お金をどうやって借りるか頭を悩ませる男性

今夜のデートの為、旅行に行く為、明日の引き落とし日にお金が無い時等、ちょっとした理由でお金が必要になる場面はあります。

普段お金に困った経験がない人は、いざ困った時、慣れていないため変なお金の借り方をしてしまいがちです。 備えあれば憂いなし、お金に困った時に知っておきたい知識と、上手なお金の借り方についてまとめてみました。

お金を貸してくれる機関とは?

お金を貸してくれる機関は公的な機関を合わせると沢山あります。 ただ、普段使いのちょっとしたお金を貸してくれる金融機関は銀行、消費者金融、クレジットカードの3つに絞られます。

業態が違いますので、それぞれで特徴があり、借り方も異なってきます。

銀行

銀行はお金を借りたいときに最初に思いつく金融機関です。

近年は銀行カードローンサービスなど個人金融にも力を入れており、サービスレベルは向上しています。 銀行には銀行カードローンサービス以外にも、教育資金を借りる事ができる教育ローン、旅行資金や結婚式資金を借りる事ができる多目的ローンなど多様なローンサービスがあります。

低利かつ状況に合わせた借り方ができるのが銀行からの借り入れの特徴です。

消費者金融

生活費・遊興費などのちょっとしたお金を借りたい時に、昔から支持される借り方が消費者金融キャッシングです。

消費者金融キャッシングは比較的審査に通りやすく、かつ審査スピードも速い為、利便性は抜群に良くなっています。 初めて利用する人には無利息期間サービスがあったり、Webでの手続きで審査が確定するWeb完結があったりと、サービスの種類の多さは他の業種より多いといった特徴があります。

クレジットカード会社(キャッシング)

普段使っているクレジットカードをコンビニATMに入れることでも、お金を借りることが出来ます。

クレジットカードの現金でお金を借りる枠となるキャッシング枠を使って、借りる方法になります。
キャッシング枠を設定した記憶が無くても、申込した際にデフォルトでキャッシング枠を設定してくれている会社もあります。 深夜急にお金に困った時でもコンビニATM借りる事ができ、時間の制約がありません。

状況別!お金の借り方

お金を借りたい時は、「とにかく急ぐ」、「支払利息を安くお得に」、「安心して借りたい」、「審査に自信が無いけど借りたい」の4パターンにわかれます。 状況別のお金の借り方について解説します。

急ぎでお金を借りたい人のお金の借り方

急ぎでお金を借りたい人は、消費者金融キャッシングかクレジットカードに設定されているキャッシング枠を使うといいでしょう。

大手消費者金融キャッシングは審査スピードが速く、営業時間内なら平均1時間程度で融資金を受け取る事ができます。

クレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、銀行ATMを使って借りることもできます。 銀行カードローンは銀行本体と保証会社の審査に時間がかかる為、即日融資が欲しい場合は他の借り方、方法を選択するようにして下さい。

お得に借りたい人のお金の借り方

支払利息を節約してお得に借りたい人は、銀行から借りる方法、もしくは消費者金融キャッシングの無利息期間を利用する方法がお勧めです。

銀行からの借り入れで一番手軽に借りる方法は銀行カードローンです。 銀行カードローンは消費者金融キャッシングやクレジットカードのキャッシング枠と比較すると金利が低く、借入が長期になる程支払利息は節約されます。

消費者金融キャッシングは初めての利用者に30日間の無利息期間が付いています。 短期間で返せる見通しがある人はこちらの借り入れ方法もお勧めです。 無利息期間を考慮すると、支払利息を銀行カードローンより節約できる場合もあります。

安心して借りたい人のお金の借り方

貸金業者から電話がかかって来るのはちょっと怖くて安心できないと感じている人は、銀行を選択してみましょう。

銀行から借り入れは一般的には普通のことですので、在籍確認の電話等の際も周りの人に説明しやすくなります。 ブランド力も高く、信用情報機関への影響も他の業態より軽いので、トータル的に安心して利用する事ができるでしょう。

審査に自信が無いけど借りたい人のお金の借り方

アルバイトをしているけど学生なので審査に自信が無い、専業主婦なので審査にちょっと自信が無いという人もいると思います。 審査にちょっと自信が無い人は、中小消費者金融のキャッシングを狙ってみてください。

審査ハードルが低く、学生や専業主婦の方にも積極的な融資を行う業者もいます。 中小消費者金融は審査に自信が無い人向けの借り入れ方法になります。

本当にお金に困っているなら、公的機関も検討すること

生活費に困って明日の食べ物を買うお金もないという時は、公的機関から借り入れる借り方を検討してみてもいいでしょう。

本当に生活に困っている人であれば、自治体から生活資金を支援してくれる制度等を使うことができます。 キャッシングや銀行カードローンを使うより低金利ですから、緊急時には公的機関の利用を検討してみてください。

まとめ

お金にちょっと困った時、銀行、消費者金融、クレジットカード会社の3つの金融機関から借りる事ができます。

「急いで借りたい」「お得に借りたい」「安心して借りたい」「審査に自信が無い」など自身の状況のあわせ、使い分ける事が賢い借り方です。 お金の借り方と知識をよく覚えておき、最も適した方法でお金を借りてください。