5,000 4,785 215 9,559
23 5,000 4,857 143 4,702
24 4,772 4,702 70 0
累計 119,772 100,000 19,772 0

月々の返済額を5,000円に上げると利息は19,772円になりました。

2,000円上げるだけで、なんと19,867円の利息を減らすことが出来たことになります。

更に、返済にかかる期間も47ヶ月から24ヶ月へと短縮されています。


2,000円なら月に一度外食を我慢すれば上げれそうな金額ですので、なんとかなりそうだと思いませんか?


また、それは難しいという場合であっても別の方法があります。


繰り上げ返済で利息を減らす

月々の返済額を上げることが難しいなら、払える時に多く返済するということも出来ます。

例えば、ボーナスが出た時などですね。


繰り上げ返済をする上でのポイントは「なるべく早い段階で繰り上げ返済をする」ことです。


先ほどのシミュレーションの表を見てもらうと、支払い回数が少ない方が元金の減り方が小さいのが分かるでしょうか。

元金が多いうちに多めに返済していく方が、元金が減るペースが早くなるんですね。


繰り上げ返済の方法

繰り上げ返済をする方法は、返済時にATMなどにいつもより多い額を入金するだけです。


ただし、口座振替で返済を行なっている場合には最低返済額しか引き落としされません。

ATMなどで金融機関に追加で入金する必要がありますので、注意するようにしてくださいね。


また金融機関によっては、追加入金時のATM手数料は有料の場合もありますので、気になる方は金融機関に確認してからの利用をおすすめします。


まとめ

今回の記事では、キャッシングで支払う利息や返済額を少なくする方法について、紹介してきました。

借入していた方の中には、最低返済額で返済していたと気づいた方もいるのではないでしょうか。

ここでもう一度、まとめてみましょう。
  • 無利息期間を使う
  • 最低返済額以上の返済をする
  • 借入してからなるべく早い段階で、繰り上げ返済をする
  • 繰り上げ返済にかかる手数料は、有料になる場合がある

低金利な金融機関で借入しなくても、利息や返済額を減らすことは出来ます。

止むを得ず、金利が高い金融機関で借りている場合であれば尚更、少しでも利息や返済額を減らしたいですよね。

借金があるというだけで、不安になるもの。

無理をしない程度に返済額を上げて、早く完済することを目標にしましょうね。