キャッシング初心者が知りたい知識で満足な男性

突然お金が必要になった時、キャッシングを利用したいと思う方は多いのではないでしょうか。

最近では、即日での融資に対応してくれる金融機関もあるので便利です。


しかしキャッシングをはじめて使う場合、不安もありますよね。


「融資の審査で何を見られるか分からないから怖い」

「返済を続けていけるか不安」

そんな思いが、キャッシングの利用を躊躇させているのでは?


お金を借りることは、正しい知識を知っておけば何も危険なことはありません。

確かに借金をすることにはなりますが、それが本当に今必要なお金なのであれば、人生を豊かにすることに繋がります。

決して、必要以上に後ろめたく感じることはないんですよ。


この記事では、キャッシングをはじめて使う方が不安なく借入出来るように、基本の知識をまとめて紹介。

是非、参考にしてみてくださいね。


キャッシングする前に知っておきたいポイントとは

お金を借りることは、特別難しいことではありません。

しかし、何も知らずにキャッシングをすることは、一切試験勉強せずに試験に挑むくらい危険です。

ポイントを知らないと、借入を失敗してしまったり、最悪の場合生活を苦しくすることにも繋がるからです。


まずは、借りるお金を決める際に知っておくべき知識について紹介していきましょう。


総量規制について

総量規制とは、年収の3分の1以上の貸付を規制したルールのことです。

簡単に言うと、年収が300万円なら100万円までしかお金を借りることが出来ない、ということです。


消費者金融や、クレジットカードでキャッシングをしようとしている場合には、このルールが適用されます。

銀行であれば、総量規制の対象外になります。


総量規制オーバーか確認する際の注意点

確かめる際には、総量規制が適用される金融機関での借入限度額を全て足して年収の3分の1以上になっていないか確認する必要があります。


注意して欲しいのは、借入限度額30万円の契約をしていたら、10万円しか借りていなくても30万円借りている計算をされるということ。

勘違いしないようにしてくださいね。


次は、キャッシングを利用する時の流れを紹介していきます。


キャッシング利用時の大まかな流れ

キャッシングの利用時の大まかな流れはこのようなものになります。

  1. ①利用したい金融機関に借入の申し込み
  2. ②金融機関側が利用者を審査
  3. ③審査結果を利用者に通知後、借入額などの提示
  4. ④借入
  5. ⑤返済

この中で特に知っておきたいのは「審査」「返済」のことです。

詳しく説明していきます。


キャッシングの審査とは

キャッシングする為には、必ず金融機関の融資審査に通過しなくてはなりません。

審査の際に提出が求められるのは主に本人確認書類(運転免許証など)ですが、借入金額によっては収入証明書が必要な場合もあります。


その他の情報については、金融機関が用意した書類に記入します。

その中で主に重要視されるのは以下の3つです。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態

はじめてのキャッシングでない場合には、これまでの借入額なども審査の対象になります。

何故、この3つの点を重要視されるのでしょうか。


審査では「返済能力がある人」か確認されている

金融機関は、貸したお金が返ってこない=貸し倒れが起きることを最も恐れています。

貸したお金にプラスして利息をもらって経営しているからです。


しかし、お金を返せる人かどうかなんて、見た目や言動などでは分かりません。

どんなに見た目が優しそうで、親切な印象を受ける人であっても、お金に対してはルーズかもしれませんよね。


そこで金融機関は、嘘のつきようのない部分である「年収・勤続年数・雇用形態」をみて、どんな仕事をしているのか、またお金を返せるだけの収入があるのか、すなわち「返済能力があるか」を判断する必要があるんです。


例えば、雇用形態はアルバイトであるよりも正社員である方が一般的に収入が高く、また失業率も低いと言えるので、評価は高いものになります。


審査では勤務先に在籍確認の連絡が入る

金融機関は、利用者が会社に在籍しているのか確認する為に電話連絡をします。


在籍確認をされることで、職場にキャッシングをしていることがバレてしまうんじゃないかと不安になるかもしれませんが、まずバレることはないので安心してください。


金融機関が在籍確認の電話連絡をする時「もしもし、アイフルですが」というように最初から会社名を名乗ったりすることはありません。

必ず、担当者個人の苗字を名乗ります。

例えば「○○(担当者個人名)と申しますが、△△さん(利用者名)いらっしゃいますか?」というような感じですね。


また、ここでもし利用者本人に繋げてもらえなくても、電話に出た職員が「今は席を外しています」等の在籍していることが分かることを言ってくれれば、在籍確認は取れたことになります。


ちなみに、利用者本人が出た場合には「アイフルですが、在籍確認です」と会社名を名乗ってもらえます。

そこで聞かれるのは、氏名や住所、生年月日などです。


キャッシングの返済方法とは

無事にお金を借りることが出来たら、それで終わりではありません。

借りたお金を返済していく必要があるからです。


キャッシングの返済方法には、「一括返済」「リボ払いの返済」の2種類があります。


リボ払いとは自分で毎月いくら返済するか決めて返済していく方法のことです。

いくらくらいなら毎月返済に回すことが出来そうなのか、月の収入から考えてみましょう。


キャッシングする前に、返済シミュレーションすること

金融機関の公式ホームページには、「返済シミュレーション」が出来るページが用意されています。

そのページで、利息を含めた総返済額や完済までにかかる期間を確認することが出来ます。


例えば、プロミスの返済シミュレーションを使って計算してみた結果です。


例)

金利18%で10万円借りて、月に8,000円返していく場合

総返済額111,565円(利息 11,565円)

完済まで1年2ヶ月


シミュレーションすれば、完済までの期間によって返済額を多くしたり、少なくしたりといった調整もしやすいですね。


キャッシングする前にしっかり返済シミュレーションせず、返済額を高く設定し過ぎてしまったら、生活が苦しくなるといったことにも繋がってしまいます。

必ず返済計画を立てておくようにしてください。


まとめ

いかがでしょうか。

キャッシングをする前に知っておきたい基本の知識を紹介してきました。

審査では返済能力があるか見られていること、返済計画も考えておく必要があることを分かっていただけたのではないでしょうか。


最後に、もう一度まとめてみましょう。

  • 総量規制の対象になっている金融機関では、年収の3分の1までしかキャッシング出来ない
  • 総量規制オーバーか確かめる為には、借入限度額を足して確認すること
  • お金を借りる為には、審査に通過する必要がある
  • 審査では「返済能力がある人」であるか見られている
  • 勤務先に在籍確認の電話連絡が来る
  • お金を借りる前に返済シミュレーションで完済までの計画を立てる

現在、キャッシングのハードルはどんどん下がっていると言えます。

インターネットの普及で、お金を借りる前に不安なことを調べることが出来る時代になったからです。


しかしだからこそ、利用者側の意識がより大切になりました。

お金を借りるということは、同時にお金を返していかなくてはならないということ。

その意識をしっかり持って、便利にキャッシングを使っていきましょうね。