キャッシング申し込みの前準備

金利と審査レベルは比例する

金利と審査のレベルは比例します。 金利が高い金融業者は、審査のレベルが低くなり、逆に金利が低い金融業者では審査のレベルが高くなる傾向があります。 審査が甘く金利が高いわけは、返済リスクが高くなるからです。 貸し倒れや夜逃げされては金融業者がリスクを背負い込む形になるのでこの形式が取り入れられています。 一方で審査が厳しい金融業者は、返済リスクが低いことを確認して貸付る傾向があるので、入り口となる審査を厳しくしています。 金利の安さは0.1%単位で異なりますが、積もり積もれば大きな金額になります。 少しでも金利が安い金融業者を選ぶ場合は、厳しい審査にも通るように条件を良くしておくようにしましょう。

借入回数に注意しよう!

借入回数が多くなると否決される可能性が高まります。 ”多重申込”という一つの審査基準にされているほど、金融業者は利用者の借入回数に注意を払っています。 完済してからの借入なら問題ないのですが、追加の借入が重なると金融業者からお金に困っていると判断されます。 お金に困っていればそれだけ返済のリスクが高まるので、審査が厳しくなるのです。 審査が通りやすい借入回数の目安は、半年に3件といわれています。 これはあくまでも目安で金額にもよりますが、利用する方は借入の回数を気にかけるようにしてください。

貸付条件はどんな内容?

貸付条件は、金融業者によって重要度は異なりますが、内容はほとんど変わりません。 条件となる内容は、以下の通りです。

  • 年齢  例:20歳以上~65歳以下
  • 日本国内に住んでいること
  • 安定した収入があること
  • 国民健康保険証、社会保険証、パスポートなど本人確認のための書類があること
  • 源泉徴収表、課税証明書、給与明細書、確定申告書などの収入を証明する書類があること
  • 雇用形態 ※ 正社員・アルバイト・パート・契約社員・派遣
  • 勤続年数 ※ 最低1年以上
  • 住所や電話番号、居住年数、住居形態などの住居情報
  • 過去の債務整理の有無
  • 過去の返済延滞の有無
  • 現在の借入情報

貸付条件は、全て満たしていなければいけないわけではありません。 返済が延滞した履歴があっても、現状の収入が安定していれば審査を通貨することもあります。 金融業者によっては、雇用形態を問わなかったり債務整理した人でも大前提として受け付けていることもあるので、自分の条件との一致を見ながら金融業者を探してみてください。

審査で有利になる条件とは

公務員は借りやすい

公務員が一番有利で、公務員以外でも雇用形態は正社員が良く、条件によっては社会保険証が必須となっている金融業者もいるのでパートやアルバイト契約だと不利になることがあります。

勤続年数は最低1年が目安

最低1年以上の勤続年数が望ましいです。 同じ職場に長く在籍していないということは、収入がなくなり返済が滞る可能性が高くなるので、勤続年数は長ければ長いほうが有利となっています。

年収300万円以上なら安心

年収が300万円以上なら安泰です。 年収も勤続年数と同じで多ければ多いほど審査で有利になります。

賃貸よりも持ち家が有利

居住している建物が持ち家であれば有利になります。 中小の金融業者では、担保不要がほとんどですが、賃貸の場合夜逃げされる可能性も低くなるので、持ち家があると審査を通過しやすいです。 また、居住年数が長ければ有利になるという話しもあるので、持ち家に長く住んでいる場合は通過する可能性大です。

正直に申告しよう

審査で聞かれることには、正直に答えるようにしましょう。 嘘の深刻をしても金融業者には信用情報機関があり、そこのデータを調査すれば簡単にばれてしまいます。 ばれてしまえば、他社での融資審査にも響くので借りられなくなることもあります。 時間を空けずに他社に申込してもリアルタイムで情報共有されているので、嘘をついた履歴はすぐに伝わります。 審査に不利になる情報でも、訊かれた内容には正直に答えるしかないのです。